恵木一男 顔画像は?動機は金銭トラブル?時系列で整理!逃避の旅の訳は?

会社役員の神垣雅子さんを殺害した恵木一男容疑者の顔画像、SNSアカウントの調査を行いました。

また、事件を時系列で整理するとともに、犯行現場の特定も行いました。

まだ、明らかになっていませんが、動機は金銭トラブルの可能性が高くなってきたことも調査しました。

スポンサーリンク





事件の概要

10月30日、呉市に住む、船舶関連会社の役員・神垣雅子さん(78)が、自宅1階の台所で、刃物のようなもので殺されているのが見つかった。

神垣さんの死因とされる胸の刺し傷は、心臓まで達していた。

神垣さんの近所に住む人は、「恨みか何かあったか、わからないですけど。(近くに)小さい子どもも住んでいるので、まあ自首されて一安心」と話した。

警察は、殺人事件と断定して、捜査本部を立ち上げ、80人態勢で捜査を開始。

遺体発見から4日、神垣さんが役員を務める会社員の元従業員だった恵木容疑者を逮捕。


出典;JNN

犯人が逮捕されたようですが、どのような人物だったのでしょうか?

容疑者のプロフィール

名前 恵木一男(えぎ かずお)
年齢 45歳
住所 広島県呉市阿賀南4丁目
職業 造船関連の会社の元従業員

フェイスブックのアカウントを調査しましたが、本人の特定には至りませんでした。

検索結果をリンクしておきますので、気になる方はこちらへ。

容疑者の顔画像

ニュースの映像から


出典;JNN

犯行当日から自首し、逮捕され送検までの動きを整理してみましょう。

スポンサーリンク





犯行の時系列整理

10月29日午後5時以降 神垣さんの胸を刃物で刺して殺害し、財布を奪う。
10月30日午前 会社役員の神垣雅子さん、自宅の1階の台所で血を流して倒れているのを訪ねてきた知人が発見。
10月31日 JR広駅の近くで恵木容疑者のバイクとヘルメットが見つかり
ヘルメットには、血とみられるシミが付着。
10月31日 呉市内のATM(現金自動預払機)で、神垣さんのクレジットカードを使おうとした形跡あり。
10月31日 名古屋市内のATMで自分の口座から現金を引き出す。
11月1日 電車とバスで東京へ移動。
11月2日午後11時ごろ 歌舞伎町の交番へ自首。
11月3日午後4時すぎ 東京から広島広警察署へ移送。


出典;JNN

11月3日午後6時すぎ 強盗殺人罪で通常逮捕。


出典;JNN

11月4日午後 広島地検に身柄を送られた


出典;FNN

11月5日朝 警察は恵木容疑者の自宅の捜索

11月5日22時現在で分かっている情報は以上です。

今後、新たな情報が入り次第、追記していく予定です。

事件現場

ニュースの映像から


出典;FNN

×印が神垣さんの自宅の場所です。

では、動機は何でしょうか?

スポンサーリンク





動機は?

恵木容疑者は、神垣さんにしばしばお金を借りていて、警察は、2人の間に金銭トラブルがなかったか調べている。

引用;FNN

神垣さんが、もうお金を貸さないと言ったのかもしれませんね。

次に、なぜ、東京に逃げて自首をしたのでしょうか?

東京への逃避の旅はなぜ?

恵木容疑者は新宿警察署で任意の事情聴取を受けた際、「バスや電車を乗り継ぎ、1日には東京に来ていた」と話しています。

では、なぜ、東京にきたのでしょうか?

その理由はニュースの報道では明らかになっていません。

ただ、遠くへ逃げようと思い、電車やバスで東京まで必死できたのではないでしょうか?

もともと、恵木容疑者はお金を借りに神垣さんを訪ねたことから、お金に困っていたようですね。

神垣さんの財布を奪っていたのですが、そのお金も東京への移動で使ってしまい、お金も無くなり、観念して自首したのではと思われます。

いずれにせよ、計画性のない行動の末の殺害、自首ではないでしょうか?

ネットの反応

〇歌舞伎町で遊んでたのか?盗みをする人は何らかの依存症があることが多い。ギャンブル、風俗など。そして、そのために人を殺めることもいとわなくなる。犯罪抑止のために、強盗殺人は死刑にしてほしい。

〇まぁ、自首しただけ罪の意識はあったから、これから十分償って余生を過ごしなよ。

〇奪った金で歌舞伎町で遊んで
金が尽きたとこで自首して
余生は三食飯付き堀の中か…

人生捨ててんなこいつ

〇多分最後に一通り遊んで、無期懲役を迎えようとしたんだろう。
ラインを聞いたキャバ嬢はあとで警察から連絡が来るパターンだな。

引用;Yahoo!ニュース

最後に遊ぶために東京にきたのでしょうか?

その可能性もありますが、しっかり罪を償ってもらいたいですね。

亡くなった神垣さんのご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする