関空連絡橋に船舶激突!漂流の航跡入手!復旧はいつ?関空行きの手段は?

関空沖で錨を下ろして停泊中だった船舶が流され、関空連絡橋に激突です。

その衝撃画像をお伝えします。

さらに、船舶がどのように流されたかを調査しました。

そして、この関空連絡橋の復旧はどれくらいかかるのでしょうか?

この橋が使えないとなると、どのようにして関空に行けばいいのでしょうか?

ネットの驚きの声も紹介します。

スポンサーリンク




事故の概要

第5管区海上保安部に入った情報によると、午後1時45分ごろ、関西国際空港付近に停泊中の長さ89メートルのタンカーが、台風の影響で流され、連絡橋に衝突した。

船舶には、乗組員11人が乗っているが、けが人はいないという。

現在、乗組員は、ライフジャケットを着用しているということだが、救出されたのかどうか、現在もタンカーの中に残っているかどうかはわかっていない。

また、関西国際空港では、浸水被害が起きていて、滑走路は閉鎖されている。

引用;FNN

では、その衝撃的な画像を見てみましょう。

衝撃画像


出典;FNN


出典;朝日新聞デジタル

89mの大型タンカーが関西空港の連絡橋に激突し、橋は半壊しています。

では、このタンカーはどこの船で、どこから流されてきたのでしょうか?

スポンサーリンク




船の名前と漂流の航跡

ニュースの報道によると、

このタンカーは、「宝運丸」という名前のタンカーで、2,591トン、全長は89メートルある。

引用;FNN


会社は日之出海運株式会社です。

さらにどこから流されきたかはMarrine Traffic で解析です。

MarineTraffic(マリントラフィック・ライブ船舶マップ)とは船舶自動識別装置 の情報を元にしてGoogleMapに船舶の位置がプロットされているサイトです。

簡単に言うと、飛行機ファンの方にはお馴染みのフライトレーダー24の船舶版です

引用;たぬぞうのLife Hack Blog

これがその軌跡です


こんなところに停泊していると、台風の右側では強烈な南東の風が吹いているので、宝運丸の航跡はうなずけますね。

出典;Yahoo Japan

今後の関空は?

最も気になるのは今後のことです。

関西では今回の台風であちこちに被害が出ています。

また、関空の中だけでも、橋だけでなく、滑走路、駐車場、バスターミナルなどに浸水の被害がでているようです。


出典;朝日新聞デジタル

今後のインフラ整備は、被害状況とリンクしますが、関西空港連絡橋の復旧に関して考察していくことにします。


出典;Twitter

タンカーは関空連絡橋の空港へ向かい方の道に食い込むだけでなく、JRと南海電鉄の線路付近にまで及んでいます。

道路は反対側(線路の北側)を車線を規制すれば使える可能性はありますが、線路は簡単でないのではないでしょうか?

当分の間、鉄道を利用して関空に行くことができないかもしれません。

今後、関西国際空港、南海電鉄、JRの発表を待ち、情報が入り次第、追記していきます。

各会社のHPはこちらです。

関西国際空港南海電鉄JR西日本

更新情報

〇追記:9月4日21:10 関空運航再開の見通し立たず

関西国際空港は台風21号による高潮の影響で滑走路が水没し、閉鎖する事態となった。

浸水はターミナルビルなどの施設にも及び、空港を運営する関西エアポートは「再開は見通せない」と説明している。

引用;時事通信

〇追記9月4日11:50 タンカーから2人救助

海上保安庁が関西国際空港の連絡橋に衝突したタンカーの内部に取り残されている乗組員11人の救助活動を行い、2人が救助され、残りは5日以降、救助活動が行われるという。

引用;NNN

〇9月5日20:00 救出作業進むが、復旧の見通したたず。

冠水した関西空港に閉じ込められていた3,000人の輸送は始まりした。

5日朝の様子です。


出典;FNN

しかし、滑走路が水没。

9月5日もすべての便で欠航。

水没前、水没後の画像をご覧ください。

全面復旧には、かなりの時間がかかるとみられ、空港側は、影響がなかった第2ターミナルだけの暫定運用が開始できるよう、国に求めている。

出典;FNN

〇追記:9月6日22:10 7日から国内線の運航を再開する

運営会社の関西エアポートは、第2ターミナルを使って、7日から国内線の運航を再開すると発表。

関西エアポート・山谷佳之社長は、「B滑走路、およびターミナル2に関しては、大きな損傷を受けていない。したがって、ターミナル2、B滑走路において、空港機能の提供は可能であると考える」と述べた。

引用;FNN

〇追記:9月8日10:20 関空に駐車場に5000台取り残されている

8日以降、日中(午前10時~午後4時)に限り、車を搬出させるための連絡橋の通行を認め、駐車料金は全て無料にする。
連絡橋はタンカーの衝突で損傷し、一般車両は通行できないが、関係車両の通行が減る日中に限り、認めることにした。

引用;読売新聞

〇追記:9月9日23:20 国際便再開

「国際線」再開の最初の便は全日空の上海行きで、8日午後0時20分ごろに出発しました。


出典;ANN

さらに、冠水したA滑走路の運用を1週間後に再開する予定しているようです。

当初の心配より、早く再開ではないでしょうか?

〇追記9月9日23:30 損害賠償の行方

観光や物流など関西経済の打撃は必至で、関西のインバウンド消費だけをみても、経済損失は500億~600億円にのぼるようです。

「問題はタンカーが衝突した連絡橋。報道映像を見た範囲ですが、橋桁は造り直す必要があるはずで、そうなると完全復旧までに1~2か月は必要です。基礎の部分まで損傷している場合にはもっと時間がかかりますし、概算ですが費用も100億円を超えると思います」

引用;週間ポスト

では、これをどこが払うのか?

「船舶一般において、船長にはアンカー(錨)をおろして船が流されないように守錨をする義務があります。その義務を怠った場合の事故などは船長の過失であり、その賠償は船主(海運会社)が支払うことが民法の特別規定によって定められています。船舶はPI保険(船主責任保険)に入っているのでそこから補償に充てられますが、上限は通常、数十億円に設定されています」

引用;週間ポスト

錨を降ろしているのが前提ですが、関空から停泊場所の指示が出ていれば、船舶側の責任も減額される可能性があり、自然災害という不可抗力によるものと認められれば、賠償責任そのものが免除される場合もあるようです。

〇追記9月11日23:30 「宝運丸」は船長の判断ミスか?

海上保安庁は関空島から5.5キロ以上離れた場所への避難を呼びかけていましたが、宝運丸は船長の判断で連絡橋の南、約2キロの場所に停泊していたということです。

海上保安庁はタンカーの乗組員ら関係者から事情聴取を行い「業務上過失往来危険容疑」での立件も視野に、船長の判断が適切だったかどうか調べています。

引用;ABCニュース

〇追記9月14日19:40 船長は停泊場所は正当と主張

13日、船長は、報道機関に「予見できない異常気象により事故が発生した」とする書面を公表していて、停泊場所は正当だったと主張している。

引用;NNN

〇追記9月9日23:50 高速船3隻ピストン輸送が関空を救う

台風の打撃をうけた翌日5時30分から関空に取り残された予測される約3000人の救出劇が高速船で開始されました。

当初の情報では、連絡橋が通行できるメドはなく、臨時バスでの救出ができるかどうかも不明。

神戸空港から高速船「神戸-関空ベイ・シャトル」の3隻が次々に関空に向けて出港しました。「そら」「うみ」「かぜ」の3隻です。

「そら」と「うみ」の定員は110人、「かぜ」は115人。1便で約100人を輸送する計算で、計36便で最大3600人の輸送を計画しました。関空-神戸空港間は24キロ、約30分。スムーズにピストン輸送できるように3隻を「1団」とし、1隻が出航後、15分間隔で出発するようにしました。乗船する人の待ち時間をできるだけ少なくするためです。

引用;日刊スポーツ

実は関空に取り残されていた人数は約7800人。

そのうち、この高速船で3066人救出したようです。

大活躍でした。

〇追記9月11日23:30 JRと南海電鉄が9月中にも復旧

石井啓一国土交通相は11日の会見で、連絡橋を通るJRと南海電鉄が月内にも復旧する見通しを示した。10月上旬の復旧を見込んでいたが、作業がスムーズに進み、約1週間前倒しになった。

引用;朝日新聞デジタル

〇追記:9月13日22:50第一ターミナル14日一部、鉄道21日再開予定

台風21号による浸水の影響で閉鎖されていた第1ターミナルについて、まず、14日から南側エリアの運用を再開し、21日には北側エリアも復旧し、第1ターミナル全体の再開を目指す見通し。

現在の関空施設全般の復旧の見通しは

14日には、第1ターミナルを使用する国際・国内線の旅客便が通常の3割程度の運航を再開し、20日までに半数程度に回復する見通し。飲食店や売店などは、5割弱が14日から営業を再開する。

引用;時事通信

〇9月15日 23:10 18日の始発から、JR・南海ともに通常ダイヤで再開予定

新関空会社などによると、道路桁が撤去され、鉄道の桁に大きな問題がないことが確認されたため、復旧が早まるという。

出典;NNN

〇9月21日 19:50 17日ぶりに全面復旧

一部エリアで閉鎖が続いていた関西空港のメインの第1ターミナルが、21日から全面復旧し、ほぼ通常どおりの運航ダイヤに戻った。

関西空港の第1ターミナルは、台風21号による停電や浸水により、国際線ターミナルの北半分が閉鎖されていたが、21日、17日ぶりに運用が再開され全面復旧した。


出典;NNN

スポンサーリンク




ネットの反応

台風21号の被害が各地で起っています。

どの地域も2次災害を避け、1日も早く、平穏な日常が取りもどせることを祈るばかりです。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする