3800万円強盗犯人は?犯行現場特定!誰が情報漏洩したかネットで話題!

名古屋で白昼に3800万円を奪う強盗事件が起こりました。

犯行現場の特定をしました。

また、銀行でおろした直後という状況から犯人像に迫るとともに、誰が高齢の男女が3800万円をおろす情報を漏らしたかも調査しました。

そして、ネットの様々な声もお届けします。

スポンサーリンク





事件の概要

警察によると、午後2時半ごろ、中区栄1丁目の地下鉄伏見駅近くの路上で、78歳の男性が乗用車から降りたところ、突然、後ろから男に体当たりされ、ショルダーバッグを奪われた。

ショルダーバッグには、現金およそ3,800万円が入っていた。
男性に、けがはなかった。


出典;FNN

不動産取引のため、銀行から現金をおろした直後だったようです。

では、まず犯行現場をみてみましょう。

犯行現場特定

現場は、名古屋市中区栄1丁目とあります。

ニュースの映像から


出典;NNN

緑寿司の看板があります。同じ場所をgoogle mapのストリートビューでみつけました。

さらに別の角度の画像から

出典;ANN

2017年のストリートビューで店舗の様子が違いますが、保育園Litttle Peek a boo

の場所を警察官が調べていますので、この路上で襲われたようです。

犯人はどのような人物でしょうか?

スポンサーリンク





犯人は?

男は、身長170cmくらいの痩せ形で、上下黒のジャージー姿ニット帽とマスクをつけていたということで、警察は、強盗事件として行方を追っている

引用;FNN

マスクやニット帽などから、バレないように変装していますね。

ショルダーバックを奪われたのは78歳の男性で、高齢の女性の現金だったようです。

銀行でお金をおろすところをみて、後をつけてきたのでしょうか?

おそらくそれはないのではないでしょうか?

3800万円を銀行から引き出すには、ATMでは不可能ですし、普通の窓口でもこれだけの大金は渡さないはずです。

銀行もお金を用意しなくてはならないので、事前に予約しておく必要があります。

別室で対応し、お金を渡すはずです。

そうすれば、犯人は何らかの方法でこの男性が不動産取引でお金をおろすことを知っていた人物ではないでしょうか?

特定はできませんが、これだけの大金が強奪された訳で、おそらく計画的な犯行と思われます。

警察の捜査、発表を待ち、新たな情報が入り次第、追記していく予定です。

〇追記;11月9日23:40 防犯カメラの映像入手、犯人は複数か?

犯行現場付近の防犯カメラです。


出典;FNN

現場から走り去る不審な人物を複数の防犯カメラがとらえていた。
画面中央から右に向かって歩く、上下黒でマスク姿の2人の人物。


出典;FNN

別の防犯カメラには、先ほどの映像とよく似た上下黒の人物が、バッグのようなものを持って走り去る様子が映っていた。


出典;FNN

犯人は複数で計画的犯行であることが濃厚になりました。

〇追記:11月14日22:40 現金を奪われた男性がインタビューに応じる

「どんとやられて倒れて、全然分からない。黒っぽい若者だと思う。すらーっとした黒いの着て、帽子もかぶってた。夜も眠れない。取られて頭にくるから」(現金を奪われた男性)

引用;JNN

誰が情報漏洩したのか?

ネットでも情報漏れを疑う声があがっています。

犯行の関わっていそうな関係者は

〇身内

〇高齢の男女2人のうち、どちらかが口をすべらせた

〇不動産会社

〇銀行員

などが考えられます。

そして、ネットでも、誰が情報を漏らした?誰が犯人なのか?など様々な意見がとびかっています。

スポンサーリンク





ネットの反応

〇不動産取引なら振り込めば良い。

銀行は、そのように案内してるはず。

現金を引き出したのを知る人間は限定される。

〇マスクとニット帽なら計画的犯行だね

関係者に絞られてるから見つかるでしょ

〇多額の現金を持ち歩くだけでリスク。振り込みとかで対応できなかったのかな。

〇関係者が情報流したと思う。

〇銀行関係者か、取引相手関係か?
普通なら振込にさせるだろ。
現金でやり取りの時点で窃盗計画した上でわざとだな

〇すごいな、まず高齢の男女2人が多額の現金を持ち運ぶ事に心配は無かったんだろうか・・・。でもこれはピンポイントで狙ってるから事前情報があっての事だろうな。酷い考え方をしたら実は共犯って事も・・

〇被害者と加害者、何か裏があるな

引用;Yahoo!ニュース


犯人に対する謎がとても気になります。

早期に解決し、誰から情報が漏れたのか?動機や犯行の計画性など明らかにしてもらいたいですね。

迷宮入りだけは避けてもらいたですね。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする