桜の木切断、犯人の顔画像は?大阪 奈良で100本以上!転売目的か!

近畿各地で桜が満開を迎える中、大阪と奈良では、桜の木100本以上が何者かに切断されました。

犯人はどのような人物なのか?

犯人の目的はなんでしょうか?

犯行現場、切断の方法、ネットの声などを調査しました。

スポンサーリンク




事件の概要

犯行現場は大阪と奈良です。

まず、東大阪市の「加納北公園」です。

27日、市民の通報で市が調べたところ、桜の木25本のうち11本が被害を受け、うち3本は幹の根本が切断されていました。

市の担当者は、チェーンソーなどで切り取られたのではないかと話しています。

出典;ABC

無残ですよね。

通りすがりに手で折ったわけではなく、チェーンソーなどを用いたようですね。

別の現場は奈良県王寺町です。

約240本ある桜のうち100本以上が枝を刃物で切られ、苗木2本は根元から引き

抜かれ、盗まれていました。

出典;ABC

驚きの事実ですね。

犯行現場は?

まず、東大阪の加納北公園はJR東西線の住道駅から南東に約1kmにあります。


出典;ABC

次に奈良の王子町は、ニュースの映像とgoogle mapのストリートビューの画像より現場を特定しました。


出典;ABC



出典;google map

JR和歌山線の畠田駅の北北東側の川沿いの桜です。

地図のバツ印が映像を撮影した公園です。

追記:3月30日22時

被害状況の詳細を報告します。FNN


出典;FNN

町の担当者の声も

「(住民の)皆さんが(桜の)花を待ち遠しく待っておられる中で、こういったいたずらをされると、本当に腹が立ちますね」と話した。

引用;FNN

犯人の顔画像は?

これだけの多くの桜の木を切断し、持ち去るわけですから、防犯カメラ等で犯人の割り出しを行えば、逮捕も時間の問題かと思います。

単独犯ではないのではないでしょうか?

組織的な犯行のような気がします。

転売目的かもしれませんね。

犯人の逮捕、顔画像が公開され次第、追記していく予定です。

桜の木の値段は?

もし、犯人の目的が転売とすると、桜1本の値段を調べてみました。

苗木の大きさにもよりますが、1本1500円ぐらいからあります。

ただ、今回は苗木でないのでネットで調べてみると、園芸相談センターの記事がみつかりました。

3m以上の大きさになると普通の園芸店では余り取り扱ってはいないと思います。
緑化樹,街路樹などを専門に扱っている植木の卸業者さんなどは各種サクラ類も取り揃えていると思います。
価格的には種類にもよるかと思いますが直接で2万~5万円程度(樹木単体,引き取り,卸単価)でしょうか?
普通の植木屋(造園業者),園芸店でも注文の形をとれば購入は出来ると思いますがやはり高額にはなると思います!

引用;園芸相談センター

かなり、高額ですね。

住民の声は

加納北公園のそばの住民は

「悲しいよこれは。いたずらにてはデカいわな。」


出典;ABC

本当に悲しい事件ですよね。

また、奈良県王寺町では

「見ていていやになりますね。なんでこんなきれいなものを。」


出典;ABC

今回の犯罪は器物損壊窃盗のにあたります。

ネットの声

本当に悲しくなるニュースですね。

日本の文化を認めない外国人の犯行かもしれません。

一刻も早く、防犯カメラ、目撃者情報などで、検挙してもらいたいものです。

そして、皆さんが、この限られた短い花見の期間を安心し、ゆったり過ごせることを願いばかりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする