星大樹顔画像、SNS特定!左脚切断、飲酒ひき逃げ懲役3年6月に違和感!

飲酒ひき逃げ運転で23歳の男性に左脚切断の重傷を負わした事件の判決が言い渡されました。 星大樹被告の顔画像、フェイスブック、インスタグラムのアカウントの調査を行いました。 事故の詳細を振り返りました。 左脚切断、飲酒ひき逃げに懲役3年6月の実刑判決に軽すぎるという声があがっています。
スポンサーリンク

判決の概要

札幌市中央区で交通事故の巻き沿いで歩行者のアルバイト男性に重傷を負った事件で、飲酒ひき逃げの星大樹被告に対して、札幌地裁は27日、懲役3年6月(求刑・懲役6年)の実刑判決を言い渡しました。
出典;HBC
 向井志穂裁判官は、「人通りの多い交差点に、時速50キロのスピードで進入し、極めて危険だ」と指摘し、「将来ある若者に取り返しのつかない傷害を負わせ、結果は重大」と述べた。 判決などによると、星被告は10月6日、同市中央区の繁華街・ススキノで酒に酔った状態でRVを運転し、赤信号を無視して交差点に進入。別のRVに衝突し、その弾みで歩道にいた同区の20歳代のアルバイト男性をはね、左脚切断の重傷を負わせた。星被告は、飲酒運転の発覚などを恐れて逃走した。 引用;読売新聞
とんでもない結果をひきおこした被告はどんな人物でしょうか?

被告のプロフィール

名前 星大樹(ほし だいき)
年齢 22歳
住所 北海道札幌市清田区
職業 会社員
フェイスブックのアカウントの調査を行いました。 ニュースの映像で紹介されているものと同じ画像をしようしているアカウントをみつけました。 札幌市在住でほぼ間違いないでしょう。 なりすまし等がありますので直接リンクははりませんが、検索結果をリンクしておきますので、こちらからご覧ください。 インスタグラムのアカウントはこちらから。

被告の顔画像

ニュースの映像から
出典;HBC
星被告の事故はこの事故だけでなく、連続したものだったようです。 事故の詳細をみてみましょう。
スポンサーリンク

事故の詳細

まず、この事故を起こす前に事故をおこしています。 この日、すでに3台の車と事故を起こし、4台目の事故が歩行者の23歳の若者の左脚を奪うことに。
駐車場 無人の車2台に衝突
駐車場から今回の大事故の現場までの路上 客待ちのタクシーに衝突
すすきのの交差点 赤信号を無視し時速50kmで交差点に突っ込み、 追突事故を起こし、歩行者に左脚切断の怪我を負わせる
車を乗り捨て逃亡
この異常な運転はもちろん、飲酒運転です。 この悪質な飲酒運転で元モーニング娘の吉澤ひとみの運転を思い出したのは私だけでしょうか? 元モー娘吉澤ひとみ ひき逃げ!弟事故死を忘れたか?事故歴有で悪質!   星被告は飲み会の帰りだったようで、相当飲んでいたのではないでしょうか。 地図で逃走ルートをまとめると
出典;HBC
事故の現場は札幌市中央区南7条西4丁目の交差点です。 ニュースの映像から
出典;HBC
google mapで同じ画像をみつけました。
スポンサーリンク

懲役3年6月に違和感!?

さて、今回の裁判で検察側は懲役6年の求刑でした。 執行猶予がつかず、実刑判決には当然なのではないでしょうか? ただ、この判決に対して、左脚切断の被害男性は弁護士を通じて
「私の肉体的自由を奪った被告人が3年6か月というわずかな刑期で再び自由を得る。 どのようにしてこの不条理さに耐えられるのか。 このような事件がひとつでも多く減ることを願っています」 とコメントを発表した。 引用;読売新聞
本当に、被害者の人生を大きく変える事故です。 このコメントを聞き、悲しくなってきました。 同時に今回の悪質な飲酒ひき逃げ事件をおこした星被告は刑務所でしっかり反省してもらいたいですね。 ネット上でも、刑が軽すぎるとの声が多数あります。

ネットの反応

・悪質な事件で求刑6年なのに何故3年6月の判決なのか、減刑した理由を 取材してほしい。被害者の無念を考えれば検察は控訴すべき。 そもそも飲酒・ひき逃げの刑が軽過ぎる。 ・>20歳代のアルバイト男性をはね、左脚切断の重傷 20代で・・・ 気の毒でならない これの犯人が、懲役3年6か月っていうのも納得いかないな しかも飲酒ひき逃げの確信犯 ・本当に道交法は、おかしい。 刑が軽すぎる。だから飲酒運転をする。 車は、使い方をあやまれば凶器です。 普通の刑法で裁いて欲しい。 少年法もね。 ・青年の一生をだいなしにして3年6月ってね 過去の判例でしか判決出せないならAIにやらせた方が良いよ 血の通ってないコンビュター判決ならまだ被害者も納得できるわ ・立派な殺人未遂。 求刑6年も短いが、3年6月はもっと短い。 個人的に10年以上の懲役だと思う。 引用;Yahoo!ニュース
飲酒、ひき逃げの事件が後をたちませんね。 このような事件をなくすため、厳罰化も必要ではないでしょうか?
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする