竹中功教頭 顔画像、学校名、現場特定!ひき逃げ理由に唖然!飲酒隠蔽か?

金沢市の県道で現職の私立高校の教頭がひき逃げ事件で逮捕されました。

竹中功教頭の顔画像、勤務先の高校名、さらに、事故現場を調査し、すべて特定しました。

そして、竹中容疑者のひき逃げの言い訳に呆れて唖然です。

そんな幼稚な言い訳を62歳の教頭の言葉でしょうか?

そして、ひき逃げをした本当の理由は、飲酒の隠蔽ではないでしょうか?

スポンサーリンク





事件の概要

12日、金沢市の県道で、追突事故を起こし、男性にけがを負わせたうえその場から逃げるひき逃げ事件が発生。

竹中容疑者は12日午後6時ごろ、金沢市近岡町の県道で乗用車を運転中に、停車していた軽乗用車に追突して運転手の30代の男性に軽いけがを負わせたうえ、その場から逃げたとしてひき逃げや過失運転傷害などの疑いが持たれています。

引用;NHK

このひき逃げ事件をおこした人物についてみてみましょう。

容疑者のプロフィール

名前 竹中功(たけなか いさお)
年齢 62歳
住所 不明
職業 私立高校 教頭

現在の私立高校の教頭になるまでは県教育委員会の教育次長を務めたいたようです。

フェイスブックのアカウントを調査を行いましたが、本人の特定には至りませんでした。

検索結果をリンクしておきますので、気になる方はこちらを。

容疑者の顔画像

ニュースの報道では顔画像は公開されていませんでした。

しかし、石川県の教育委員会で教育次長を務めていたようで、そちらの関連でみつけました。

まず、顔画像はこちらです。


出典;京都大学

京都大学のHPに掲載されている記事「京都大学と石川県教育委員会との連携に関する協定を締結しました。(2014年7月23日) 」の写真からです。

後列左から4番目の丸印が竹中容疑者になります。

出典;京都大学

では、勤務先の私立高校はどちらでしょう。

勤務先特定

勤務先は金沢市の私立金沢龍谷高校です。


出典;wikipedia

金沢龍谷高等学校は、西本願寺系の学校法人藤花学園が運営する私立高等学校。

2018年3月に藤花学園尾山台高等学校から改称されました。

地図はこちらです。

では、ひき逃げ事件をおこした事故現場をみてみましょう。

スポンサーリンク





事故現場特定

追突事故事故を起こした現場の画像はこちらです。

出典;NHK

金沢市立港中の北側の8号線を北上していたようです。

青矢印の進行方向で、バツ印あたりが、事故現場です。

事故のあとの竹中容疑者の不審な動きや、ひき逃げの理由、さらに逃げた本当の理由についてみてみましょう。

スポンサーリンク





ひき逃げの言い訳と本当の理由

驚くことに、追突された男性が警察に通報している間に竹中容疑者は立ち去ったということ。

男性が車のナンバーを覚えていて、警察が竹中容疑者に事情を聞いたところ容疑を認めたということで、「男性が大丈夫だと思いその場から逃げた」などと供述しているということです。

引用;NHK

勝手に自分の都合のいいように解釈していますね。

どんなに軽い事故でも、通常、警察に事故の検証をしてもらう必要がありますよね。

それをせずに、逃げてしまうとは呆れてしまいます。

逃げたのは、別の理由があるようです。

同署の検査で男の呼気から基準値を超えるアルコール分が検出された。男は「家に帰って酒を飲んだ」と話しているという。

引用;産経新聞

飲酒を隠すために、逃げたのではないでしょうか?

教育者が、このような対応はとても残念です。

竹中容疑者は石川県教育委員会で教育次長をしていた人物です。

そして、天下り先の私立高校の教頭になったわけで、この金沢龍谷高校もとんだ人物を教頭に迎えたことになりますね。

学校の評判はがた落ちで、生徒募集に悪影響は避けられないでしょう。

竹中容疑者は教育界に与えた影響をよく反省してもらいたいですね。

どんなに今まで立派な業績を積み上げてきても、今回のことで台無しですね。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする