津市列車事故!5歳児、列車はねられ死亡!そのとき、親は何を!?

悲惨な事故が起こりました。

3日午後0時半ごろ、三重県津市の伊勢鉄道線で、5歳の男の子が、JRの快速列車にはねられるという事故。

男の子は、病院に運ばれましたが、頭を強く打っていて、約1時間後、死亡。

この事故の経緯と現場を特定します。

スポンサーリンク




事故の経緯

三重県津市の伊勢鉄道線で、5歳の男の子が、名古屋発鳥羽行きのJRの快速列車にはねられました。

事故があったのは、津市の伊勢鉄道の線路上で、3日午後0時半ごろ、この線路に乗り入れている、JR紀勢線名古屋発鳥羽行きの快速列車の車掌から「男の子がはねられた」と119番通報があった。

男の子は、病院に搬送されたが、およそ1時間後に死亡した。

現場の線路脇は、高さおよそ4メートルの土手になっていて、柵などもないことから、警察は、男の子がこの土手から線路内に進入した可能性もあるとみて、当時の状況をくわしく調べている。

引用;FNN

今回気になるのは、事故現場の状況です。

まずはニュースの画像で確認すると、

出典;FNN

割となだらかな斜面です。

出典;FNN

そして、柵はありません。

5歳の子どもなら線路脇まで普通に到達できる状況です。

さらに、ニュースの画像とストリートビューで事故現場を特定しました。

スポンサーリンク




事故現場特定

津市でJR紀勢線沿いで田んぼがあり、1つ特別な建物が確認されます。

太陽光発電のパネルとそばに高圧線があります。

そこに該当する場所を探すと特定できました。


出典;FNN


出典;google map

もう1つ、気がかりなことがあります。

なぜ、その子は線路内に侵入していたのでしょうか?

親は何をしていたのか?

子どもを亡くした親は今、深い悲しみと後悔に悩まされていることと思います。

何をしていたか、可能な限り調べましたが、現在のところ、明らかになっていません。

JR紀勢線名古屋発鳥羽行きの快速列車のダイヤをネットで調べると、1時間に1本ほどです。

電車が頻繁に通らないので、子どもは電車が来ないものと思い、線路に侵入したのではないでしょうか?

親も普通に遊ばせていたのではと予想されます。

ネットでも様々な声が上がっています。

ネットの反応

保護者を責めるのは簡単だが、一番悲しく自分を責めているのは

保護者だと思います・・・・・

ただただ、ご冥福をお祈りいたします。

引用;Yahoo!ニュース

子供から目を離さないで!

って思うけど実際に子供いるとそうもいかないんだよね。

親もつらいだろうな、ご冥福を。

引用;Yahoo!ニュース

運転士さんがかわいそう。

もし、お子さんがいる人なら立ち直れないかも。

引用;Yahoo!ニュース

五歳なら「線路に入ってはいけないよ」と教えておけば入らない子も居るし、聞かない子も居るし。

柵があっても種類によっては簡単にくぐれる。

難しい問題だ

引用;Yahoo!ニュース

柵は必要との意見がありますがJRでもありませんし大手私鉄でもありません

柵を設置したくても予算の問題もあると思います

引用;Yahoo!ニュース

田舎の線路はこんなところが至るところにある。

自然豊かなのは良いんだけど実は危険がすごく多い。

引用;Yahoo!ニュース

運転士さんもやばいくらいショックだと思う。

親御さんのショックも計り知れない、、

子供も可哀想。

引用;Yahoo!ニュース

運転手、親ともにショックは計り知れないと想像できます。

亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。

二度とこのような悲しい事故が起きないように祈るばかりです。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする