上原文仁君顔画像は?事故現場特定!在籍高校は?事故原因も特定か?

高校3年生が無免許運転で事故を起こし、本人が亡くなる事故がありました。

上原文仁君の顔画像、SNSアカウントの調査を行いました。

事故現場をしっかり特定しました。

事故現場から事故原因も見えてきて、事故がおこった訳が納得できます。

在籍高校や事故原因ちょうさ、さらにネットの声も調査しました。

スポンサーリンク

事件の概要

18日午前3時半ごろ、鹿児島市の県道で、軽自動車がカーブに差し掛かったところで横転した。この事故で、運転していた通信制高校3年生の上原文仁さん(18)が車外に投げ出され、頭を強く打ち、病院に運ばれた。

引用;NNN

残念なことに搬送先の病院で2時間後になくなりました。

助手席に乗っていた男子高校生は、意識はあり、命に別条はないようです。

上原さんは無免許運転だったことが警察の調べで判明。

では事故を起こした高校生はどのような人物でしょうか?

事故を起こした高校生の経歴、顔画像

名前 上原文仁(うえはら ふみひと)
年齢 18歳
住所 鹿児島市坂之上4丁目
身分 通信制高校3年

フェイスブックのアカウントの調査を行いましたが、本人の特定には至りませんでした。

検索結果をリンクしておきますので、気になる方はこちらまで。

なお、現在のところ顔画像はニュースの映像等で公開されていません。

公開された場合、追記していく予定です。

事故現場特定

事故についてのより詳しい報道は

18日午前3時半ごろ、鹿児島市喜入前之浜町の指宿スカイラインに繋がる県道17号で、鹿児島市方向に走っていた軽乗用車がカーブを曲がりきれずに横転しました。

引用;KKB

geogle mapで調べると、


ニュースの映像から


出典;KKB

geogleストリートビューで

事故現場が赤丸のカーブの場所です。

黒の矢印があり、進行方向は青矢印です。

では、無免許運転だったようですが、なぜこのような事故に巻き込またのでしょうか?

スポンサーリンク

事故原因は?

高校生は無免許だったことから、様々なことが考えられます。

・遠心力を理解できず、未熟な運転で曲がりきれなかった。
・真っ暗でカーブがわからなかった。
・居眠りをしてしまった。

まず、無免許であることから、十分な技能、知識がなかったことが大きいですね。

さらに、現場の画像をみると、街灯がなく、午前3時という時刻から真っ暗だったことが予測されます。

友人としゃべっていて注意散漫だったかもしれませんし、眠くなった居眠り運転かもしれません。

本当に残念な事故ですね。

では、高校生はどこの高校だったのでしょうか?

在籍高校は?

ニュースでは、通信制高校とあります。

通信制高校は全日制高校と違い、学校に通わず、レポートなどを提出し学習する仕組みです。

数日は学校に登校しますが、基本的には自宅で学習します。

鹿児島県でキャンパスを持つ通信制高校は4つほどあります。

鹿児島県で学べる通信制高校のHPより

・ヒューマンキャンパス高等学校

・トライ式高等学院

・マイン高等学院鹿児島キャンパス

・桜心高等学院

このあたりの可能性が高いかもしれませんね。

通信制なので鹿児島にキャンパスがなくても学べるので上4つに特定はできません。

ネットの情報によれば、鹿児島で人気のあるのは

・鹿島学園

・NHK学園高等学校

なども候補に入りそうです。

スポンサーリンク

ネットの反応


・巻き込まれる被害者がいなくて良かったな。

・亡くなった人を責めるべきではないという意見もありますが、無免許でカーブを曲がりきれないって、、、

街中とかで身内が被害にあったら私だったら絶対に許せない。

他人を巻き込まなくてよかったという意見はむしろ正論だと思う。

親御さんもそう思ってるはず。

・無免許運転&スピード出し過ぎ。
自業自得だと思います。

・若い命が失われたが、同情はできません。高校生にもなれば、善悪の判断は当然できるはず。
若気の至り、粋がった代償が命とは…。

・だから免許が必要なわけで。
残念だけど自業自得と思われても仕方ないと思う。

・遺族は居たたまれないだろうが これは同情もできない
まだ他人を巻き込まなく良かったかも
でも若者の死は 辛いな

引用;Yahoo!ニュース

若い命がなくなったのはとても残念ですが、自業自得の声が多いですね。

助手席の友人に命に別状がないのと、他人を巻き込まなかった点は不幸中の幸いではないでしょうか?

運転をなめると免許を持った大人でも事故を起こします。

無免許で未成年なら危機管理が甘いのは仕方ないかも。

でも、命にかかわるので、仕方ないではすみませんよね。

このような事故がなくなることを祈るばかりです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする