早大セクハラ教授は誰?渡部教授に続き内容がえぐい!甘い大学に批判の嵐

早稲田大学のセクハラ教授は誰なのかを調べてみました。

この半年で2人もセクハラで解任されているのですが、元祖セクハラの渡部教授の顔画像調査も行いました。

セクハラ内容の詳細、ネットでの声を報告します。

スポンサーリンク

報道の概要

早稲田大学商学学術院の50代の男性教授が、職員や学生にパワハラやセクハラを行ったとして解任された。

早稲田大学によると、商学学術院の50代の男性教授は、2013年から複数の職員に対し、大声で繰り返し罵倒するなどのパワハラ行為をしていたほか、複数の学生に対し、体を触るなどのセクハラ行為を行っていたという。

被害を受けた学生から、2018年5月に大学のハラスメント防止委員会に申し立てがあり、発覚したということで、大学は、15日付でこの教授を解任した。

教授は「一連の行為に対して、反省している」と話しているという。

引用;FNN

では、その教授は誰なのでしょうか?

セクハラ教授のプロフィール

名前 不明
年齢 50代
職業 早稲田大学教授
所属 商学学術院

現在のところ、名前は公開されていません。

SNSなどで情報を探っていますが、確実な情報が入手できていません。

分かり次第公開していく予定です。

なお、今回の騒動に対して大学のホームページで謝罪文が掲載されています。



大学の対応が甘い

まず、ホームページより

教授の解任について

2019年2月15日
商学学術院長
早稲田大学は、商学学術院所属の男性教員1名が学生および職員に対してハラスメントをはじめとする行為を行ったことを調査に基づき確認しました。そのうえで、本学は、教員としての適格性を著しく欠いていると判断し、同教員を2019年2月15日付で解任いたしました。
この件に関し、商学学術院として、被害を受けた学生および職員をはじめ、関係者の皆様に深くお詫び申し上げます。
本学術院は、今回の事態を重く受け止めており、ハラスメント防止体制の整備にこれまで以上に努め、再発の防止に向けた取組みを行ってまいります。

引用;早稲田大学

このような対応をするのは、昨年の7月にも60代の教授がセクハラをして、また起こったからではないでしょうか?

ただ、名前も伏せていることから、対応が甘いとの声が上がっています。

・実名報道すべきだと思いますが。

・50代の上の方か下の方かによって地位がだいぶ違いますが実名が出ないって相当な権力者ですね。

引用;Yahoo!ニュース

どうやら、早稲田にはセクハラをしても許される環境やセクハラをしやすい環境があるのでしょうか?

では、セクハラの内容を見てみましょう

セクハラの内容がえぐい

まず、今回の商学部教授は複数の学生に対し、体を触るなどのセクハラ行為。

自分のゼミで複数の学生に対する性的発言や身体接触などのセクハラ行為を繰り返し、精神的苦痛を与えたようです。

職員に対して大声をだすなどのパワハラ行為もあるようです。

特に昨年7月にセクハラで解任された渡辺直己元教授(66)はえぐいです。


出典;朝日新聞デジタル

指導の名目で呼び出し、大学近くの店に2人での食事に連れ出された。

その席で「卒業したら女として扱ってやる」俺の女にしてやる」などと言われた。

何様のつもりでしょうか?

この場面以外でも、足元をじろじろ見られ、頭や肩を触られるなどしたという。

この被害に遭った女性は27歳はこのことを苦に大学を辞めています。

別の男性教授に相談したが、「大したことない」と言われたほか、相談窓口などに行かないよう「何度も口止め」されたという。女性は精神的な苦痛から大学に通えなくなり、今春に退学。6月に被害を申し立てた。

引用;朝日新聞デジタル

50代、60代のこの2人の教授に共通することは、教授という立場を利用し、すぐに身体を触ろうとする男性のようですね。

恐らく、古い考えの持ち主で、「ちょっとぐらいいいだろう。」「愛人にしてやるぞ。」という女性を見下した考えをもっているのではないでしょうか?

特に研究室で1対1になることなども多く、本当に女性としては身の危険を感じることが多かったのではないでしょうか?

スポンサーリンク

ネットの反応


・こういう報道を見ると、大抵、パワハラとセクハラはセットになってるね
つまり、加害者は根っからのハラスメント体質な訳だ

職場で処分して終わりにするケースが多いけど、本当にそれで良いのかな?
刑事事件として立件しないと、こういう人間はのさばるだけのような気がするけど?

・有名私大でこうですが、無名私大の方が目だって報道されないためパワハラ・セクハラが強いと聞いています。メディアには無名私大の報道にも力を入れていただきたい。

・やっと問題ある教授を解任できる時代になりましたね。
20年前は、問題ある教授の件を早稲田大学に訴えてもスルーでした。
当時、何人もの学生が泣いていました。
どんどん告発して大学を良くしてほしい。

・パワハラとセクハラした教授は解任じゃ無くて、クビで良いと思う。
退職金もオジャンで良い。

・共同通信の記事に実名が載っていないので、早稲田のホームページ見たら、そちらも載っていないですね

甘いと思います

早稲田のホームページで再発防止に努めるなんて書いていますが、こんなアマちゃんな制裁効果のないことだけでとどめるということは、早稲田が再発防止に真剣でない証拠だと思います

・何かやりたい放題ですね。被害者の中には後遺症て苦しむ人がいるでしょうね。

引用;Yahoo!ニュース

早稲田大学はセクハラ、パワハラが非常に多い印象ですね。

女性蔑視の考えが残っている古いスケベおやじの教授が多いようです。

今回の大学の対応も非常に緩く感じ、ネットではバッシングの声が多く聞こえてきますね。

せめて大学が真剣にセクハラ撲滅を考えるのなら、実名を公表し、社会的制裁もあることを知らしめる必要があるのではないでしょうか?

本人の反省も当然ですが、大学の体質改善も必要ではないでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする