鹿嶋学 顔画像は?自宅、彼女は?さらに出身中学、高校は?

14年前の広島県廿日市市で女子高校生が殺害された事件で逮捕された鹿嶋学容疑者の個人情報に迫ります。 顔画像、自宅画像、自宅住所、出身中学、さらに、彼女はいたのかなどを調査しました。
スポンサーリンク

事件の概要

今から14年前の2004年10月5日、中間テストのために午前中に帰宅し、部屋で寝ていた北口 聡美さん(当時17歳)を刃物で切り殺害した事件です。
被害に遭ったのは、当時17歳の女子高校生、北口聡美さん。 事件が発生した日は中間テストのため、午前中に帰宅し自分の部屋で寝ていた。 そこに若い男が侵入。 聡美さんの胸や背中など10か所を刺した。 午後3時ごろ、聡美さんの悲鳴を聞いた当時72歳の祖母と当時12歳の妹が駆けつけると、倒れた聡美さんのそばに、刃物を持った男が立っていた。 男は祖母を刺して逃走し聡美さんは死亡。祖母は重体となり、助けを求めて外にでた妹は無事だった。 出典;NNN

容疑者のプロフィール

名前:鹿嶋 学(かしままなぶ) 年齢:35歳 住所:山口県宇部市東岐波 職業:建設会社作業員 フェイスブックのアカウントも調べてみましたが、顔画像でかなり似ているものもありましたが、本人と特定することはできませんでした。 検索結果をリンクしておきますので、気になる方はこちらを。

顔画像は?

ニュースの映像より
出典;JNN
スポンサーリンク

容疑者の自宅は?

ニュースの映像から鹿嶋容疑者の自宅です。
出典;JNN
宇部市東岐波の地図は 出典;google map ストリートビューの画像や、航空写真より住所の特定を試みましたが、現在のところ、特定できていません。 ニュースの映像をチェックしていますが、田舎であるため、自宅周りの情報が少ないです。 新たな自宅特定につながる映像が公開されるのを期待しています。 特定できたら、追記する予定です。 家族の情報ですが、親と暮らしているようなので、中学は地元の中学と思われます。 そうすると、宇部市立 東岐波中学校になります。 それを裏付ける同級生のツイッターがありました。 市内の私立高校を調べてみると、 宇部鴻城(こうじよう)高等学校、宇部フロンティア大学付属香川高等学校、慶進高等学校の3つがあります。 いずれかではないでしょうか? 追記:14日23時35分
出典;ANN
機械科のある高校は宇部鴻城高等学校、宇部工業高校です。 私立であれば、宇部鴻城高等学校になります。  

彼女は?

殺害したのは21歳のときで、現在35歳なので、妻や彼女がいてもおかしくないですね。 両親と一緒に暮らしていて、独身であることは判明しています。 彼女がいたかどうかですが、様々なSNSの情報をチェックしましたが、有力な情報は入ってきていません。 これも、入り次第追記していく予定です。

解明されていく新情報

14年間、逃げ続けた男が逮捕されたのが、13日。 逮捕のニュースの後で様々なことが分かってきましたので、整理しておきます。 〇犯行現場へは宇部市からバイクでむかった。 〇被害者とは面識がない。 〇逮捕の決め手は、会社で後輩に暴行を加え、蹴られた後輩が警察に被害届を提出。 そのため、任意で警察に事情を聴取され、そのとき、犯行現場に残された指紋とDNAが一致。 〇広島県に住んだことはない。 〇自宅から血のついていないナイフ1本押収された。 〇14日現在で反省の弁がない。 まだまだ、これから新情報がでてくると思われるので追記していきます。 追記:4月15日13:55 〇犯行は通りすがりでやった。 〇父親のコメント入手
鹿嶋 学容疑者の父親は、「気は弱いし、引っ込み思案の性格で、まさかこんなことをする息子とは思ってなかったので、わたしたちもびっくりしている」と話した。 「それ(廿日市市に)は、わたしも連れて行ったこともないし、関係がない。広島でどうのこうのという話は聞いたことも、したこともない。14年間つかえが胸の中にあったと思うので、わたしが早く見つけてやれば、ここまでにならなかったかなと思うと悔やまれてならない」と話した。 引用;FNN
追記:4月15日20:35 〇元上司のコメントを入手
「あまり目立つ人ではなくて。おとなしい、言葉数の少ない人だった」、「あいさつしても、あまり言葉を出してしゃべることなく、頭を下げるような、そんな感じだった」、「(同僚や上司に暴力を振るうことは?)一切そういうことはなかった」などと話した。 引用;FNN
追記:4月15日21:00 〇容疑者の父、謝罪の言葉
「私も娘をもつ親。向こうの親も同じ気持ちだろうと思いますので、申し訳なかったですと、気持ちを込め、謝りたい」(鹿嶋容疑者の父) 引用;JNN
本人の謝罪の言葉ではないですが、少しは被害者の父、北口忠さん、救われたのでは? 追記:4月15日21:25 〇容疑者のコメント入手
「(北口さんとは)面識がなく、偶然見かけて後をつけた。騒がれたので刺した」という趣旨の供述 引用;毎日新聞
騒がれて刺す?10か所も? 追記:4月16日23:35 〇通りすがりで、北口さんをみつけ、わいせつ目的でつけていったようだ。 自宅に侵入したが、騒がれたので殺したと供述。
鹿嶋容疑者は北口さんを「犯行直前に家の近所で見かけて尾行した」という趣旨の供述をしているということです。 また、「騒がれて逃げようとしたので刺した」という供述もしているということです。 引用;JNN

まとめ

仕事場では古株でリーダー的な役割だったようですね。 その職場で話しかけても無視をする同僚を蹴り、その同僚がまさか、被害届を出すとは思わなかったのでは。 意外なところから、犯行が露見したわけですが、そういうかっとする性格がこの犯行に結びついたように思えます。 後輩10か所も刺した犯行の残忍性にも驚きましたが、容疑を認めながら、反省の弁を口にしていないのに驚きます。 毎日のように、解決を願ってきた父親の北口忠さんの心情を考えるといたたまれません。 川嶋容疑者にはすべてを話してもらい、しっかり反省してもらいたいです。
スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする