仲内隼矢 菅野弥久 金崎大雅 顔画像あり!親、友人のコメントあり!動機は?

千葉県印西市で17日夕方、住宅が全焼する火災が発生し、放火殺人の疑いで4人が逮捕された。

犯人の顔画像や4人の人間関係、さらに、親、友人らは彼らをどのように見ていたのかをまとめました。

スポンサーリンク




犯人の顔画像は

犯人は2組のカップルです。

まず、1組目は仲内容疑者と菅野容疑者

名前:仲内隼矢(なかうち・じゅんや)
年齢:20才
住所:東京都墨田区東墨田
職業:不詳


出典;ANN

名前:菅野弥久(かんの・みく)
年齢:20才
住所:住居不定
職業:不詳


出典;ANN

もう一組は金崎容疑者と16歳の未成年女子

名前:金崎大雅(かねざき・たいが)
年齢:20才
住所:印西市草深
職業:不詳


出典;JNN

名前:未公開
年齢:16才
住所:東京都

恐ろしい事件について概要をまとめてみました。

事件の概要と犯行動機

今月17日、千葉県印西市で住宅が全焼した火災です。

まず、事件の概要は?

焼け跡から見つかった遺体の身元は、DNA型鑑定の結果、ここに1人で暮らしていた海老原よし子さん(55)と判明しました。

亡くなった被害者の画像です

警察は4人の認否を明らかにしていませんが、捜査関係者への取材で4人の一部が「頭にきて海老原さんを殴ったり蹴ったりして暴行を加え、火を付けた」と供述していることが新たにわかりました。

引用;JNN

頭にきて殴ったり、蹴ったりですか?

その末、火をつける。

信じられませんよね。

では、年齢も離れている海老原さんの家に4人がどうして一緒にいたのでしょうか?

菅野容疑者と金崎容疑者の2人は以前、海老原さんと同じ土木関係の職場で働いていたということで、この職場で海老原さんと知り合ったとみられている。

引用;NNN

元職場の同僚ということで、金に困って、たかっていたようですね。

4人は明らかに金に困っていたようで、車の中で生活していたようで、菅野容疑者は

「金づるができた」と話す一方で、

元交際相手には「2万円を貸してほしい」と頼んでいた。

引用;JNN

警察も犯行動機は金銭トラブルではと調べています。

あらたに、わかれば追記していきます。

スポンサーリンク




まわりの人のコメント

友人のコメント

犯行の2日前のやりとりですが、4人を知る友人のコメントは

「金貸して。ガソリン代2000円」

今までに合計いくら貸したのですか?

50000円は超えている。」

引用;ANN

金崎容疑者の祖父のコメント

家族からは捜索願が出されていたようで祖父が言うには

「本人が会いたくないって、捜さないでくれと本人言っている。

元気にやっているようだと警察も言っている。」

引用;ANN

仲内容疑者の父のコメント

インタビュー画像とともに

「一緒に住んでいたんですけど、しばらくいなくなっちゃんたんです。

もし、本当にやったんであれば、ちゃんと償ってやり直してもらいたい。」

出典;ANN

被害者に謝罪の言葉はないのでしょうか?

親のコメントに違和感を感じるのは私だけでしょうか?

ネットの反応

厳しい意見が多数です。

20歳の成人が三人、16歳の未成年者が一人。

計画的にも思える犯行。何も庇うべき余地のない犯行。厳罰をのぞむ。

引用;Yahoo!ニュース

親も事の重大性がわかってないね。

こいつらの親なら、まあそんなもん。

ほんと被害者は気の毒としかいいようがない。

引用;Yahoo!ニュース

最後の親、のコメントひどいなー

引用;Yahoo!ニュース

16歳の女の子も含めて、無期懲役か死刑でお願いします。

たぶん、この後、生きていても、日本のためにならないと思います。

生活保護受給されるか、税金滞納しちゃうとか…交通事故とか起こされて、将来有望な人を殺しちゃうかもしれないし。

産まれたときには、みんな可能性をもって産まれてくるんだけど、育つ環境如何でこんなに違う方向に行っちゃう人間も出てくるという典型的なパターンですね。

引用;Yahoo!ニュース

ニュースで見たけど、軽自動車に4人車中泊してたらしい

友人にガソリン代を貸してとか言ってたらしいから金に困ってたんだろ

引用;Yahoo!ニュース

かっときて暴行を加えて放火殺人。

本当につらい事件です。

未成年、若者の凶悪な事件が一向に減らないですね。

命の重さを感じてもらいたいです。

ネットのコメントにもありましたが、加害者の親のコメントにしてはひどすぎますね。

亡くなった家族の方の無念を考えると。

更生の問題も今後の日本の課題ではないでしょうか?

亡くなった海老原さんのご冥福をお祈り申し上げます。

このような事件がなくなることを祈るばかりです。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする