平山雄一 顔画像は?同居中の女性は?動機や犯行の手口がヤバい!

5月16日、店長が頭を殴られ、1450万奪われた事件で、平山容疑者が逮捕されました。

平山容疑者の顔画像、SNSアカウントなどを調査しました。

犯行の手口が計画的でやばいすぎます。

また、同居の女性とは誰なのか、調べてみました。

スポンサーリンク




事件の概要

5月16日、東京・杉並区の信用金庫で現金およそ1450万円を奪った男が逮捕されました。

警視庁によると、平山容疑者は、先月、杉並区の「西武信用金庫 西荻窪支店」で、出勤してきた支店長の男性をバールで殴ってケガをさせて、現金およそ1450万円を奪いさらに金庫に閉じ込めた疑いが持たれている。

平山容疑者が車やタクシーを乗り継いで逃走する姿が防犯カメラに映っていたという。

引用;NNN

防犯カメラが役にたったようです。

では、この平山容疑者とはどんな男でしょうか?

平山容疑者のプロフィール

氏名:平山雄一(ひらやま ゆういち)

年齢:46歳

住所:杉並区西荻南4丁目

職業:自称自動車販売会社社

フェイスブックの調査を行いましたが、本人の特定には至りませんでした。

検索結果をリンクしておきますので、気になる方はこちらへ。

平山容疑者の顔画像


出典;NNN

平山容疑者は逮捕後、犯行については「大事なことだから弁護人と話してから進める」と認否を留保しているようです。

計画的な手口を整理してみましょう。

犯行の手口

恐ろしい計画的な手口のカギは前日の下見です。

支店窓口を訪れて、同信金の自らの口座に少額を入金しています。

この目的は、支店長の顔を確認するためだったようです。

そして、犯行当日5月16日午前8時ごろ、出勤してきた支店長の後をつけて職員通用口から支店内に侵入。

「金を出せ」と支店長を脅迫

バールで頭などを殴り、けがを負わせて地下の金庫室から現金計約1450万円を奪う

さらに、その金庫室に鍵をかけて支店長を閉じ込めるという恐ろしい手口です。

開店前に店長を尾行し、脅し、殴り、金を強奪し、さらに、閉じ込めるという計画で、見事に実行しています。

ただ、前日の不審な動きが防犯カメラに写っていて、逮捕につながったようです。

スポンサーリンク




同棲中の女性は?

平山容疑者は事件当日と翌日、自身や同居女性の口座に計約730万円を入金していたという。

引用;朝日新聞デジタル

この同居女性は誰でしょうか?

外国人ということがわかっています。

この女性の関与も気になりますね。

職業が自称なので、本当に働いているかもあやしいですね。

すると、犯行の動機は、この女性と暮らしていくためなのでしょうか?

この女性について調べていますが有力な情報はつかめていません。

入手でき次第追記していく予定です。

犯行現場

事件があったのは、東京・杉並区の西武信用金庫西荻窪支店です。

ネットの反応

下見したとか準備周到な感じがするけど、あっけなく捕まったな。共犯がいるのか知らんけど、警察GJですな。

引用;yahooニュース

10年の刑務所生活か。長いねー。

引用;yahooニュース

振込したらバレルわ!

引用;yahooニュース

支店長の証言から作ったモンタージュで来店した客の防犯カメラの映像をチェックした?まぁ、ただ都市銀行と違って来店客数は全然少ないし気の利いた窓口担当の女性とかなら客の顔を意外と覚えてるかもね。でも支店長が毎朝金庫を開けるってよく知ってたなぁ?

引用;yahooニュース

支店長の男性は本当に怖かったでしょう。

かなりの大金が奪われていますが、振り込みなど、犯行前は計画性がありますが、犯行後はずさんですね。

犯人逮捕でよかったです。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする