中3女子大麻の中学は?山科区の中学で大麻逮捕相次ぐ!中毒症状がやばい!

中学3年女子が大麻やMDMAを所持したとして、逮捕されました。

中学3年生の大麻逮捕が相次出います。

在籍中学校の調査と大麻逮捕が相次いでいる状況を報告します。

そして、違法薬物ごとの中毒症状をまとめてみました。

スポンサーリンク

事件の概要

中学3年生の女子生徒が、大麻などを所持した疑いで逮捕されました。

大麻取締法違反などの疑いで逮捕されたのは、京都市伏見区に住む、中学3年生の女子生徒。

女子生徒は3月1日、自宅で突然暴れ出したことから、家族が消防に通報して、病院に運ばれた。

その後の尿検査で、大麻などの陽性反応が出たことから、母親が部屋を調べたところ、大麻草およそ7gと合成麻薬MDMAが見つかったという。

引用;FNN

では、在籍している中学校はどこでしょうか?

中学はどこ?

ニュースの報道では、中学名は明らかにされていません。

SNSの書き込みの調査も行っていますが、特定には至っていません。

ニュースの報道では

自宅で大麻を所持したとして京都市内の市立中学3年の女子生徒(15)を大麻取締法違反(単純所持)容疑で今月7日に逮捕したと発表した。

引用;毎日新聞

山科区で公立中学を調べると、6つみつかりました。

京都市立山科中学校、京都市立勧修中学校、京都市立大宅中学校、京都市立安祥寺中学校、京都市立音羽中学校、京都市立花山中学校

引用;京都府中学校一覧

その場所の地図は

 

スポンサーリンク

入手ルートは?

では、この中学3年の女子は大麻を誰から購入したのでしょうか?

学校の先輩でしょうか?

警察の調べに対し、女子生徒は「インターネットで知り合った人から買った」「家族のことで悩んでいて、1月下旬に買い始めた」と話しているということです。

引用;ANN

ネットで簡単に購入できるというのがとても恐ろしいですね。

山科区と中学3年と大麻で同じような事件が昨年ありました。

山科区の中学で大麻逮捕相次ぐ

次の記事をご覧ください。

中3男子大麻所持、中学校はどこ?山科にやっぱりはなぜ?治安ランクは?

2018年10月に男子生徒が大麻所持で逮捕されています。

山科区で半年の間に2件も中学3年生が逮捕されるという事実をみると、山科区の治安にやはり問題があるのでしょうか?

福井県の中学3年男子も2019年2月に逮捕される事件があり、これもネットで購入したようです。

ネットから中3生に大麻というこの悪い流れをなんとかしないといけませんね。

特に、今回の女子生徒は昨年の9月から学校を休みがちで不登校になっていました。

突然暴れだしたようで、大麻による中毒症状をみてみましょう。

スポンサーリンク

乱用薬物ごとの中毒症状

まず、大麻の症状から調査しました。

マリファナなどと呼ばれている大麻を乱用するとすぐに、心拍数の増加結膜の充血口の渇き吐き気などの身体症状が現れます。精神症状としては、感覚や知覚に変化が起こり、病的な高笑いを引き起こすなどの、情緒の変化が見られます。また、幻覚、妄想、異常行動なども現れます。(大麻精神病)
さらにやる気がなくなったり、投げやりになる無動機症候群という症状が見られます。乱用を続けると、幻覚の症状がおさまっても、知的低下が起こります。

引用;乱用薬物ごとの中毒症状

他の薬も簡単にまとめてみました。

薬の種類 症状
覚醒剤 幻視、幻聴などの症状が現れ、強烈な不安に襲われる
コカイン 皮膚の下で、虫がはい回るような感覚に襲われる皮膚寄生虫妄想
あへん類 薬物が切れたときに現れる退薬症状がひどく、涙が出たり、鼻水がだらだら出たりします。また、腹痛や下痢も起こります。
抗不安薬 精神依存や身体依存
シンナー、トルエン 意識の低下、筋肉の衰え、視力低下、脳の萎縮、幻視、幻聴

恐ろしい内容です。

興味本位で手を出す人が多いようですが、この悪魔の世界に1歩踏み込むとなかなか出てこれないですよね。

十分の注意したいですね。

特に最近はピエール瀧容疑者の大麻事件が話題ですが。

ピエール瀧入手ルートは?コカイン仲間は誰?芸能界コカイン逮捕者多すぎ!

ネットの反応


このような犯罪がなくなることを切に願うばかりです。

ネット環境の整備も急務と言えるのではないでしょうか?

学校、家庭、警察、地域が連携して防犯に取り組みたいですね。

スポンサーリンク