米山聡 顔画像は?犯行露見の経緯はこれだ!勤務先、SNSは?

客のクレジットカード情報を盗み、不正に使用する事件がおこりました。

米山容疑者の顔画像、SNSアカウントの調査を行いました。

なぜ、彼はこの犯行がばれないと思ったのかが、謎ですね。

どうしてバレたのかも調査しました。

また、クレジットカードを使用する際の防犯対策も調べました。

スポンサーリンク




事件の概要

客が支払いに使ったクレジットカードの情報をメモに書き留めて、その情報をもとに、インターネットの通販サイトで買い物をした男が逮捕されました。

 逮捕されたのは、飲食店店員の米山聡容疑者(35)で、都内の勤務先の居酒屋で60代の男性客が支払いに使ったクレジットカードの情報を悪用し、コートなど3点、あわせて3万8000円相当を購入した疑いが持たれています。米山容疑者は、会計の際にテーブルで預かった客のクレジットカード番号や有効期限、セキュリティコードなどをメモに書き留めていたということです。

引用;JNN

こんなことされたら、クレジットカードを安心して使えませんね。

では、どのような人物なのでしょうか?

容疑者のプロフィール

名前:米山聡(よねやま さとし)

年齢:35歳

住所:東京都大田区大森北

職業:飲食店店員

勤務先:東京都港区の飲食店(居酒屋)

フェイスブックのアカウントを調査しましたが、本人の特定には至りません。

検索結果をリンクしておきますので、気になる方はこちらへ。

容疑者の顔画像

ニュースの映像から


出典;JNN

また、この米山容疑者はばれないと思っていたようで、どういう工夫をしていたのでしょうか?

そして、なぜ、犯行が露見したのかを調べました。

犯行露見の経緯

クレジットカードの重要な個人情報にカード番号や有効期限、セキュリティコードがあり、これらをメモしていたようですが、暗証番号は押す位置をみて覚えたのではないでしょうか?

店員にみられないようにしなければなりませんね。

米山容疑者は犯行が露見しないように

容疑を認めたうえ、「ばれないように金額の低い商品を注文した」と供述しているということで、警視庁は、余罪についても調べています。

引用;JNN

確かに、金額の低いものならわかりにくいですね。

では、なぜ犯行が露見したのか?

答えは簡単で

カードの所有者が身に覚えのないカードの支払いに気付き、警視庁に相談した

購入履歴などを確認すると商品の送り先がすべて米山容疑者の自宅

送り先がすべて自宅なら、一発でばれますね。

今回の件から、クレジットカードを使用する際の注意点

毎月、購入履歴をチェックすること。

店で使用するとき、カードの情報をメモできないように、監視すること

(店の奥など、カードをもっていかさないこと。)

暗証番号を機会に入力する際は覚えられないようにすること

スポンサーリンク




勤務先は?

最もきになるのが、どの店でやられたかということですね。

東京都港区の居酒屋ですが、現在のところ、特定できる店の名前、画像など公開されていません。

公開され次第、追記していく予定です。

ネットの反応

セキュリティコードって、普通にカードの裏に書いてあるもんなあ。
ネットでしか使わないなら有効だけど、外で使ったらいくらでもこんな犯罪に巻き込まれる可能性あるわな。

引用;Yahoo!ニュース

どうしてバレないと思った?

引用;Yahoo!ニュース

店員が一番やっちゃいけないやつ。

引用;Yahoo!ニュース

セキュリティコードは別に控えてカードからは消去します。

引用;Yahoo!ニュース

クレジットカードは便利ですが、使うとき、情報を盗まれないように皆さん、心掛けましょう。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする