伊調馨へのパワハラ認定!どんな言動?知らぬと損!パワハラ対策4選!

ついに、栄和人強化本部長の言動が伊調馨選手へのパワハラと認定された。

本人は否定してきたが、聞き取り調査の結果、パワハラに!

このパワハラへの経緯と、具体的にどんな言動がアウトであったのか?

さらに、伊調選手だけではなく、会社で働く、全ての人がパワハラを受ける可能性がある。

その予防のために知っておきたい4つの対応策を掲載しています。

スポンサーリンク




パワハラ問題概要

レスリング関係者が1月、代理人弁護士を通じ、内閣府の公益認定等委員会に告発状を提出。

その内容は女子レスリングでオリンピック4連覇を果たした伊調選手が栄和人強化本部長からパワハラを受けたという内容。


出典;NNN

栄氏はそんなつもりではないと否定し、主張が相反するので、第三者の弁護士による調査に進展。

その調査結果が次の通りです。

関係者によると5日夜、第三者の弁護士が協会の幹部らに対し、伊調選手や栄強化本部長らへの聞き取り調査の報告書を提出し、内容を説明したという。

報告書では、告発状で指摘されている内容など、複数の行為に対してパワハラの有無が判断されているという。

その中で、女子選手の代表合宿に参加した伊調選手に対し、栄氏が「俺の前でよくレスリングができるな」と発言した行為など、複数の事実をパワハラと認定したという。

引用;ANN

では、どんなパワハラ行為を栄和人強化本部長はしたのでしょうか?

パワハラ行為の内容

パワハラ認定されたのは次の4つである。

・平成22年2月にNTCで、伊調に対し「よく俺の前でレスリングができるな」、どど言った。

・平成22年9月の世界選手権で、田名部力コーチに「伊調の指導をするな」と言った。

・平成22年、9月の世界選手権および11月のアジア大会の選手選考について、露骨な伊調外しを行ったこと

・平成27年2月、NTCで田名部コーチに「目障りだ。出て行け」などと罵倒した。

引用;日刊スポーツ

なぜ、オリンピック4連覇を達成した人物がこのような仕打ちを受けなければならないのでしょうか?

日本レスリング協会の栄強化本部長の指導を離れたことが原因と言われています。

栄強化本部長の言い分は「恩知らず」でしょう。

でも、一般的にみると、栄強化本部長の嫉妬ですよね

なんか、小さいですよね。

スポンサーリンク




栄強化本部長辞任

日本レスリング協会はパワハラ認定を受け、6日都内で臨時理事会を開催し、栄和人が強化本部長の職を辞任すると発表。

日本レスリング協会もパワハラを否定してきただけに責任は重いですよね。


出典;日刊スポーツ

伊調選手だけでなく、パワハラを受ける可能性は誰もが持っています。

これをうまく予防する方法を調べてみました。

厳選パワハラ予防策

パワハラの定義を知る

適切な指示や指導、就業規則や組織の行動基準に則した注意を常識的な言動の範囲で行う場合は、パワハラに当たらない。

しかし、「職場で相手より優位な立場にあることを利用して行ういじめ、嫌がらせ」はパワハラになる。

上司からの適切な指導、指示、注意と立場を利用したパワハラの違いをしっかり押さえる必要がある。

要するに、相手の人格や尊厳を侵害する言動を継続的に行い、その結果として心身に苦痛を与えたり、就業環境を悪化させたりすることがパワハラ。

相談する

これはパワハラではと感じたときは、一人で抱え込まず、相談すること。

社内、社外に相談窓口があるはずです。

会社にはパワハラ・セクハラ等に関する相談窓口を設けていることがあります。

会社は利益を上げるのが目的なので、社内の人間関係のトラブルは解決したいので、相談窓口を通して、社員のために、会社のためにトラブル防止を行いたいのです。

ここに、一応相談しておいて、うまく異動できた例も多数あるようです。

社内に見当たらないときは、社外の専門相機関へ相談することです。

そこでお勧めなのが「あかるい職場応援団」です。

このサイトでは、パワハラに関連する専門機関を紹介しています。

社外の相談窓口の特性としては、法的なアドバイスも受けられたりと、より様々な情報を得ることができます。

引用;7ドリーム

記録する

ノートなどに記録することです。

書くことで冷静になれるのと、裁判等になった場合、絶対的に有利だからです。

そのとき「いつ どこで 誰が どのように」の4つのポイントで詳細に記録しておくことが大切です。

具体的に「どのように」では、最初のきっかけや、嫌な思いをしたポイント、さらに自分がどのように上司に対処したかなどを記録しておくことです。

また、ICレコーダーで実際のやりとりを録音しておくとかなり有利です。

オウム返しをする

これが、意外と効果があります。

例えば、上司が「役立たず!」と罵倒したら、「え!今、役立たずっておしゃいました?」と聞くとか、そのまま「役立たず!」と言い返すと、上司は自分の言動にハッとする場合が多いようです。

また、繰り返すことで、周りのになって人に証人になってもらうことができます。

ネットの反応

ツイッターでは様々な意見が出ていますね。

双方に落ち度はあったのではという声もあり、そうかもしれませんね。

でも、権力を持っている方、上に立っている方が、その優位な立場を利用して、感情的な言動や態度は許せるものではありません。

相撲の貴乃花部屋で暴力事件があったばかりで、スポーツ業界は問題が多いように思います。

しっかりしてもらいたいですね。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする