福岡修学旅行生の食中毒は博多ではなく、前日の昼食長崎「龍宴」!

福岡で修学旅行生が観劇中に嘔吐や体調不良を訴え、一時騒然としました。 その被害にあった鹿児島市立吉野東中学校の食中毒の原因となった店が27日判明しました。 食べた食材とともに報告します。
スポンサーリンク

事件の概要

福岡市のキャナルシティ内の劇場で23日の夜、鹿児島市から修学旅行に来ていた中学生らが嘔吐するなどして、あわせて40人が病院で診察を受けました。 食中毒の症状があったのは、引率の教師を含む28人です。 出典;テレビ西日本
キャナルシティ博多の場所はこちらです。

中学校名と修学旅行の行程

この被害にあったのは 鹿児島市立吉野東中学校のようです。
出典;吉野東中学校HP
修学旅行は生徒155人と教員9人のあわせて164人が参加していました。 その修学旅行では22日から2泊3日の日程で、長崎、福岡、熊本をまわる予定になったようです。 23日の夜、食中毒の騒ぎで3日目の予定をキャンセルして、学校に帰ったようです。 食中毒の件が報道されたころは、2日目の食事が原因と思われていました。 25日の夜、症状を訴えた4人の便からノロウイルスが検出されて、前日の長崎が怪しくなってきました。  
スポンサーリンク

前日の飲食店「龍宴」で提供された昼食

保健所などの調べで、福岡に来る前日の22日に訪れた長崎での昼食と特定されました。 長崎市平野町の飲食店「龍宴(りゅうえん)」です。
昼食のメニューは、皿うどんやから揚げ、春巻きなどでした。 飲食店の従業員の便と、中学生から検出されたノロウイルスの遺伝子型が一致したということです。 長崎市は、この飲食店を27日から3日間の営業停止処分にしました。 出典;テレビ西日本
原因食材は皿うどんから揚げ春巻きだったようです。 ノロウイルスによる食中毒の場合、原因となる食品を口にしてから発症するまで24時間から48時間の潜伏期間があるということです。 ウイルスが検出された4人は発症までに最長5時間しかたっていないことから、福岡市は前日の長崎の店を疑ったようです。 店が特定されて、少し安心しました。 食中毒で営業停止の龍宴の地図です。

ネットの反応

今回の食中毒で、キャナルシティ博多のイメージダウンは気の毒です。 しかし、きちんとキャナルシティ博多ではないとわかってよかったのではないでしょうか? キャナルシティ博多が気の毒との声がありますが、最もつらい思いをしているのは吉野東中学校の生徒ではないでしょうか? 楽しいはずの修学旅行が、途中で切り上げになる修学旅行って本当に気の毒です。 ネットの声によると、修学旅行でよく利用される店のようなので、今後二度と、このようなことを起こさないようにしてもらいたいですね。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする