樋渡翔成君 母に送った動画が悲しい!岩手海釣り死亡事故

海釣りに出かけ、3人が行方不明の事件で小学6年の樋渡翔成君がなくなりました。

釣りを楽しむ様子の動画を母に送っていたのですが、それがとても切ないです。

事故の様子を調査するとともに、ネットの声もお伝えします。

スポンサーリンク




事件の概要

夏休みにボートで釣りに出かけ、行方不明になり、小学6年生の男の子がなくなる悲劇が起こりました。

警察などによると、翔成君は大人の親戚2人と14日の朝、久慈市の舟渡漁港から小型ボートで釣りに出かけ、夕方になっても戻らなかったため、家族が警察に通報した。

捜索の結果、15日午後、普代村の漁港近くの海上で、ライフジャケットを着てクーラーボックスにしがみついた3人を県警の巡視船が発見した。

大人の2人は意識があり、無事だが、翔成君は15日午後、搬送先の病院で死亡が確認された。


出典;FNN

今回、事故にあったのは3名ですが、小学6年の男の子がなくなりました。

被害者のプロフィール、顔画像は

名前:樋渡翔成(ひわたり かいせい)

年齢:12歳

住所:青森市

身分:小学6年生

ニュースの映像から


出典;ANN

さらに、親戚の大人2人も被害にあっています。

久慈市の会社員瀬野昭司さん(46)と東京都江戸川区の大工外舘博幸さん(43)の2名です。

もう少し、事件の詳細に迫ろうと思います。

時系列で整理しました。

事件の流れ

14日午前7時ごろ、久慈市の漁港を出港。

14日午前9時半ごろ  樋渡君が母親へ船上で撮った写真などを送る。

その後、遭難し、連絡がつかなくなる。

14日夕方 家族が捜索願い

15日朝 100人態勢で捜索

15日午前10時ごろ  捜索隊が無人のボートを見つける

15日午後2時10分  久喜漁港から南東約7・5キロの沖合で県警の巡視船が3人を発見

ライフジャケットを着てクーラーボックスにしがみついていた

15日午後 樋渡君は病院で死亡が確認

久喜漁港の地図です。

同じ状態ですが、子どもは体力や精神的に弱く亡くなることになってしまいました。

この日の天候は、八戸海上保安部によると、当日は三陸沖全体に濃霧警報が出ていたものの、波は比較的落ち着いていたという。

スポンサーリンク




母に送った動画

この楽しく姿を樋渡君は母親に動画を送って知らせています。

この動画がなんと、樋渡翔成君の最期の姿になってしまい、ネットでも悲しみの声が多数聞かれています。

画像で様子をお伝えします。

出典;ANN

スポンサーリンク




ネットの反応

とにもかくにも残念

引用;Yahoo!ニュース

男の子も無事に助かってほしかった。
楽しむために 親戚の人と釣りへ・・ちょっとした油断が
こんな事故に・・・。
悲しい事故です。助かった親戚の方は 後悔してもしきれないだろう。
ご冥福をお祈り致します。

引用;Yahoo!ニュース

一緒にいた大人の責任は大きいよ

引用;Yahoo!ニュース

とても残念です
生き残った大人や男の子の親はやりきれないでしょう、、
ご冥福をお祈りします

引用;Yahoo!ニュース

ライフジャケット着てたら助かると思ってた。

引用;Yahoo!ニュース

転覆前に送られた動画の楽しそうな表情に哀しみが増します。辛い夏になりましたね。

引用;Yahoo!ニュース

2馬力のハード艇3人乗りでサイドフロートも無し。正直、自殺行為に等しい。

引用;Yahoo!ニュース

動画見たけど不安定そうなボートだった。。いくらライフジャケット着ててもすぐに救助されないと低体温症とかで危ないね。

引用;Yahoo!ニュース

楽しい夏休みの想い出が台無しですね。

お盆の時期に海の事故が多いのが気になります。

大人の注意が足りないような気がしてなりません。

亡くなった樋渡翔成君のご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする