真田かよ子顔画像は?介護疲れの重い病気はALSかパーキンソン病か?

母親が息子を殺害する悲しいニュースですが、その背景は切ないものがありました。

真田かよ子容疑者の顔画像や、動機について調査しました。

また、介護疲れの重い病気とは何かを調べてみました。

ネットでは容疑者に同調する声があがっています。

それだけ、介護疲れが動機というのは悲しいですね。

スポンサーリンク





事件の概要

徳島県鳴門市で、49歳の息子を殺害した疑いで、73歳の母親が逮捕されました。

7日午前0時すぎ、自宅のベッドに寝ていた次男の修志さん(49)の首をロープで絞め、殺害した疑いが持たれている。

家には、かよ子容疑者と夫(76)、修志さんの3人が暮らしていて、体が自由に動かせない重い病気を患っている修志さんを、かよ子容疑者が10年にわたり介護していたという。


出典;FNN

母親が息子を殺すとは普通でない状況です。

母親はどのような人物だったのでしょうか?

容疑者のプロフィール、顔画像?

名前;真田かよ子(さなだ かよこ)

年齢:73歳

住所:鳴門市

職業:会社員

ニュースの映像等で顔画像は現在のところ、公開されていません。

公開され次第、追記していく予定です。

動機は

真田かよ子容疑者は、「介護に疲れた」と容疑を認めている。

10年間も高齢でありながら、仕事をやりつつ、介護をしていたようです。

近所の人の評判もよかったようです。

近所の人は、「信じられない。奥さんは話も気軽にしてくれるいい人」と話した。


出典;FNN

真田容疑者をここまで追い詰めた、体が自由に動かせない重い病気とは?

スポンサーリンク





ALSかパーキンソン病か?

病名はニュースの報道で明らかにされていません。

調べてみると、候補が2つぐらいみつかりました。

ALS

ALSとは 筋萎縮性側索硬化症のことです。

ALSは、脳や末梢神経からの命令を筋肉に伝える運動ニューロン(運動神経細胞)が侵される病気で、難病の一つに指定されています。

引用;ALS

現在、日本に約8,300人前後の患者さんがいると考えられていて、原因がわかっておらず、研究がすすめられています。

最初に現れる症状は

〇手や指、足の筋肉が弱くなりやせ細る

〇話しにくくなったり食べ物を飲み込みにくくなる(球麻痺)

そして、症状が重くなると

ALSが進行すると、手足の麻痺による運動障害、コミュニケーション障害、嚥下障害の3つの症状に、 呼吸障害が加わり、4つの症状がすべてあらわれるようになります。

引用;ALSAbout

パーキンソン病

パーキンソン病とは、筋力が保たれているのにも関わらず、体が思うように動かなくなってしまう病気です。この病気は脳の「黒質(こくしつ)」という場所から出るドーパミンという物質が出にくくなるために神経細胞の連絡がうまくいかず、体が動きにくくなるのです。

引用;All About

その原因ですが、こちらも、不明で研究の途中です。

加齢による遺伝子の損傷や神経細胞のミトコンドリアの異常などが考えられていて、真田さんの場合、こちらかもしれませんね。

その症状ですが、徐々に進行するようです。

パーキンソン病の主な症状は、筋肉が振るえ(振戦)、筋肉が固くなり(筋強直)、自由に動きにくくなること。体のバランスが悪くなり、倒れやすくなることがあります。症状の進行はゆっくりで、普通は数年から数十年かけて立ち上がったり、歩きにくくなっていきます。

その他に、自律神経の機能が低下するために、便秘、低血圧、排尿障害、発汗障害、性機能低下がおこります。また、気分が沈み、うつ状態になったり、あるいは認知症と間違われたり、幻覚が見えたりして落ち着かなくなることも。そして、多くの患者さんは寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなるので、日中にうとうとしてしまいます。

引用;All About

スポンサーリンク





ネットの反応

〇高齢のご夫婦で息子の介護はさぞ大変だっただろう。
殺人を手放しで肯定するわけではないが、相当追い詰められての結果だったんだろうなぁと思うと辛い。

〇73歳といったら介護される立場の人もいるわけで。。。
体力や気力の衰える中の介護は疲れたなんてものではなかったはず。
結局、こういう方を救う手立てを考えていかないと、日本全体の閉塞感はなくならない気がする。

〇周りに相談できず。本当に心身ともに疲れ果てて、どうすることもできなかったのでしょう。この苦しみは当事者しかわかりません。高齢化社会の見えていない側面でしょう。介護する側、介護される側ともに時間が経つにつれ、辛さが大きくなるのです。言ってはいけないことばですが、お気持ちがよくわかります。逮捕したと思いますが、お母様のお気持ちを出来るだけたくさん聞いてあげて、受け止めてあげてほしいです。そして、お母様を犯人ではなく、時代の犠牲者と見ていただきたいです。このように苦しんでいる方が全国にいます。今後も増えていくことでしょう。助けてください。

〇難病息子の首にロープ…高齢のお母さんの気持ち考えたら…

〇どうか罪を軽くして下さい。かわいい我が子を殺めるのはよほどの理由があるはずです。仕事しながら介護はなかなかたいへんと思います。自分も市内で暮らしています。同じ県民としてお願いします。どうか減刑お願いします。親族の方にお願いがあります。せめないで下さい。亡くなられた息子さん。ご冥福お祈りいたします。

引用;Yahoo!ニュース

母親が息子を殺したという結果からみると、とても残酷なのですが、介護をし続けていたことや、殺害の動機が「介護に疲れた」とあり、世間では、母親に同情する声が多いですね。

罪を軽くしてあげてという声もありました。

これは、高齢化社会を突き進む日本の大きな課題であり、影の部分で国が何とか対策をたてなければ、ならない問題ですね。

真田修志さんおご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする