鹿嶋学 顔画像と逮捕の決め手は?北口聡美さんの父のブログとは?

14年前の未解決殺人事件の容疑者が逮捕されました。 容疑者の顔画像と、未解決時間がなぜ逮捕されたのかを調査しました。 逮捕を願い、被害者の北口聡美さん家族の14年間の悲痛な思いや、父の感動的なブログを紹介します。
スポンサーリンク

事件の概要

今から14年前の2004年10月5日、中間テストのために午前中に帰宅し、部屋で寝ていた北口 聡美さん(当時17歳)を刃物で切り殺害した事件です。
被害に遭ったのは、当時17歳の女子高校生、北口聡美さん。 事件が発生した日は中間テストのため、午前中に帰宅し自分の部屋で寝ていた。 そこに若い男が侵入。 聡美さんの胸や背中など10か所を刺した。 午後3時ごろ、聡美さんの悲鳴を聞いた当時72歳の祖母と当時12歳の妹が駆けつけると、倒れた聡美さんのそばに、刃物を持った男が立っていた。 男は祖母を刺して逃走し聡美さんは死亡。祖母は重体となり、助けを求めて外にでた妹は無事だった。 出典;NNN
10か所も刺すとは恐ろしいですね。 祖母や妹もとても怖かったのではないでしょうか? では、容疑者は?

容疑者のプロフィール

名前:鹿嶋 学(かしままなぶ) 年齢:35歳 住所:山口県宇部市 職業:建設会社作業員 フェイスブックのアカウントも調べてみましたが、顔画像でかなり似ているものもありましたが、本人と特定することはできませんでした。 検索結果をリンクしておきますので、気になる方はこちらを。

顔画像は?

ニュースの映像より
出典;JNN
スポンサーリンク

逮捕の決め手は

目撃情報もあり、犯人の似顔絵も公開されていました。
出典;JNN
  現場には指紋も残されていましたが、14年間も未解決事件として警察も何とかしたいと思っていたことでしょう。 有力な目撃情報には懸賞金も支払われるようになっていました。
出典;JNN
なかなか、見つからなかった容疑者が逮捕されるのは、ある事件です。
鹿嶋容疑者が山口市内の工事現場で4月初旬、同僚の態度に腹を立てて尻を蹴ったことがあり、これが逮捕の端緒となった暴行事件とみられる。 引用;毎日新聞
この事件で指紋を取られ、警察が過去の未解決事件の指紋と照合し、一致したためです。 別件で逮捕され、指紋の照合が決め手となったようです。
出典;NNN

「SA・TO・MI ~娘への想い~」

この14年間、片時も聡美さんのことを忘れたことがなかったのではないでしょうか? 父親の忠さんは、毎年、命日には警察と協力して、犯人逮捕につながる情報を求め、ビラ配りをしてきました。 また、忠さんは、事件翌年から事件解決を願って「SA・TO・MI ~娘への想い~」というブログを書き続けている。 一部紹介します。 2017.7.4 聡美さんの誕生日のブログ
今日は、娘の誕生日です。 「おめでとう」と言えば「もう、おめでたい歳じゃないよ」と言うかも知れませんし 辛く哀しい別れが無ければ、そんな会話も想像だけで無く実際に出来たでしょうね。 たらればは禁句ですが、今日で30歳を迎えますから どのような大人の女性になって居たのか?気になりますね。 最近は婚期が遅いから、結婚せずに家に居たなら嬉しいような困るような想いだろうし 自分の家庭を持ち子どもが居たなら、ちゃんと子育てしているのか心配してたでしょうね。 出典;SA・TO・MI ~娘への想い~
2018.4.13 逮捕された日のブログ
皆さんもニュースでご存知でしょうけど 今朝、事件の容疑者が逮捕されました。 事件が解決するまで、約13年と6ケ月の期間を必要としましたが 解決するのと未解決では大きな違いがあります。 皆さん、事件解決のご協力と応援ありがとうございました。 皆さんから、ブログへコメントを沢山頂いています。 本来なら、一人一人の方へ書くべきだと感じておりますが この場で、お礼を言う非礼を許して下さい。 よろしくお願いいたします。 娘への報告「事件が解決したよ」と私の胸の中で伝えましたが 「守る事が出来ないで、ごめんなさい」という想いの方が大きいですし これからも、この想いは持ち続けるでしょうね。 引用;SA・TO・MI ~娘への想い~
また、忠さんは鹿嶋容疑者に対してうそ偽りなく真実を述べてほしいと。

犯行動機:追記4月14日16時

北口さんとは面識がなく、犯行について「通りすがりでやった」との趣旨の供述をしていることがわかった。 むちゃくちゃですね。

解明されていく新情報

容疑者、容疑者の父、容疑者の上司のコメントなど、様々な情報がどんどん公開されていきます。 それを、こちらに追記していくことにします。 4月15日21:30   逮捕のニュースの後で様々なことが分かってきましたので、整理しておきます。 〇犯行現場へは宇部市からバイクでむかった。 〇被害者とは面識がない。 〇逮捕の決め手は、会社で後輩に暴行を加え、蹴られた後輩が警察に被害届を提出。 そのため、任意で警察に事情を聴取され、そのとき、犯行現場に残された指紋とDNAが一致。 〇広島県に住んだことはない。 〇自宅から血のついていないナイフ1本押収された。 〇14日現在で反省の弁がない。   〇犯行は通りすがりでやった。 〇父親のコメント入手
鹿嶋 学容疑者の父親は、「気は弱いし、引っ込み思案の性格で、まさかこんなことをする息子とは思ってなかったので、わたしたちもびっくりしている」と話した。 「それ(廿日市市に)は、わたしも連れて行ったこともないし、関係がない。広島でどうのこうのという話は聞いたことも、したこともない。14年間つかえが胸の中にあったと思うので、わたしが早く見つけてやれば、ここまでにならなかったかなと思うと悔やまれてならない」と話した。 引用;FNN
〇元上司のコメントを入手
「あまり目立つ人ではなくて。おとなしい、言葉数の少ない人だった」、「あいさつしても、あまり言葉を出してしゃべることなく、頭を下げるような、そんな感じだった」、「(同僚や上司に暴力を振るうことは?)一切そういうことはなかった」などと話した。 引用;FNN
〇容疑者の父、謝罪の言葉
「私も娘をもつ親。向こうの親も同じ気持ちだろうと思いますので、申し訳なかったですと、気持ちを込め、謝りたい」(鹿嶋容疑者の父) 引用;JNN
本人の謝罪の言葉ではないですが、少しは被害者の父、北口忠さん、救われたのでは? 〇容疑者のコメント入手
「(北口さんとは)面識がなく、偶然見かけて後をつけた。騒がれたので刺した」という趣旨の供述 引用;毎日新聞

ネットの反応

可哀想過ぎる。十四年もぬけぬけと生活してたかと思うと許せない。死刑を願います。 引用;Yahoo!ニュース
裁判でまた辛い思いをしないといけないのか。せめて容疑者は真実を語って欲しい。 引用;Yahoo!ニュース
今までの捜査線上には全く上がってなかったみたいだから、今回傷害で逮捕されなかったら捕まってなかったと思う。 通報した同僚の人がいてくれたから良かった。 引用;Yahoo!ニュース
被害者の必死の抵抗が逮捕に結びついたのですね 引用;Yahoo!ニュース
被害者のお父さんのブログが本当に切ない。犯人は真実を話して欲しい。親はやりきれない気持ちで一杯だと思う。 引用;Yahoo!ニュース
まだまだ、解明されていないことが多いですよね。 父親としては、なぜ、殺されなければならなかったのかが一番知りたいはずです。 遺族としてはつらい思いをまだまだ、強いられます。 真実を明らかにしてもらいたいですね。 まだまだ、つらい日々が続くと思いますが、父親の忠さんをはじめ、遺族にとっては、13日は1つの節目の日だと思います。 また、鹿嶋容疑者はしっかり罪を償ってもらいたいです。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする