紅白歌合戦、意外な事実?豆知識?

大晦日の恒例番組、紅白歌合戦。

13日に司会者が、16日に出場歌手が発表された。

ネット等でも紅白がらみのいろんな話題が盛り上がっている。

2020年まで白組司会は嵐のメンバーが単独で持ち回るなど・・・・

紅白歌合戦で意外と知られていない豆知識を集めてみました。

選択式クイズ形式でチェック。あなたは何問正解するでしょうか?

スポンサーリンク



紅白歌合戦の過去の司会者で『良かった』『ふさわしかった』と感じる有名人は?

①嵐  ②仲間由紀恵 ③中居正広 ④有働由美子

2位中居正広24.5%に、大差で一位36.5%の支持を得たのは仲間由紀恵。

彼女の落ち着いた声のトーンが支持されたのかも。

出典:女子SPA

トップバッター歌手で最も多いのは?

①浜崎あゆみ ②w-inds. ③モーニング娘 ④郷ひろみ

正解は浜崎あゆみです。

彼女は2008年から2013年まで6年連続で赤組のトップバッターを続けています。

当時、若い世代で断トツの人気があったことの証明でしょう。

2番目は60代にみえない今も若々しい郷ひろみと荒井恵子(1955~1960)の5回。

男女のデュエットは紅組から出演。例外はない?

①〇 ②×

正解は×。

男女のデュエットは基本的に紅組。

例外として、1978年に「カナダからの手紙」で出演した平尾昌晃・畑中葉子は白組から出場。

過去の最高視聴率は何%代?

①60%代(60%以上70%未満) ②70%代 ③80%代 ④90%代

1963年に記録した81.4%。

翌年の東京オリンピックを意識して、渥美清が聖火ランナーとして登場するシーンがあった。

1984年までは80%前後の高い値を維持していた。

国民の多くが年越しとともにこの番組を見ていたといえる。

その後、平均視聴率のレベルは70~80%の水準へ。

さらに1990年以降は40%から50%の水準へと急落したのである。

出演:図録NHK紅白歌合戦の平均視聴率

ただ、夜間のゴールデンタイムのドラマの視聴率で15%とれば、ヒット作と言われることを考

えたら、すごい数値である。

スポンサーリンク



大晦日の瞬間視聴率で民放に負けたことはない?

①〇 ②×

2013年の大晦日に奇跡は起きた。

関東地区の瞬間最高視聴率で4分間だけ、別番組が紅白を上回った。

TBS系『K-1プレミアム2003人類史上最強王決定戦Dynamaite!!』である。

外国人初の横綱になった元・横綱曙とボブ・サップの世紀の一戦。

最高視聴率43%を記録した。

ちなみにこのとき、紅白歌合戦で歌っていたのは長渕剛。

「ジャニーズ2枠」の伝説は存在した?

出典:日刊スポーツ

①〇 ②×

まず、「ジャニーズ2枠」伝説とはNHKがジャニーズ所属タレントの出場は2枠以内と限定したもの。

NHK側は否定するが、公然の秘密として存在している。

正解は〇。

1997年から2008年までSMAP、TOKIOのみが出場していた。

Kinki Kidz、嵐、KAT-TUNなども続々とミリオンを達成。

人気、実績とも出場資格を十分満たしていたが、この慣例のため、いずれも紅白に出場することはなかった。

2009年に紅白の人気回復のため、追加で嵐の出演を求め、この慣例を打ち破ることに。

最後に

あなたはどれくらいのことを知っていましたか。

紅白歌合戦も、いろんな観点から視聴すると違った楽しみ方ができるかも。

今年は、どんな話題が誕生するのでしょうか?

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする