尾松大義顔画像、フェイスブック特定!関ジャニ横山裕の母校で。体罰前歴が!

中学教師が生徒の首をしめ、投げ飛ばす体罰事件が起こりました。 尾松大義容疑者の顔画像、フェイスブック、出身高校などを特定しました。 勤務先も此花中学で特定。 この此花中は関ジャニ横山の母校のようです。 暴行の内容や体罰前歴がやばいです。
スポンサーリンク

事件の概要

大阪の中学校の教諭が、授業中に男子生徒の首を絞めたり、投げ飛ばしたりしてけがをさせたとして逮捕されました。 逮捕されたのは大阪市立此花中学校の教諭、尾松大義容疑者(33)で、警察によりますと、今月8日の授業中に、教室や廊下で中学1年の男子生徒の首を絞めたり投げ飛ばしたりして首に軽いけがをさせたとして傷害の疑いが持たれています。 引用;NHK
では、尾松容疑者の経歴からみてみましょう。

容疑者のプロフィール、顔画像は

まず、ニュースの映像から
出典;MBS
名前 尾松大義(おまつ ひろよし)
年齢 33歳
住所 豊中市東豊中町
職業 教諭
出身高校 大阪府立刀根山高校
出身大学 関西外国語大学
教科 英語
クラブ顧問 サッカー部
フェイスブックのアカウントの調査を行いましたが、本人と思われるものを発見。 顔画像の映像と同じものを発見。 検索結果をリンクしておきますので、気になる方はこちらまで。
スポンサーリンク

勤務先此花中は横山裕の母校

勤務先の中学校は大阪市立此花中学校です。 この大阪市立此花中学校は関ジャニ∞の横山裕の母校です。
出典;NEVERまとめ 
横山裕さんもこのニュースを聞いて驚いていることでしょう。 では、実際どのような暴行があったのでしょうか?

暴行がヤバい!

8日11時半頃、居眠りする自分のクラスの中1生徒(13)対して、腹をたて
出典;MBS
・右ほほを平手打ち ・手で首をしめつける ・腹を殴る ・数回投げ飛ばす
などをしたようです。 動機は「風紀を乱されたくなかった。」のが理由のようです。 ただ、尾松容疑者は別の生徒に対する体罰で過去に2回、懲戒処分を受けているようで、成長していないのが悲しいですね。 〇追記:3月21日10:40 過去の体罰の時期判明
所属中学 体罰時期 体罰の回数
2009年4月採用
2009年~2011年 大阪市立三国中 2011年 1回目の体罰懲戒
2012年~2019年 大阪市立此花中 2013年 2回目の体罰懲戒
大阪市立此花中 2019年3月 3回目の体罰(今回)
此花区というと、大阪市の区の中で、指導が難しい荒れた区の1つと言われています。 尾松容疑者の動機にあるように、風紀を維持するのに、結構大変なエネルギーがかかるのだと想像できます。 しかし、体罰はいけません。 何度も校長や教育委員会から言われているはずです。 少し気になるのは
警察の取り調べに対して「暴力を振るったが、首は絞めていない」と供述しているということです。 引用;ANN
一部容疑を否認しているようで、尾松容疑者が嘘をついているのか、生徒が嘘をついているのか、どうなのでしょうか? いずれにしても、教師がかっとなって手をだすのは適正に欠けるのではないでしょうか?
スポンサーリンク

ネットの反応

体罰教師、ちょっとやばいですね。 過去に体罰で2回も懲戒処分を受けているのがいただけません。 腹を立てて殴るのは風紀を正す言い訳にはなりませんよね。 十分反省してもらいたいですね。 ただ、卒業生からはきっちり指導できる先生との声もあがっています。 熱心な先生であるのは確かですよね。 でも、今のこのご時世、手をあげると叩かれます。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする