木本結梨香さん顔画像は?FB最後の会話が切ない!母親コメントに違和感?

グアテマラで邦人女性が殺害されました。

木本結梨香さんの顔画像、経歴の調査を行いました。

なかなか更新されないFBの最後の会話が非常に切ないです。

また、母親のコメントにネット上でも違和感があるようです。

スポンサーリンク





事件の概要

4日、グアテマラの北部ペテン県で、日本人女性2人の家に何者かが押し入り1人を殺害、もう1人に重傷を負わせた事件で、死亡したのは茅ヶ崎市出身のフルート奏者、木本結梨香さん(26)であることが家族への取材で分かりました。

木本さんは3年前から友人と共にグアテマラに移り住み、宗教活動を行っていたということです。地元メディアによりますと、木本さんは、最近、男から嫌がらせを受けていると近隣住民に話していたということです。この住民はこのことを警察に伝えましたが、警察がすぐに動くことはなかったといいます。

引用;JNN

2人の日本人が襲われ、一人が殺され、一人が重傷です。

では、被害者はどのような女性だったのでしょうか?

被害者のプロフィール、顔画像

名前 木本結梨香(きもと ゆりか)
年齢 26歳(享年)
出身地 神奈川県茅ヶ崎市
職業 フルート奏者
信仰 エホバの証人
出身高校 神奈川県立神奈川総合高校
出身大学 上野学園大学短期大学部音楽科

フルートの腕前はすごいようですね。

4歳からピアノ、12歳からフルートを習う。

上野学園大学短期大学部音楽科を首席で卒業。

在学中、定期演奏会、卒業演奏会等に出演。

元カワイ音楽教室講師。


出典;木本音楽教室

大きめの画像はこちらです。

出典;twitter

SNSもやっていたようで、その会話が非常に切ないものになってしまいました。

スポンサーリンク





フェイスブックのやり取りが切ない!

内容は

友人「生きてた!!!」

木本さん「生きとるわっ!!!」

治安の悪い国で活動していて、SNSの更新もめったにないので、友人も心配しちたことでしょう。

生きていたときの会話で、冗談を言い合っていますが、本当になくなってしまった今となれば、非常に切ないものを感じます。

事件の状況をもう少し細かくみていきましょう。

グアテマラの場所は?

地図で確認すると

中南米にあります。

日本に比べ当然、治安は悪い地域になります。

殺害現場の画像です


出典;JNN

なぜ、この地にいたのかですが、「エホバの証人」の布教活動のために3年前に友人の茂呂澤ちえさん(28)と移り住んでいました。

布教活動の様子です。

出典;JNN

では、なぜ襲われたのでしょうか?

レイプ目的か

木本結梨香さんは犯行の数日前から、性的暴行を目的とした男性グループらに狙われていたというのだ。

中米・グアテマラで起きた日本人女性殺傷事件で、現場となった家から、外部から侵入したとみられる男らの指紋が見つかったことが新たに分かった。

引用;NNN

警察は、容疑者の割り出しをしているようです。

逮捕や有力な情報が入り次第、追記していく予定です。

〇追記:11月8日18:40

容疑者は同じ村に住んでいる複数の男と警察はみているようです。

さらに物は盗まれておらず、強盗目的ではないようです。


出典;NNN

異国の地で、いくら本人が望んで行っていた活動だったとは言え、娘を亡くした母親のインタビューに違和感を覚えたのは私だけでしょうか?

母親のコメント

「本人の意志で現地の人を助けたいという気持ちで行った。(最後の連絡は)亡くなる前日。『元気だよ』という簡単な。『私はいつも祈ってるよ』って。何事にも一生懸命で本当に立派な子だった」(木本結梨香さんの母親)


出典;JNN

確かに一生懸命で本当に立派な子だったのですが、おそらく母親も信者ではないでしょうか?

そして、娘がこのような事態になることも覚悟していたように思えます。

一般的に、自分の娘が亡くなれば、取り乱すのが普通。

しかも、レイプされた可能性があるのに非常に落ち着いているようで、このあたりに違和感が。

ただ、当然、深い悲しみに包まれているはずで、平常心を保とうとしているだけかもしれませんね。

〇追記:11月8日18:50 新たなコメント入手

木本結梨香さんの母親「最後は前の日(3日)にメールでやりとりしていました。『元気でいるよ』と。あまりにも突然で、何も言えない状態。本当に悲しい気持ち」


出典;NNN

本当は、とても困惑されていたようですね。

亡くなった木本さんのご冥福をお祈り申し上げます。

最後にネットの声をお聞きください。

スポンサーリンク





ネットの反応

〇エホバは派遣や布教の費用を負担しているのかな。
日本では手弁当で戸別訪問している印象がある。

〇若い女性が危険度高い国へ行き。
布教活動する事は非常に危険。ある意味自己責任。

〇カトリック教徒が大半でプロテスタントが少数の国グアテマラ。
しかもかなり信心深いお国柄のようですね。
他の宗教に対しては、かなり厳しいこの国で、エホバだっけかが、執拗に入信活動を行った結果の出来事でしょうね。
日本以外の国で、しかも他人種が行う宗教活動はリスキー過ぎるね。

〇中南米は恐いよ。女一人じゃ恐すぎる。レイプされ、金とられ殺される。

〇エホバの証人では、これまでも虐殺と殉教の歴史があったようだ。殉教者としてそこに連なるのは、信者としては本望なのかも。そう考えたら、「立派だった」と娘を讃える母親のコメントも納得。

〇「容疑者は同じ村の複数の男で、強盗目的ではない」

だろうな。普通に強姦目的だと思うが?

引用;Yahoo!ニュース

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする