岡崎市の門司益布さん8人の子沢山の悲劇! 4歳男児を轢いた現場特定!

愛知県岡崎市で母親が誤って自分の子どもを轢いてしまう事故が発生。

この事故現場をストリートビューで特定しました。

さらに、事故の原因はたくさんいる子どもの世話によるという悲しい事実をお伝えします。

スポンサーリンク




事件の概要

岡崎市桑谷町の住宅の駐車場で16日午後1時20分頃、この家に住む門司益布さん(33)が、車を出そうとしたところ、駐車場の前にいた息子の志音くん(4)をひきました。

志音くんは病院に運ばれましたが、まもなく死亡しました。

出典;東海テレビ

本当に残念ですね。

母親のプロフィール

名前:門司益布(もんじ みほ)

年齢:33歳

住所:愛知県岡崎市桑谷町

職業:無職(主婦?)

子ども:8人

フェイスブックのアカウントを調べてみましたが、本人の特定には至りませんでした。

検索結果をリンクしておきますので、気になる方はこちらへ。

驚きは子どもが8人ということです。

志音くんは8人きょうだいの四男で、遊んでいた自宅から外に出て、車の前にいたということです。

引用;東海テレビ

では、この悲しい事故はどこで起きたのでしょうか?

スポンサーリンク




事故現場特定

住所と自宅付近の映像をもとに、ストリートビューで特定に成功。

ニュースの映像から


出典;CBC

google のストリートビューの画像から

この付近の上空からの画像です。

出典;google map

上の画像の道路は下の画像の横の道です。

プレハブの小屋が下の画像では青色の建物です。

事故があったのは青色の建物の隣かその隣の家の前あたりではないしょうか?

追記:17日18:10駐車場の画像です


出典;NNN

事故原因は?

益布さんは次女を車で送ったあと、次女が車内に水筒を忘れていたのに気付き届けるため、車で出かけようとしたときに事故を起こしたようです。

警察の調べに対して、「息子がいたことに気がつかなかった。」と話しているようです。

詳しい原因は調査中のようで、公開され次第、追記していきます。

ただ、8人の子どもの世話をしていたとなると、本当に大変ですよね。

亡くなった4歳の志音くんは4男のようで、子どもの男女比はわかりませんが、4歳より小さい子どももいたかもしれません。

目が届かなくて仕方がないでは済まされませんが、結果的に、目が届かない状況だったようで、残念でなりません。

お悔やみ申し上げます。

スポンサーリンク




ネットの反応


ネットでも33歳で子どもが8人に驚きの声があがっていました。

8人いてもかけがえのない1人です。

亡くなった志音君のご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする