栗原勇一郎顔画像は?心愛ちゃんのアンケートが泣ける!市は何故渡したのか?

父親がこの真冬に冷水シャワーを浴びせる虐待で娘を殺す事件が起こりました。

栗原勇一郎容疑者の顔画像、家族の情報の調査を行いました。

この虐待に対して、心愛ちゃんの学校でのいじめアンケートが公開され、その自筆のコピーが公開されました。

その内容がリアルで、切実なものでとても泣けてきます。

心愛さんの虐待のSOSは何があったのかを調べてみました。

スポンサーリンク

事件の概要

千葉県野田市で10歳の栗原心愛さんに暴行を加えたとして、栗原勇一郎容疑者が傷害の疑いで逮捕されました。

逮捕容疑は1月24日午後10時から11時20分ごろの間、自宅浴室で心愛ちゃんに対し、髪の毛を引っ張ったり冷水シャワーをかけるなどし、さらに首付近をわしづかみにするなどの暴行を加え、首付近に擦り傷を負わせた疑い。

署によると、栗原容疑者は午後11時10分ごろ「娘と風呂場でもみ合いになり、静かになって呼吸をしていない」と110番通報。

引用;日刊スポーツ

栗原容疑者は長時間にわたり暴行を加え、発見されたときは、死後硬直が始まっていたようで、虐待後、放置していたことがわかりました。

では、この容疑者はどんな人物でしょうか?

容疑者のプロフィール、顔画像

名前 栗原勇一郎(くりはら ゆういちろう)
年齢 41歳
住所 千葉県野田市山崎1921-2
職業 自称・会社員
職場 沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)東京事務所職員
家族 妻(31)、心愛(みあ)(10)、次女(1)


出典;FNN

ニュースの映像から


出典;JNN

スポンサーリンク

被害者の情報

名前 栗原 心愛(くりはら みあ)
年齢 10歳
住所 千葉県野田市山崎1921-2
身分 野田市立二ツ塚小学校4年生

顔画像は


出典;ANN


出典;NNN

通っていた小学校は野田市立二ツ塚小学校です。

地図はこちらです。

アンケートが泣ける!

2017年11月6日に当時通っていた小学校でのアンケートで、心愛ちゃんは懸命にSOSのサインをだし、救いを求めます。

アンケートの冒頭には「ひみつをまもりますので、しょうじきにこたえてください」とあります。


出典;朝日新聞デジタル

公開された当時のアンケートには、丁寧な字で切実に助けを求めているのがリアルにわかります。

心愛さんは自由記述欄に「お父さんにぼう力を受けています。夜中に起こされたり、起きているときにけられたりたたかれたりされています。先生、どうにかできませんか」と記入。


出典;毎日新聞

これを受け、翌7日に柏児童相談所に一時保護されました。

子どものSOSに対して、なぜ、大人が守ってやれなかったのかとても悔やまれます。

母親もDVを受けていたようなので、頼りは学校だけだったのではないでしょうか?

昨年も虐待死した船戸結愛ちゃんのノートを思い出します。

船戸雄大 優里 顔画像は?虐待された結愛ちゃんのノートが泣ける!

子どもの気持ちを考えると泣けてきますね。

ところが、そのまま、心愛ちゃんの身の危険を守られることのですが、では、この一時保護のあと、児童相談所と栗原容疑者との間にどのようなことが起こったのでしょうか?

スポンサーリンク

アンケートを手渡す失態までの経緯

この対応に対して不満を持った勇一郎容疑者は、このアンケートの存在をどこかのタイミングで知ったようなんです。

そして、小学校側に2018年1月12日、詰め寄ってきました。

・メンバーは心愛さんの両親、学校側と教育委員会側の職員

・栗原容疑者は「家族を引き離された気持ちが分かるか、名誉棄損で訴えるぞ」と大声を出す

・さらに「アンケートの実物を見せろ」と詰め寄るが、学校側は「本人が書いたから見せられない」と毅然とした対応をする

・栗原容疑者は「念書を書け」と要求

・学校側と市の職員は、容疑者の大声にこれまでにないような恐怖を感じたそう

引用;FNN

栗原容疑者の名誉棄損で訴えるにびびってしまったのではないでしょうか?

恐怖を覚えたような交渉は恫喝なので、虐待と恫喝の容疑ですぐに警察を呼べば、今回の悲惨な状況にならずに済んだのではないでしょうか?

おまけに、わけのわからない念書までかかされる失態ぶりです。

市は一時保護の後、栗原容疑者が小学校の校長に対し、今後、心愛さんを保護する際にはすぐに父親に情報を開示することなどを約束させる「念書」を書かせていたことも明らかにした。


出典;NNN

このことをきっかけに虐待はエスカレートしていったことが予測されます。

更新情報

〇追記:2月2日16:00 1月31日と2月1日の2日間で苦情が830件

野田市には、「どうして加害者側に回答を渡したのか」といった抗議の電話がおよそ830件あったようです。

〇追記:2月4日18:30 母の栗原なぎさ容疑者逮捕

自分もDVを受けていると話していた母親もされました。共犯で逮捕されました。

勇一郎容疑者の容疑は心愛さんに服の上からシャワーで冷たい水を浴びせたり、首のあたりをわしづかみにしたりするなどしてけがをさせた傷害の疑い。なぎさ容疑者もこの共犯として逮捕されました。警察は、なぎさ容疑者は事件当日、自宅にいて、勇一郎容疑者を手助けしていた疑いがあるとみています。


出典;JNN

この母親の印象は心愛ちゃんの同級生の母親のコメントは

「お母さんは物静かで、話しかけたら答えるくらいの人」

「とても仲良くて、ずっとくっついていました」


出典;JNN

〇追記:2月4日22:40 食事を与えず、能動的に加担

警察は、母親であれば、誰かに助けを求めたり、通報するなどの行為があって当然などとしたうえで、「ほかにも能動的な加担行為がある」としている。

司法解剖の結果、心愛さんの胃には、内容物がほとんど残っておらず、十分な食事を与えられていなかったことが新たにわかった。

出典;FNN

〇追記:2月5日20:00 心愛ちゃんに「たたかれたのはうそ」の書面を書かせる

父親が「お父さんにたたかれたのはうそです」などとする書面を心愛さんに書かせ、児童相談所に提示していたことが分かりました。

出典;JNN

その書類をもって、児童相談所は親族のところにいた心愛さんを両親のもとに戻すことに。
〇追記:2月6日18:50 なぎさ容疑者、女児の様子 LINEで父親に報告

勇一郎容疑者が外出している際、なぎさ容疑者が携帯の無料通信アプリの「LINE」で心愛さんの様子を、勇一郎容疑者に逐一、報告していたことが新たに分かりました。また、なぎさ容疑者は「勇一郎容疑者に指示され、事件発覚までの1か月間、心愛さんを外出させなかった」と供述していることも新たに分かりました。

引用;JNN

精神的に追い詰められたなぎさ容疑者は、勇一郎容疑者が外出中にも十分な食事を与えていなかったようです。

また、「おとうさんにたたかれたのはうそ。」のコメントは母親が書くように指導していたことも判明。

〇追記:2月8日19:30 会議録に「虐待のリスク高まる」とあるのに父親のもとに

児童相談所が、父親の虐待のリスクが高まっていると懸念をもちながら、自宅に戻していたことが判明。

去年2月末に女の子を自宅に戻すかどうか開かれた会議で、父親の虐待のリスクが高まっていると懸念が示されていたことが新たにわかった。

引用;NNN

〇追記:2月8日19:40 眠らせずに立たせる。

母なぎさ容疑者(31)が父勇一郎容疑者(41)について、事件2日前の1月22日ごろから「娘を起こして立たせ、眠らせないことがあった」と供述していることが7日、捜査関係者への取材で分かった。

引用;共同通信社

〇追記:2月9日15:10 虐待の様子を動画撮影

心愛さんが虐待される様子を撮影した動画を勇一郎容疑者が所持していました。

母親が撮影したようです。

1月にスマートフォンで撮影された可能性が高く、心愛さんが、勇一郎容疑者とみられる人物から暴行を受ける様子や、ぐったりする様子などが映っていたという。

出典;FNN

あまりにもひどい両親ですね。

〇追記:2月10日 動画に「お父さん、ごめんなさい」などと謝罪の様子

動画の中には、心愛さんが泣きながら、「お父さん、ごめんなさい」などと謝罪し、暴力をやめるよう許しを請う様子も含まれていたという

引用;FNN

父親が心愛さんに暴力ふるう様子が映っていて日常化していたことわかりました。

〇追記:2月25日 自宅に帰りたくないの訴えを無視

母親の栗原なぎさ容疑者が、去年12月下旬、心愛さんが親族の家から自宅に戻る際、帰りたくないと泣きながら訴えていた、という趣旨の供述をしていることがわかった。

引用;NNN

虐待内容がやばい

命を落とす直接原因になった24日の虐待内容は

午前10時ごろから、心愛さんに冷水のシャワーをかけたり、首付近をわしづかみにしたりするなどした。

引用;FNN

朝の10時から、継続的にしつけと称して虐待を続けています。

「途中で寝たりもしたが、午前10時ごろからしつけをしていた。言うことを聞かないので、立っていろと言ったりした」と話していた。

引用;ANN

途中で本人は寝ているとはなんという神経の持ち主でしょうか?

この寒い冬に冷水をかけるなど常識ではかんがえられない虐待ぶりです。

以前、真冬にマイナスの気温のトイレに裸で放置した虐待を思い出します。

上久保明日香 顔画像?真冬-1.2℃トイレ放置の虐待!現在子どもは?

近所の人の証言では午後6~7時ごろ、怒鳴り声が特にひどかったようです。

そして夜の11時に本人が「娘を風呂場に連れて行って、もみ合いになった。静かになって意識がなく、呼吸がない」という通報で発覚。

恐ろしいことに、

遺体で発見された際、心愛さんのあご付近に軽い死後硬直があり、暴行後に栗原容疑者が数時間放置した可能性があるとみられることがわかった。

引用;FNN

虐待後、数時間放置

信じられませんね。

それ以前にも、

・下校後、鍵を持っておらず、さらに、両親にインターホンを鳴らすことを禁じられていたため、家に帰ることができなかった。

・「父親と口喧嘩してカレーを吐いた」と友人に語る。

勇一郎容疑者の自宅の方から「うるさいんだよ、お前は」「死ね」「殺してやる」との男性の暴言

「お母さん怖いよ」などと泣きじゃくる女の子の声が1年以上前から聞こえた。

・最近ではほぼ毎日怒鳴り声が聞こえる。

・深夜に立たせる

アンケートを取ったときの女性教諭のメモには

「なぐられる10回(こぶし)」「きのうのたたかれたあたま、せなか、首をけられて今もいたい」「口をふさいで、ゆかにおしつける」「おきなわでは、お母さんがやられていた」といった内容も書き込まれ、被害を具体的に打ち明けていた様子がうかがえる。

出典;毎日新聞

勇一郎容疑者は虐待の発覚を恐れ、 あざは外部から見えにくい部分に集中していました。

心愛さんの体に残っていた複数のあざは、胸や腹など外部から見えにくい場所に集中していたことが新たにわかりました。

警察は、父親の栗原勇一郎容疑者(41)が虐待の発覚を恐れ、暴力を振るう箇所を選んでいた可能性もあるとみて調べを進めています。

引用;JNN

スポンサーリンク

虐待のSOSは?

気付かなかったという学校に対して、見ているひとはきっちり虐待のサインをみていることも明らかになっています。

心愛さんを知る人は

体操服の袖のところからあざが見えたとか、子どもがその子(心愛さん)に「どうしたの?」とは聞けなかった。

引用;FNN

心愛さんの同級生は

「お父さんとケンカしちゃって、カレーライス吐いちゃったんだよねと。暴力とかされないと吐かないと思うし、ずっと心配でした」

引用;JNN

近所の人は

「(泣き声を聞いたのは)去年の夏場が多かったね。追い出されて、また外で泣いている」

引用;JNN

こういったSOSのサインが出ていた訳で、このサインに対して対応が甘かったようで、とても残念です。

ネットの反応


残念な事件です。

最も悪いのは父親の栗原勇一郎容疑者です。

まちがいなく、批判の対象になるのは当然でしょう。

ただ、野田市教育委員会や小学校、母親の対応もとても残念です。

どこかが、正しい判断、行動をしていたら、救えた命ではないでしょうか?

心愛ちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする