貝塚女性の部屋へ押し入る犯人は?現場特定!殺し屋のような手口が恐い!

貝塚市で未明に女性の部屋へ押し入り、殺害しようとする事件が起こりました。 犯人は逃走中です。 犯行現場の特定のと、殺し屋のような手口を調査しました。 地元に土地勘のある頭が切れる人物が犯人でしょうか?
スポンサーリンク

事件の概要

18日未明、大阪・貝塚市の集合住宅の一室に男が押し入り、女性の首を絞めて逃走した。 女性は軽傷を負った。 午前2時前、貝塚市三ツ松の集合住宅で、1人暮らしの29歳の女性が部屋にいたところ、突然電気が消え、男にひものようなもので首を絞められた。 出典;FNN
夜中に襲われるとは無茶苦茶恐い事件ですね。 では、犯行現場を調べてみました。

犯行現場特定

現場は貝塚市三ツ松の集合住宅とあり、まず、ニュースの映像から
出典;FNN
13号の隣の14号のようです。 google mapで同じ画像を発見しました。 では、犯行の手口をみてみましょう。

殺し屋のような手口

今回の手口を聞き、震えが止まらないのは私だけでしょうか?
この住宅に1人で住む女性(29)が部屋でゲームをしている最中に電気が突然、消えたため、玄関にあるブレーカーを見に行ったところ、見知らぬ男が侵入していたということです。男は無言で女性の体を押し、ひものようなもので首を絞めましたが、女性は抵抗して別の棟まで逃げて住民に保護され軽傷です 引用;ANN
整理してみると 部屋の電気が突然消える。 当然、女性はブレーカーの確認に行きます。 おそらく、鍵がかかっていないか、ピッキングをしてか、暗さを利用して部屋に侵入です。 無言で女性の体を押し、ひもで首をしめる。 まるで、殺し屋のような手口ですね。 犯人はどのような人物でしょうか?
スポンサーリンク

犯人は

襲われた女性によると、犯人とは、面識がないとのことです。 年齢は50代くらいのようです。 犯行の手口は衝撃的です。 停電を装い、女性宅に侵入し、ひもで首をしめるという計画的かつ凶悪な犯行です。 女性が1人暮らしであることを知っていたのではないでしょうか? 場所が比較的田舎であるため、ストーカー的に標的とする女性を狙っていたと考えられます。 土地勘があり、頭のいい人物のようですね。 もし、女性がにげられなければ、間違いなく、自宅で殺されていたのではないでしょうか? 女性の証言で気になるのは
女性は玄関を施錠していたかは覚えていない 引用;ANN
戸締りはしっかりやりましょう。 現在逃走中とのことで、早期逮捕を願うばかりです。
スポンサーリンク

ネットの反応

助かってよかった。ブレーカー落として殺しに来るとか、殺し屋みたいだな。 引用;Yahoo!ニュース 
地元の方は安心できませんね。 早期に逮捕してもらいたいですね。 それと、戸締りには念をいれて確認しましょう。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする