本間忠相、顔画像は?店を特定!生レバー提供の言い訳と発覚の仕方が爆笑!

加熱の説明なく生レバー提供した容疑で本間忠相容疑者ら3人が逮捕されました。

本間容疑者らの顔画像、SNSアカウントの調査を行いました。

また、本間容疑者の店を特定に成功。

生レバー提供の言い訳とどういう経緯で発覚のしたのかを調査しました。

スポンサーリンク





事件の概要

牛の生レバーを十分に加熱するよう説明することなく提供したとして、京都府警生活保安課などは29日、食品衛生法違反容疑で、本間忠相容疑者(43)ら飲食店経営の男3人を逮捕した。

引用;時事通信

3人の男が逮捕されています。

どのような人物なのでしょうか?

容疑者のプロフィール、顔画像

まず、1人目

名前 本間忠相(ほんま ただすけ)
年齢 43歳
住所 京都市中京区藤木町
職業 飲食店経営

2人目は

名前 杉本毅
年齢 42歳
住所 京都市南区吉祥院仁木ノ森町
職業 飲食店経営

3人目は

名前 方慎一朗
年齢 37歳
住所 宇治市五ケ庄岡本
職業 飲食店経営

フェイスブックのアカウントを調査を行いましたが、本人の特定には至りませんでした。

検索結果をリンクしておきます。気になる方はこちらへ。

本間

杉本

なお、ニュースの報道で顔画像は公開されていません。

公開され次第、追記していく予定です。

では、どの店なのでしょうか?

スポンサーリンク





店の名前が判明

本間容疑者の経営するのは焼き肉店「ちりとり鍋ごっこや」です。


出典;NHK

所在地は京都市中京区 藤木町41−3 です。

本間容疑者の言い訳が?

本間容疑者は生レバーを「あかんやつ」とメニュー表示。

メニューには「あかんやつ」などと記されており、従業員が「生で食べるかは自分で決めてください」と説明していた。

引用;読売新聞

「あかんやつ」のネーミングは面白いですが、生でも食べられる状況で提供しているのでアウトでしょう。

ところが、本間容疑者は「『焼かないとあかんやつ』という意味だ」と言い張り、容疑を否認している。

この言い訳、苦しすぎますね。

本間容疑者と杉本容疑者は容疑を否認。方容疑者は容疑を認めています。

そして、このことが発覚して、経緯が驚きです。

発覚の経緯

客として来店した府警の警察官が気づいて発覚した。

悪いことはできないものですね。

警察官が来店しないものと決めつけていたのでしょうか?

あまりにも愚かな、無警戒の営業の仕方に笑えてきますね。

なお、重度な食中毒を引き起こす危険性が高いとして、平成24年から牛の生レバーを客に出すことが禁止されています

客の安全を最優先にしてもらいたいですね。

これを機に、十分反省してもらいたいです。

スポンサーリンク





ネットの反応

〇食べたい人がいるんですよね…
だからお店も対応しちゃう…
けど長い目で見たら、やはりルールは守らないと。
食中毒でも起きたらお店は潰れるし、お客は助けてくれないのですよ。

〇正直アンケート取ったら、レバ刺し店で出して欲しいって人、意外と多いと思う。

〇んーもっと面白く言い訳してほしかったな
あかんやつってメニューまでは面白いのに

〇このお店、それで客が病気になっても責任逃れしそうですね。

〇擁護するつもりはないが、
生レバーよりも生牡蠣の方がよっぽど「あかんやつ」
だと思うぜ。

〇生で食べて苦しい思いしたらえーんちゃう?

引用;Yahoo!ニュース

いろいろな意見がでていますね。

生で食べたい人も結構いるみたいですね。

ちょっと考えさせられますが、やはり、重度な食中毒を起こす可能性がある以上、ルールを守るべきではないでしょうか?

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする