山口達也の女好きがTOKIOにとどめ!離婚後の女漁りがひどすぎる!

山口以外のTOKIOメンバー4人による記者会見が2日、都内で開かれ、約300人の報道関係者が集まりました。

来年25周年を迎えるTOKIOが解散か、続行か!?

強制わいせつ事件の報道から、山口メンバーの酒癖の悪さが報道されてきたが、同じくらいヤバイのが女漁りの噂がひどすぎます。

噂の域ではありますが、女遊びの遍歴を調査しました。

スポンサーリンク




山口メンバーの離婚

2年前の8月5日に山口達也の離婚報道がされた。

元奥さんは高沢悠子さんで、元モデルです。


出典;miyabiki.

既婚者でありながら、夜遊びが絶えず、まるで独身者のような振る舞いだったようです。

酒に酔って夜の繁華街を歩く姿が目撃されていることもしばしばあるとか。

離婚会見では、女性問題ではないとの発表でしたが、当時から、女好きで有名だったようです。

共演者に手をだす要注意人

業界関係者の中では、『Rの法則』や『ZIP!』関係者たちは、山口メンバーを“要注意人物”と

みていたようです。

「番組関係者、特に、共演者が所属する事務所の人たちの間で、『山口さんは共演者女性に手を出すらしいから、気をつけた方がいい』と、警戒されていました。だから今回の報道を見て『ようやく明るみになった』と感じましたね。

引用;cozo woman

北乃きいに猛アプローチ

具体的な証言をあげながら、調査していくことにします。

『ZIP!』関係者は次のように証言しています。

「手当たり次第っすね。奥さんとの離婚前から口説きまくっていましたよ。

共演者の中では2014年9月から2年間に渡り共演した北乃きいさんが最も狙われていました」

引用;tocana.

出典;北乃きい

番組MCは北乃さんのほか、関根麻里さんと川島海荷さんがいるのですが、2人には見向きもせず、北乃さんだけに猛アプローチ。

そのアプローチの仕方はストーカーのようだったそうです。

「フライデーを熟読し『これならイケる!』でも思ったのか…。彼はターゲットに『お互いのこともっと知りたいから、今度飯でも行こう』『仕事の相談ならいつでも乗るから』などと、至って紳士的に接近するのですが、いざ会ってみると下心全開のようです」

引用;tocana.

2016年9月末に「ZIP」を卒業したが、北乃に安堵の表情があったようです。

山口からよほどしつこく迫られていたのかもしれない。

スポンサーリンク




狙われた女子高生

今回の事件のきっかけになったNHKの「Rの法則」は業界ではいわく付きの番組だったようです。


出典;ameblo.

「10代の男女が出演し、女子高生も多数いる。ジャニーズJr.が出演していた時期もあるが、いつも女の子に手を出していた。しかも出演メンバー全員が一つの楽屋なので、連絡先も交換し放題。女の子を抱える芸能事務所のスタッフが目を光らせても、すぐにちょっかいを出される。『この番組は危ない!』という声がもっぱらでした」(テレビ局関係者)

引用;東スポ

Jrに気をつけろと言われている女子高生を、守るようなスタンスで近づいていたのが、山口と番組関係者で、彼らが率先して連絡先を交換させていました。

一見、優しい気遣いですが、これが性欲を満たすための“いやらしすぎる手口”だったのです。

「番組で常に誰かに手を出してた山口ですが、ジャニーズの後輩たちに先に手を出させて、“ヤレそうな子”も聞いていた。Jr.は『女の子とつなげてくれてありがとうございます!』と常々感謝していた。そんな絶対服従の後輩たちを使って、10代の女子を誘ったり、おいしい思いをさせることで『お前らも共犯だぞ』と思わせて口封じもしていた」

引用;東スポ

いかに危ない番組であり、山口メンバーの手口がひどいものかがわかりますね。

一部では山口メンバーが主導する“乱交番組”という声まであったようです。

ネットの反応


これらの女好きの山口メンバーの実態が今後、週刊誌等により詳細に報道されることが考えられます。

そうなると、25周年を前にTOKIOの解散もありえるかも。
追記:5月6日21:00

山口メンバーの契約解除が発表された。

TOKIO4人が連名でコメントを発表

誰のために何をすべきか、それだけを考え続けた日々でした。
僕らメンバー、一人一人の今の気持ちを表現するには言葉だけでは足りませんし、何より、これ以上言葉で語るべきものではないと思います。
自分たちに変えられるものがあるとすれば、それは明日であり、目の前にあることからです。
今一度TOKIOとして原点に戻り、それぞれが己と向き合い、誰のために、いったい何をするべきなのかをしっかりと考え、前を向いていきたいと思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする