シアトル旅客機乗っ取り容疑者名は?なぜ整備士が操縦できた?墜落現場特定!

日本では防災ヘリが墜落し、9名の方がなくなりました。ちょうど、同じ頃、シアトルで旅客機を乗っ取った整備士が墜落し、死亡する事件が発生。

その容疑者はどんな人物なのでしょうか?

空港周辺の地図をもとに、墜落現場の特定を行いました。

そして、ネットでも疑問の声があがっている、なぜ、整備士が操縦できたのかを調査しました。

スポンサーリンク




事件の概要

現地時間の午後8時ごろ、管制塔の許可がないままシアトル・タコマ空港を離陸しました。すぐにF15戦闘機2機が追い掛けましたが、旅客機は近くの島に墜落しました。ホライゾン航空によりますと、機内にこの旅客機の乗客乗員はおらず、ホライゾン航空に勤務していた29歳の整備士の男が整備中の旅客機を乗っ取り、操縦、死亡したということです。

出典;ANN

アメリカでは9.11事件以来の乗っ取り墜落で現地では騒然としています。

出典;朝日新聞デジタル

現場の地図

飛び立ったのはワシントン州シアトルのタコマ国際空港です。

10日午後8時頃、旅客機を奪い、管制塔の許可なしに離陸。

1時間半後、空港のなんだ南西方向にあるケイロン島付近に墜落。

容疑者は?動機は?

名前:リチャード・ラッセル(追記:8月13日20:40

年齢:29歳

性別:男性

職業:整備士(ホライゾン航空)

名前は現在のところ、公開されていません。公開され次第、追記していく予定です。


シアトルタイムスにはリチャードという名の飛行機整備士とありますが、新聞記事の原文にはその名前がありませんので、確認でき次第追記していきます。

〇追記:8月13日11:00 顔画像公開


出典;FNN

〇追記:8月13日11:00 管制塔とのやりとり

墜落する前の管制官とのやりとりが明らかになりました。

男「着陸に成功したら、会社はパイロットの職をくれるだろうか?
管制官「着陸できれば、どんな仕事でもくれると思うよ」
男「地上の人々の命は、オレの手にかかっている
管制官「そんなことを言うんじゃない」

このやりとりのあと、旅客機は、付近の島に墜落した。

引用;FNN

なお、動機ですが、自殺をほのめかしているようです。

自殺のために、飛行機を奪い、墜落させる必要があるのでしょうか?

では、墜落した飛行機について

スポンサーリンク




墜落した飛行機

報道によると、Q400型機です。

ホライズン航空の親会社はアラスカ航空なので次の画像のようです。

出典;キニナル

1つ気になるのは、整備士がこれだけの機体を操縦できるものでしょうか?

なぜ、整備士が操縦できたのか?

車を運転するのと違い、普通の素人には絶対に運転できませんよね。

では、なぜ可能っだたのでしょうか?

整備士は飛行機の仕組みについてパイロットより詳しく、飛行前に機械をチェックしています。

操縦室についても詳しいはずで、様々なボタンや、飛行するためにどうすればいいのかは知っているはずです。

ただ、パイロットになるためには、相当の時間の訓練を受けなくてはなりません。

副操縦士になるには最低でも「事業用操縦士」の資格が必要となり、平均で5年ほどかかります。

副操縦士になった後は、経験や訓練を重ねていきながら、機長になるために必要な資格「定期運送用操縦士免許」の取得を目指します。
副操縦士として合計10年間ほど経験と訓練を積み、航空局の機長昇格試験(実技審査)に合格すれば機長になることができます。訓練の間にも実技の審査が行われるなど、その道のりはとても険しいものです。
パイロットとしての訓練を開始してからは平均で15年ほどで、40歳前後で機長になるのが一般的と言われています。

引用;パイロットの訓練

長い道のりですね。

おそらく、今回の整備士はもともとパイロットに憧れていて、一定の訓練を受けていたのではないでしょうか?

パイロットになれずに整備士になったとすれば、飛行機を離陸させ、操縦することも可能ではないでしょうか?

もちろん、普通の整備士は飛行する技術は持っていませんし、持っていても、自分の命が惜しいので、こんな無茶はしませんよね。

〇追記:8月13日20:40 操縦はビデオゲームで

管制塔とのやりとりで

「ビデオゲームで操縦したことがあるので助けはいらない」と説明。

ビデオゲームで学んだそうです。

アメリカ国内に与える影響は?

今回の事件を受けて、テロではなく、自殺と発表されています。

あの痛ましい9.11のテロからアメリカ社会では航空テロには大変神経を使ってきました。

今回は、航空会社の内部の人間の犯行のようですが、もし、乗客が乗っていれば、犠牲者がでていただろし、テロ行為と認定されかねません。

そのことを考えると、アメリカ社会与える影響はとても大きいと言わざるをえないのではないでしょうか?

今度は、内部の人間もチェックしなければならないとなると、うんざりした空気ではないでしょうか?

スポンサーリンク




ネットの反応

映画のワンシーンみたいだけど、笑い話じゃ済まされない。

引用;Yahoo!ニュース

よっぽど 会社に恨みでもあったのかな?

引用;Yahoo!ニュース

派手な最期。

引用;Yahoo!ニュース

この男は多分、本当は整備士ではなくパイロットになりたかったんだろうなー。

引用;Yahoo!ニュース

飛行機って誰でも簡単に操縦できてしまうものなの?

引用;Yahoo!ニュース

離陸出来たことがすごい。何故操縦できたのか?

引用;Yahoo!ニュース

アルカイダの911を思い出しました。

引用;Yahoo!ニュース

旅客機1機を失い、事故処理なども考えると会社の損失はでかい。
会社に恨みがあったのか、ただ単に乗ってみたかっただけなのか。

引用;Yahoo!ニュース

テロじゃ無くて良かった。
全然良くない事だけどね。整備士の知識でも飛ばす事が出来ると言うことであれば、もしかして新たな手口として懸念があるのは考え過ぎかな。

引用;Yahoo!ニュース

とんでもない事件ですね。

安全な世の中であってほしいですね。

亡くなった方は気の毒ですが、犠牲者がでなくてよかったです。

火災による被害が心配ですね。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする