三宅璃奈 建築基準違反の壁で命落とす。震災で損害賠償請求は可能か?

6月18日午前7時58分、大阪府北部を震源とする震度6弱の地震が発生。

この地震で何名の方が亡くなりましたが、高槻市の小学4年三宅璃奈さんが倒壊した塀の下敷きになる事件が悲しすぎます。

この塀は建築基準法に違反していることが判明!

三宅璃奈さんのプロフィール、人柄などを紹介します。

さらに、塀倒壊に対する高槻市の損害賠償なども調べてみました。

スポンサーリンク




事件の概要

大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震で、登校中の4年生の女の子がプールの壁に下敷きになり、亡くなる事件が起こりました。

18日午前8時前に起きた大阪北部を震源とする震度6弱の地震では、高槻市の寿栄小学校のブロック塀が長さ40メートルにわたって倒壊し、登校中だった小学4年生の三宅璃奈さん(9)が下敷きになり、死亡しました。

「死亡事故が発生し、深くおわび申し上げます。本当に申し訳ございませんでした」(高槻市の会見)


出典;JNN

さて、この現場をもう少し詳しくみてみましょう。

事故現場

事故があったのは高槻市立寿栄(じゅえい)小学校。

問題のプールの画像です。


出典;google map

地図の矢印の方向で登校してきました。

正門まであと数mのところで事故にあいました。

スポンサーリンク




塀倒壊は建築基準法違反

現場の壁は高さ3.5メートルでしたが、建築基準法では2.2メートル以内で設置する規定になっていて、違法建築にあたるとして市教委は管理責任を認めました

出典;JNN

さらに、1.2mの高さを超える壁は強度を補うため、控壁という支えの壁を設置する義務があるのですが、それも設置されていません。


出典;JNN

同じ揺れを加えて実験した場合も耐震性が明らかに違います。

実験の画像です。


出典;NNN

このフェンスは上半分が見事に崩れ落ちています。

壊れる前と後の画像をご覧ください。


出典;google map


出典;ANN

崩壊後の様子を、横からみると、


出典;NNN

上の部分の塀は今にも崩れそうな雰囲気ですね。

実はこのフェンスは昭和49年にできたそうです。

44年前からあり、当時は下から1.9mはそのままあり、その上は網のフェンスだったようです。

この段階でも、控壁がないのが違法。

さらに、プールの中が見えてしまうということで、網のフェンスを取り外し、ブロック塀を積み重ねる形で現在の形になったようです。

この、増築が違法の上塗りになるようです。

ブロック塀は建築基準法に基づいて、3年に1度、業者が点検を行っていますが、去年1月に実施された点検では、ブロック塀については報告されていなかったということです。

市は設置された経緯についても、今後、調べる方針です。

引用;JNN

点検が機能していないということのようです。

この責任は重大ではないでしょうか?

被害者のプロフィール、人柄

名前:三宅璃奈

年齢:9歳

学年:4年生

家族:両親と弟の4人家族

学校での役割:児童会の代議員

三宅さんは明るく、同級生や地域の人たちに慕われていたようです。

同級生の女児(9)によると、三宅さんは小学校の「代議員」として校門で朝のあいさつをしたり、児童集会の司会を務めたりしてリーダー的な存在の人気者だった。

引用;毎日新聞

明るく、リーダー的な存在だったようですね。

近くに住む女性(71)によると、

会うたびに「こんにちは」「おはようございます」と礼儀正しくあいさつし、近所の子供とも仲良くボール遊びをする姿が印象に残っているという。

引用;毎日新聞

彼女を知る人の評判はとてもよいようです。

通学路で見守り活動を続ける男性(68)はこの日朝も「行ってらっしゃい」と言うと、「行ってきまーす!」と元気よく返してくれたという。

引用;朝日新聞デジタル

また、三宅さんの弟と同級生の子を持つという女性によると、

「かわいくて礼儀正しくて。いつもにこにこしていた。ほんとにつらくて、悲しい」と涙ながらに語った。

引用;朝日新聞デジタル

いつもは弟と一緒に登校したいたのですが、11日から2週間の予定で朝の「あいさつ運動」の当番のため、先に1人で登校中に事故に巻き込まれたようです。

正門まであと20mの所、あと、1分早いか遅いかで巻き込まれなかったのではないでしょうか?

スポンサーリンク




損害賠償は?

損害賠償の金額などをネットで調査していると、予想外の記事をみつけました。

東日本大震災が発生した際に、ヤフー知恵袋で次の質問がでています。

2011年民間建物内の間仕切り壁(ALC)が地震により壊れて人が亡くなった場合、建物所有者・設計者・施工者が「建築基準法施行令39条1項」違反に問われることはあるのでしょうか?

引用; ヤフー知恵袋

そして、回答には

地震などの天災については、想定されている以上の天災の場合、当たり前ですが基本的に免責です。
管理や設計に手抜きやミスなどがあった場合のみ天災ではなく人災として法令違反に問われます。
簡単に言えば震度4以下で壊れれば、あきらかに人災ですし(訴えられたら負けるでしょう)
震度8以上で壊れた場合、天災扱いでしょう。

引用;ヤフー知恵袋

今回は、設計のミスなので責任を問えるはずですが、震度6弱に天災が絡んでいるので、ややこしくなるような気がします。

確かに、保険などで、天災に対しては保険を支払わないという条項がありますね。

このあたりが、気になります。

ただ、未来ある9歳の命はお金でかえることはできません。

この話題は無意味かもしれませんが、建築基準法違反で人が亡くなった場合、かなりの金額がでるようです。

ケースバイケースで、今回の場合、数字をだすのは困難でした。

ニュースで報道があれば、追記していく予定です。

追記:21日23:40保護者向けの説明会不評「中身なし」

高槻市立寿栄小学校で21日夜、保護者向けの説明会が開かれたが。

約300人が参加したが「中身がなく、知りたいことは何も分からなかった」と不満を漏らす保護者も多かった。

午後6時から始まった説明会は、予定を超えて同8時すぎに終了。参加者らによると、田中良美校長が冒頭に事故の経緯や受け止めを表明。

保護者からは「なぜブロック塀の違反に気付かなかったのか」「心のケアはどうするのか」といった質問が相次ぎ、涙を浮かべながら不安を訴える人もいたという。

引用:時事通信社

保護者の反応は当然だと思います。

学校側は教育委員会に開きなさいと言われ、何を伝えるか準備ができてなかったようで、残念ですね。

ネットの反応


本当に残念でなりません。

違法建築がなければ、失うことのない命だった気がします。

怪我をされた方の回復、さらに、ライフラインがやられ困っている方など大変なことになっています。

1日も早く、回復することを祈りながら、亡くなった方のご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする