美作・中国道で大畑詩音、美音死亡事故!とびだした小動物は何?

中国自動車道で帰省中の家族が追突事故。

大畑詩音ちゃんと美音ちゃんが死亡するという悲しいニュースです。

事故現場の特定、さらに、かなりの悪条件が重なった事故の詳細をお伝えします。

そして気になる飛び出してきた小動物は何か?

スポンサーリンク





事故の概要

岡山県美作市の中国自動車道で、自損事故で止まっていたワゴン車に乗用車が追突し、幼い子ども2人が死亡、4人がけがをする事故が発生しました。

事故があったのは美作市田原の中国自動車道下り線。14日午前0時15分頃、自損事故を起こして追い越し車線に止まっていたワゴン車に、後ろから来た乗用車が追突した。この事故で追突されたワゴン車を運転していた大阪府高石市の30歳の会社員の2歳の長男と1歳の長女のきょうだい2人が病院に運ばれたが、まもなく死亡した。

また、30歳の会社員と24歳の妻も軽いけがをしたほか、追突した乗用車を運転していた大阪市の25歳の男性会社員と25歳の知人女性も軽いけがをした。

出典;NNN

では、事故現場と事故で大破した車の画像を紹介します。

事故現場

中国自動車道下り線の美作市田原です。

作東ICの西約1キロの地点です。


出典;NNN


出典;FNN

地図は


出典;山陽新聞

事故後の車の画像

まず、追突された大畑さんの車です


出典;山陽新聞

次に後ろから追突した車です


出典;NNN

どちらの車も大破しています。

シートベルトをしていたのでしょう。大人は軽症ですんでいます。

幼い子どもはチャイルドシートをしていても、受ける衝撃は大きく、残念なことに2人ともなくなっています。

ここで、被害に遭った方を整理しておきます。

事故に遭った方々

まず、黒のワンボックスは

大畑雄也 不明(公開されず) 詩音 美音
雄也さんからの関係 長男 長女
年齢 30歳 24歳 2歳 1歳
住所 大阪府高石市綾園
職業 会社員
被害状況 軽傷 軽傷 死亡 死亡

大畑さん一家は島根県の実家に帰省する途中の事故のようです。

この3連休にどちらかの両親にかわいいお孫さんを見せに帰る途中での悲劇のようです。

白の乗用車は、

大阪市北区堂島在住の会社員岡本直樹さん25歳です。

同乗の女性は25歳で名前は公開されていません。

スポンサーリンク





事故原因と、子ども死亡の訳は?

今回の追突事故は複数の要因があるようです。

追突されたワゴン車は小動物を避けようとしてガードレールにぶつかり、追い越し車線に止まっていた。

引用;NNN

さらに、天候に関しては

ワンボックスカーが雨でスリップして止まったところに乗用車が衝突した

引用;ANN

かなり、悪い条件が重なったようです。

整理すると

1.ワゴン車の前に小動物が飛び出してきた。

2.ワゴン車が避けようとして、ガードレールに激突(雨の影響でスリップした可能性あり)

3.追い越し車線に停止している黒のワンボックスカーに白の乗用車が追突。


出典;朝日新聞デジタル

この図をご覧になるとわかるのですが、チャイルドシートが車の左側にあります。

停止したワンボックスカーの車体の左側が後ろになって停止しています。

これが、大人が軽症で子どもが死亡した理由の1つかもしれません。

追突した白の乗用車はどれくらいのスピードを出していたのでしょうか?

夜で見にくい状況で、雨が降っていて、黒の車が本来止まっているはずのない追い越し車線に止まっているのですから、避けるのは難しかったかもしれません。

最悪の状況を考えてスピードを控えめにしていたかが、回避できたかにかかるのではないでしょうか?

では、とっても気になる小動物は何でしょうか?

動物注意の正体は?

中国地方でよく見られる動物注意の標識は

出典;動物警戒標識

鹿、たぬき、うさぎなどが上がっています。

特に鹿の可能性が極めて高いです。

今回の事故現場は津山ー佐用の間にあります。

そんな野生動物との接触事故ですが、最近は中国自動車道でシカの
飛び出しが増えているようで、特に危険なポイントとして
津山(岡山県)-佐用(兵庫県)」間で限定して注意が呼び掛けられて
いるということです。

引用;gootruck

もちろん、犬や猫など、これら以外の動物も考えられます。

何であれ、突然、目の前にでてくるとびっくりしますよね。

今後、動物の正体が報道された場合、追記していく予定です。

では、過去に動物が飛び出してきたことによる事故の実例を2つ紹介します。

〇中国自動車道(広島):2016年12月 トラックといのしし

広島県安芸高田市の中国自動車道上り線で、イノシシと衝突して路肩に停車していた大型バスに、大型トラック2台が追突する多重追突事故がありました。この事故で、最後に追突したトラックの運転手の男性1人が重傷、バスの乗客ら5人が軽傷を負いました。


出典;産経ニュース

〇デイサービスのワゴン車が小動物をさせようとして、2名事故死

デイサービス帰りの高齢者5人を乗せた介護施設のワゴン車が、見通しのよい緩やかな 左カーブで、飛び出してきた小動物を避けようとして急ハンドルを切り、道路右側の樹木 に正面衝突しました。この事故で、同乗者2名が死亡、4 人が重傷を負いました。

引用;自動車防災情報

とても恐いですね。

動物注意の標識をみれば、急ハンドルは絶対にさけ、動物がでてきても対応できるスピードに減速しておくべきでしょう。

スポンサーリンク





ネットの反応

幼児たちはきちんとチャイルドシートに乗せられていたのだろうか。

引用;Yahoo!ニュース

小動物は跳ねるしかない
急の付くことは絶対したらダメ(急ハンドル、急ブレーキ、急加速)
追い越し車線、走行車線ともどんなことがあっても
停車したら絶対ダメ

引用;Yahoo!ニュース

事故の詳細は調べないとならないんだろうけど、子ども二人を一度に亡くしたのに事情聴取はつらいね

引用;Yahoo!ニュース

雨で路面が濡れている状況で、ましてや高速走行中で、急なハンドル操作はバランスを失う。ましてや高速走行中ハイエース…
ケツが軽いから、余計にスピンしやすい。
不謹慎かも知れないが、動物で、かなり大型でない限りは、跳ねてしまうしかない。
車両を傷つけたくない気持ちはわかるけど、
今回の様になってしまったら、もっと後悔する…

引用;Yahoo!ニュース

幼い子供が犠牲になるのは本当に悲しいし残念です。ご冥福をお祈りいたします。

引用;Yahoo!ニュース

とっても悲しいニュースです。

大畑さん夫婦にとっては最悪の1日になってしまいました。

2人の幼い命を一度に亡くしたわけですから。

大畑詩音ちゃん、美音ちゃんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする