【速報】大口病院の中毒死事件、犯人名は?31歳看護師まもなく逮捕!

横浜市神奈川区の大口病院で2016年9月、入院患者2人が相次いで中毒死した事件で、病院の看護師だった女(31)=横浜市鶴見区=を殺人容疑で逮捕状を請求することがわかりました。
スポンサーリンク

事件の概要

大口病院では2016年9月、西川惣蔵さんと八巻信雄さんが相次いで中毒死し、2人の体内からは「ヂアミトール」という消毒液に含まれる「界面活性剤」の成分が検出されていた。 神奈川県警は、点滴袋に異物を混入されたとみて捜査を続けてきたが、この女が任意の事情聴取に対し、「点滴にヂアミトールを入れた」などと関与を認めたことなどから、逮捕状を請求する方針を固めた。 出典;NNN

大口病院は

まず、病院の画像です。 次の地図では横浜はじめ病院になっていますが、上の画像と同じ病院です。 病院の名前が変わったようです。

容疑者のプロフィール

名前:久保木愛弓(くぼき あゆむ) 年齢:31歳 住所:横浜市鶴見区上末吉5丁目 職業:看護師 今回の逮捕は入院していた西川惣蔵さん(当時88)を体内に何らかの方法で消毒液を混入させ、殺害した疑いが強まり、容疑者が、「点滴にヂアミトールを入れた」などと話していて、大筋認める供述をしたためです。

更新情報

追記:7月7日12:40  容疑者へのインタビュー記事を引用します。 平成29年9月11日のインタビューの内容です。 あたかも、犯人が別にいるように証言しています。 自分が疑われて迷惑していると。
--犯人に対して思うことは 「早く捕まってほしい。事件当初は自首してくれないかなと願っていた。ただ、ここまで自首しないということは、おそらく、今後もすることはないだろうから…」 --事件前後で記憶にあることは 「報道されている通り。ペットボトルに針とか。そういったことがあったときに、病院がすぐに動いていればよかったのにと思う」 --事件前には、病院内でナース服が何者かに切り裂かれたり、看護師の飲料に薬物が混入されたりなど、おかしなことが相次いでいたようだが、看護師間ではどんな話がされていたのか 「立て続けに変なことが起こるので、やはり防犯カメラを付けてほしいと。そしてまず、何かが起きたときにちゃんと警察に入ってもらって、丹念に調べてもらったほうがいいということ。そうじゃないと、『自分たちも仕事をしていて怖いよね』という話が出ていた」 --いまはどんな暮らしを 「仕事はまだしていない。一度、看護師として再就職したが、結局いろいろあって続かなかった。一度看護師から離れようと思って、別の職種で仕事を探している。ただ、なかなか見つからない」 引用:産経ニュース
追記:7月7日19:00顔画像入手 ニュースの映像から
  モザイクなしの顔画像です。 出典;JNN
情報が入り次第、追記していく予定です。
スポンサーリンク

ネットの反応:追記7月7日15:00

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする