杉野健治 顔画像は?ANA支店長失う年収がヤバすぎ!諭旨解雇が甘いの声!

ANAの幹部が自社の飛行機で酒に酔い、女性にけがを負わせる大失態です。

杉野健治パリ支店長の顔画像、SNSアカウントの調査を行いました。

また、今回、諭旨解雇で、ANA(全日空)パリ支店長の失う年収を調査して、驚愕の数字に驚きます。

さらに、ネットでは、通常、傷害罪なのを見逃したや、なんで懲戒解雇でないのと全日空の甘い対応に批判の声が炎上しています。

スポンサーリンク





事件の概要

全日空のパリ支店長の52歳の男性幹部が出張のために乗っていた自社便で酒に酔い、隣に座っていた女性客にけがを負わせる前代未聞の事件です。

 男性幹部は3日午前8時前、パリから羽田に向かっていた全日空便の機内で酒に酔って隣の席に乗り合わせた50代の女性客にけがを負わせました。

男性幹部は出張で東京に向かっている最中でしたが、出発から4時間ほどでワインを6杯、飲んでいたということです。

女性は首に全治数日間のけがをしました。

全日空は幹部が自社便で客とトラブルを起こしたことを重くみて、この男性幹部を5日付で諭旨退職の懲戒処分としました。

引用;ANN

この幹部男性はどのような人物でしょうか?

男性のプロフィール

名前:杉野健治(すぎの けんじ)

年齢:52歳

住所:不明

職業:元全日空会社員

役職:パリ支店長兼ブリュッセル支店長

特技:英語(TOEIC400点)

フェイスブックのアカウントを調査しましたが、本人の特定には至りませんでした。

検索結果をリンクしておきますので、気になる方はこちら

男性の顔画像

活躍するビジネスマンだったようで、東洋経済に掲載されていました。


出典;東洋経済

この不祥事の詳細を見てみましょう。

スポンサーリンク





不祥事の詳細

まず、この事件は、現地時間2日にパリを出発した羽田行きNH216便(ボーイング787-9型機)で起りました。

杉野健治氏が暴れた当該機がこちらです。


出典;aviationwire

日本時間3日午前7時40分ごろ、事件が発生します。

出張でNH216便のビジネスクラスに乗っていた際、通路を挟んで隣席の50代女性に頸椎(けいつい)捻挫のけがを負わせた。

前支店長はワインをグラスで6杯飲み酔っていたという。


出典;aviationwire

ビジネスクラスですから、かなりゆったりしていますね。

被害者の女性は、この席で、こんなひどい目に合うとは予想していなかったことでしょう。

また、自社便なのでCAも幹部からワインを要求され、断れなかったのではないでしょうか?

全日空としては大失態ですね。

杉野氏はこの不祥事で諭旨退職の懲戒処分です。

失う年収はどれくらいになるのかを調べてみました。

失う年収は?

全日空の平均年収から調査しました。

普通の、つまり幹部でない社員であれば、50代は年収のピークのようです。

その50代の年収が938万円前後と予測されています。

ただ、杉野氏は幹部です。

役職 平均年収 平均月額給与 ボーナス
主任 851.1万円 54.8万円 225.7万円
係長 960.8万円 61.9万円 254.8万円
課長 1269.6万円 81.7万円 336.7万円
部長 1403.4万円 90.3万円 372.2万円

パリ支店長兼ブリュッセル支店長の役職なので、部長ぐらいはもらっていたのではないでしょうか?

1400万円の仕事をワイン6杯で失ったわけです。

機内での無料提供のワインが1杯233万円(1400÷6)になってしまったようです。

では、今回、諭旨解雇になったわけですが、懲戒解雇とどうちがうのでしょうか?

スポンサーリンク





諭旨解雇と懲戒解雇の違い

「諭旨解雇」とは、使用者が労働者に対して行う懲戒処分の一つで、最も重い処分である懲戒解雇に相当する程度の事由がありながら、会社の酌量で懲戒解雇より処分を若干軽減した解雇のことをいいます。

引用;コトバンク

軽減することで、どうなるかというと、退職金に関係します。

懲戒解雇は退職金ゼロ諭旨解雇は退職金は全額支給か減額支給です。

諭旨解雇で退職金をどうするかは、会社が決めるので、ゼロの可能性もありますが、本来懲戒解雇になりえる失敗を、会社が今までの功績などで軽減するので、いくらかは支給されるのが多いです。

そして、このことで、全日空の対応が甘いという声がネットで炎上しているようです。

ネットの反応


解雇ではないんだね。
諭旨ってことはちょっと温情が入ってるよね

引用;Yahoo!ニュース

別の業界で働いていて出張でビジネスクラスなら
食事の際に1〜2杯もありかもしれない。
ただ自社便で出張でビジネスクラスで
6杯は飲まないよね。
自社便のビジネスクラスのワインの試飲
も兼ねていたとしても普通は退職になる
ほどは飲まない。
上司だからCAが断れなかったのでは?との
意見もありますが、
支店長とCAは全くの別部署。
普通にお客さんには「飲み過ぎですよ」と言うん
だから上司お客関係なく、ちゃんとキッパリ断ってこそプロ。万が一の時に泥酔客を助けますか?
泥酔客は緊急脱出時の順番最後にするくらい
でも良いと個人的には思ってます。

引用;Yahoo!ニュース

一般客なら会社の処分の前に、
事件直後に機長の指示で、
身柄を拘束されて、
到着後に警察に逮捕されるのが普通で、
会社の処分は、その後になるのでは?
怪我人が出ているのに、
国土交通省も何らか調査/指導は、
無いのでしょうか?
身分に関係無く、公平にお願いします。

引用;Yahoo!ニュース

全日空らしい
あの会社は勘違いしてる連中が多いからね。
暴行罪で逮捕されれば懲戒解雇じゃないかな普通は

引用;Yahoo!ニュース

なぜ、これが諭旨退職で済むのか?懲戒解雇にならないのは、ANAにはもっと酷いことをしているのが、多くいるからではないだろうか?

引用;Yahoo!ニュース

傷害罪で訴えて逮捕してもらわなきゃ

引用;Yahoo!ニュース

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする