男子大学生「メルカリ出品」で荒稼ぎ!犯行現場特定!在籍大学名は?

男子大学生が盗品を「メルカリ」で売りさばき、370万円も稼いでいたようです。

窃盗グループ「短期大学」のネーミングの由来や、窃盗の犯行現場、さらに犯行の動機などを調査しました。

ネットでは、犯行動機について話題になっているようなので、ネットの声もお伝えします。

スポンサーリンク




事件の概要

ブランド品などを万引きしては転売を繰り返し、利益を不正にあげていた男子大学生2人が警視庁に逮捕されました。

2人の男子大学生は埼玉県川口市に住む私立大学2年です。

人気スポーツブランドの衣類などを狙って万引きを繰り返したとして、警視庁は、いずれも19歳で大学2年の少年2人を窃盗の疑いで逮捕し、4日発表した。

2人とも容疑を認めているという。

「これまで300点近く万引きし、フリーマーケットアプリで転売して370万円くらいもうけた」と話しているという。

2人の逮捕容疑は今年1月8日午後、埼玉県富士見市の大型商業施設内のスポーツ用品店でジャンパー1着(1万9440円)とダウンジャケット1着(3万240円)を脇に抱えるなどして盗んだというもの。

引用;朝日新聞デジタル


出典;JNN

300点も盗んで、ばれなかったことに、不思議に思います。

それを転売し370万円も儲けるなんて、本当に驚きです。

窃盗グループ「短期大学」の由来?

この男子大学生2人はフリマアプリ「メルカリ」を使い転売していたようです。

無料通信アプリLINEで「短期大学」というグループを作り、情報交換をして、犯行を重ねていた模様です。

その短期大学の命名の由来が「万引きは短時間でできるので、短期大学と名付けた」と。

ふざけすぎていますね。

そして、この2人の犯行動機もネットで話題になっています。

犯行動機がネットで炎上!

稼いだ金は将来のための貯金などにあてた」と。

将来のために貯金をするという発想はまじめですが、やっていることはふざけすぎていますよね。

そのギャップにネットでは

将来のため貯金って…何の将来だ…

引用;Yahoo!ニュース

将来のための貯金によって将来を失うとは…

引用;Yahoo!ニュース

スポンサーリンク




犯行現場

今回の逮捕容疑は埼玉県富士見市での窃盗です。

大型商業施設を探すと 「ららぽーと 富士見」が見つかりました。


出典;コンタクトレンズのアイシティ

このららぽーと富士見の中のスポーツ用品店のようです。

さらに詳細を知りたい方は、「ららぽーと富士見 スポーツ用品店」の検索結果をご覧ください。

7つの店がでてきました。

大学名は?

ニュースの報道、ネットの情報などで調査しましたが、今のところ、公開されていないようです。

19歳の未成年なので、このまま、公開されない可能性もあります。

2人の容疑者の住所は埼玉県川口市なので、埼玉県内の大学を地図で調べると


出典;google map

ただし、埼玉県在住だから、埼玉の大学に通学しているとは限りません。

東京かもしれませんので、参考程度に留めておいてもらえればと思い、掲載しています。

まとめ

将来のために貯金が動機なら、本当によくわかりませんね。

貯金はコツコツ、アルバイト等をしてためるものですよね。

大学生にもなって何しているの?

親も悲しむし大学もクビになるんじゃない?

将来を気にするならやっていることの将来は考えなかったか?

引用;Yahoo!ニュース

このネットの声にもあるように、親は悲しみますよね。

大学で勉強するために、高い授業料を払い、通わせているのに、大学を退学処分になり、将来を台無しにしてしまっていますね。

2人の学生は猛反省してもらいたいです。

また、これだけ大掛かりなので、もっと多くの学生が関係しているかもしれません。

そのときは、全貌を明らかにしてもらいたいですね。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする