上原真澄 顔画像は?防ぐことができた事故で母親は何を怠ったのか?

母親が自分の子どもを引き、死亡させてしまう悲しい事件が起こりました。

上原真澄の顔画像、SNSアカウントなどを調査しました。

この事故は確実に防ぐことのできた事故ですが、なぜ、子どもを引いてしまったのかを検証します。

スポンサーリンク




事故の概要

群馬県沼田市の住宅の敷地内で、母親が運転する車に2歳の長男がひかれる事故が発生。

長男は病院に搬送されましたが、死亡しました。

20日午前9時50分ごろ、群馬県沼田市岡谷町、上原真澄さんが、自宅車庫から乗用車を出そうとバックさせた際、長男和真ちゃん(2)をはねた。沼田署によると、和真ちゃんは頭を強く打って病院に搬送され、約1時間半後に死亡が確認された。

引用;日刊スポーツ

なぜ、こんな事故が。

とても悲しくなりますね。

容疑者プロフィール

名前:上原真澄

年齢:37歳

住所:群馬県沼田市岡谷町

職業:主婦

フェイスブックのアカウントなどを調査しましたが、本人の特定には至りませんでした。

検索結果をリンクしておきますので、気になる方はこちら

容疑者の顔画像

ニュースの映像などで現在のところ公開されていないようです。

公開され次第、追記していく予定です。

事故現場

上原容疑者が自宅から車をだすときに事故が起きているので、沼田市岡谷町です。

現在、ニュースの映像とストリートビューでさらに自宅の特定を試みていますが、特定できた場合、追記していきます。


出典;ANN

地図は

スポンサーリンク




何を怠ったのか?

この事故は絶対防ぐことができた事故だと思います。

母親の上原真澄さんは、注意力が欠如していたのでしょうか?

それとも、急いでいたのでしょうか?

普段から、安全確認がいいかげんだったのでしょうか?

本人の性格はわかりませんが、あることを守っていれば防ぐことができた事故です。

2歳の子どもに車が危険という判断力はありません。

そして、あちこち動きまわる年ごろです。

なぜ、子どもを先に車に乗せなかったのでしょうか?

車に乗せてチャイルドシートに座らせてから、動かすということをしなかったため起こった事故です。

これは、大原則だと思うのですが。

自分の子どもなので、なぜ、車に先に乗せなかったのでしょうか?

バックさせる場合、見えない場合が多いのに。

他人の子どもが気づかないうちに車の後ろに来て轢いてしまったのではないのです。

残念でなりません。

ネットでも同じ意見があります。

まず子供をチャイルドシートに乗せて、車を動かすのはそれからでしょ?
そう思う732  そう思わない60

引用;Yahoo!ニュース

ただ、そう思う人もいれば、そう思わない人も結構いるようですね。

普段から、乗せてから動かす習慣がついている人と、そんなことできないと思っている人様々ですね。

2歳の子どもの命を考えれば、乗せてから動かせば、今回の事故は100%起こっていないといえないでしょうか?

ネットの反応

一番悲しんでいるのは引いた本人でしょうけど、少しの確認を怠った為に取り返しの付かない事になりましたね・・・

引用;Yahoo!ニュース

絶対自分ならチャイルドシートに子供を乗せてから車を出すけど…

引用;Yahoo!ニュース

いったい、親が子を轢く事故を何度繰り返せば気が済むのか。
このような悲惨なニュースは、その亡くなった命を無にせず、自身へのの学習、戒めにするためにあると言っても過言ではない。
子どもを車外に置いての運転は絶対にやるべきではない。
それが出来ない状況もあるのだと言い訳をするなら運転などしてはいけない

引用;Yahoo!ニュース

幼児は、大人が出て行くとすぐ気がついてついて行ってしまう。待っててねと声をかけてもわからない。ついていく。それをわかっていないとこのような悲しい事故はなくならない。親も子供も可哀想だ。

引用;Yahoo!ニュース

一生悔やむ事になりましたね。

引用;Yahoo!ニュース

様々な意見がありますが、このような悲しい事故は二度と起ってほしくないですね。

亡くなった和真ちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする