萩川未貴顔画像は?動機は介護疲れか?それとも?高齢化社会の闇が見える!

孫が祖父を殺害する事件がまた、発生しました。

宮城県で入院中の祖父をナイフで刺し殺害する事件です。

萩川未貴容疑者の顔画像、SNSアカウントの調査を行いました。

犯行現場や自宅などの位置関係や画像などもまとめてみました。

そして最も気になるのは動機です。

警察から動機の発表はまだありませんが、考えうる動機について考察してみました。

この動機を考えれば、日本の高齢化社会の課題、闇の部分が見えてくる事件ではないでしようか?

スポンサーリンク





事件の概要

入院中の祖父を孫の28歳の女がナイフで刺し、殺害する事件が起こりました。

警察によりますと、萩川容疑者は26日午後8時すぎ、大崎市の病院に入院していた祖父の功さん(88)の右脇腹を果物ナイフで刺して殺害した疑いがもたれています。

近所の人によりますと、功さんは3年ほど前から介護が必要な状態が続いていたということです。萩川容疑者は犯行後すぐ、病院近くの交番に自首し、その際、果物ナイフとは別の折りたたみ式のナイフも所持していました。取り調べに対し、「最初から殺すつもりだった」と話しているということで、警察が動機を調べています。


出典;JNN

では、どんな人物なのでしょうか?

容疑者のプロフィール

名前 萩川未貴(はぎがわ みき)
年齢 28歳
住所 宮城県大崎市鹿島台木間塚
職業 無職
家族構成 萩川功(祖父)、両親、本人の4人暮らし

フェイスブックのアカウントを調査しましたが、特定には至りませんでした。

検索結果をリンクしておきますので、気になる方はこちらへ。

容疑者の顔画像

現在のところ、ニュースの映像などで公開されていません。

公開され次第、追記していく予定です。

〇追記:10月28日19:20 顔画像入手


出典;FNN

では、次に犯行現場、自首した交番、自宅などをみてみましょう。

スポンサーリンク





犯行現場など

犯行現場は大崎市民病院の鹿島台分院です。


出典;NNN

犯行の10分後に自首をしています。

自首した交番は病院から約200mの距離です。


出典;JNN


出典;ANN

萩川容疑者の自宅は病院から600mで、萩川容疑者が介護が必要な功さんの世話をしていたようです。


出典;NNN

出典;ANN

〇追記:10月28日19:20 病室から女性の大声

事件のあった時間に功さんの病室から女性の大声が聞こえ、駆けつけた看護師が、功さんのベッドの横に立つ、未貴容疑者の姿を確認していたことがわかった。

未貴容疑者が退室したおよそ10分後に、看護師が功さんの出血に気づいたという。

出典;FNN

〇追記:10月28日20:00 萩川容疑者の車から果物ナイフのパッケージが見つかる。

萩川容疑者が、今回、功さんを殺害するために、購入したものと思われます。

動機は?

孫の未貴容疑者と殺された功さんの評判をご覧ください。

未貴容疑者の同級生は

まじめで勉強とかも熱心な子だった。


出典;ANN

近所の人の功さんの評判は

「(功さん)は人から恨まれる人ではない」

引用;JNN

2人の評判はいいのですが、荻川容疑者は「最初から殺すつもり」だったと話しているようです。

では、なぜ、殺害しようと思ったのでしょうか?

祖父は3年前から介護が必要な状況だったようです。

動機はまだ、ニュースの報道で公開されていませんが、いくつか予測を立ててみましょう。

〇介護に疲れ、もう嫌になって殺害した。

〇介護中に祖父が暴言などを吐いて、かっとして殺害した。

〇介護に苦しく祖父に「殺してくれ。」と頼まれ、殺害した。

このあたりが考えられますが、どれも考えられうることです。

体が思うように動かいと誰だってイライラするものです。

また、世話をする方も大変で、こちらもイライラするのではないでしょうか?

動機はこの3つか、またそれ以外かもしれませんが、いずれにしても、この事件、他人事ではないように思えるのは私だけでしょうか?

高齢化社会の日本が抱えている誰もが遭遇してしまう状況ではないでしょうか?

実際に殺す人は本当に一部の人だと思うのですが、大きな社会問題の1つではないでしょうか?

動機が公開されましたら、追記していく予定です。

〇追記:10月28日19:20 功さんは会話や歩行ができなかったようです。

上の記述の功さんが暴言を吐くことはないですね。

介護に思い詰めて、大声をだしながら、衝動的に刺したのでしょうか?

スポンサーリンク





ネットの反応

動機の解明を急いでもらいたいですね。

とても気になる事件です。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする