京都東山花灯路2019 アクセス、駐車場、点灯時間、おすすめは?

京都東山花灯路2019のアクセス方法を紹介しています。

電車の場合はお得なチケットの紹介もしています。

車の場合は駐車場とその駐車場に入れるための進行方向なども紹介しています。

ライトアップ時間とともにおすすめのスポットも紹介しているので、是非とも参加してみてください。

スポンサーリンク




京都東山花灯路2019基本情報

京都東山花灯路2019の日程や点灯時間など、基本情報を紹介していきます。

名称 京都・東山花灯路-2019
日程 3月8日(金)~3月17日(日)
点灯時間 午後6時~午後9時30分
事務局 京都・花灯路推進協議会事務局
問い合わせ先 075-212-8173(平日10:00~18:00)
開催場所 東山地域
地図


出典;京阪電車

花灯路とは

歴史ある京都において、21世紀からはじまる京都の夜の新たな風物詩となることを目指して、平成15年3月から東山地域において、「灯り」をテーマとする新たな観光資源の創出事業である『京都・花灯路』が始まりました。
京都を代表する寺院・神社をはじめとする歴史的な文化遺産やまち並みなどを、日本情緒豊かな陰影のある露地行灯の灯りと花により思わず歩きたくなる路、華やぎのある路を演出しています。

平成17年12月からは嵯峨・嵐山地域においても実施しており、12月の冬の京都の風物詩として嵐山花灯路、3月の春の京都の風物詩として東山花灯路が定着しています。


出典;花灯路

アクセス

電車(通常の乗車券)


〇地下鉄東西線で三条京阪駅、東山駅から徒歩。

〇京阪電車で三条駅、祇園四条駅、清水五条駅から徒歩。

大阪方面から特急で約50分。410円(特急料金はなし)


出典;京阪電車

〇阪急電車で河原町駅から徒歩。

大阪方面から特急で約43分。400円(特急料金なし)

〇JRで京都駅→JR奈良線→京阪で祇園四条から徒歩。

大阪方面から京都駅まで新快速で約29分。560円

その後、JR奈良線で東福寺駅まで、東福寺駅から京阪で祇園四条駅まで約18分。270円

〇JRで京都駅→市バスで

大阪方面から京都駅まで新快速で約29分。560円

その後、市バス100番で230円(均一料金)

スポンサーリンク




電車(1DAYチケットなど)

〇歩くまち・京都レールきっぷ(1日版)

有効期間:2018年12月1日(土)~2019年3月31日(日)

阪急電車、京都市営地下鉄、京阪電車、嵐電(京福電車)及びJR西日本の京都エリアが1日乗り放題。

下記の範囲で乗り放題ですが、この範囲外は別途料金がかかりますのでご注意ください。

京都に近い方はお得です。

1300円。大人のみ。

・阪急電車:河原町~洛西口、桂~嵐山
・京都市営地下鉄:全線
・JR西日本:琵琶湖線(山科~京都)、JR京都線(京都~桂川)、
嵯峨野線(京都~亀岡)、奈良線(京都~宇治)
・京阪電車:出町柳~淀、中書島~宇治、御陵~びわ湖浜大津
・嵐電(京福電車):全線(叡山ケーブル、ロープウェイ除く)

〇阪急・阪神1dayパス

阪急電車全線・阪神電車全線・神戸高速全線(西代、湊川を含む)が乗り降り自由。

大人1200円。子ども600円

〇京めぐり

有効期間:2019年1月15日(火)~12月23日(月)までのお好きな1日

・近鉄電車(生駒~近鉄奈良、京都~筒井)1日乗り放題

・京都市営地下鉄・京都市バス1日乗り放題
※京阪バスはご利用になれません。

・京都バス 京都市均一区間および八瀬、大原エリア1日乗り放題
※鞍馬・貴船方面、山間路線、季節運行路線などを除く
※京阪バスはご利用になれません。

・京都市内観光施設等の優待付き

1820円。大人のみ。

〇地下鉄・バス1日券(2日券)

京都市営地下鉄・市営バス,京都バス(一部路線を除く),京阪バス(一部路線を除く)が一日乗り放題です。

京都市内のほぼ全域をこの1枚の乗車券で回れます。

2日券は連続した2日になります。

1日券は大人900円。子ども450円

2日券は大人1700円。子ども850円。


出典;京都市交通局

〇バス1日券

市バスはもちろん,京都バスの均一運賃区間内であれば,1日中何回でもご乗車いただけますので,均一運賃区間内で3乗車以上される場合はお得です。

有効区間があります。次の円の内側のみ乗り放題です。

大人600円。子ども300円。



出典;京都市交通局

上記の円の詳細はこちら「京都市バス路線図」まで。

スポンサーリンク




車で

〇大阪方面から

京滋バイパスから阪神高速8号京都線を経て、鴨川西で降りる。

国道24号線、府道143号線より東山方面へ

〇大阪方面から

名神高速京都南インターより、国道1号線を北上。

京阪国道口を右折。

1号線から府道143号線へ入り、東山方面へ。

〇名古屋方面から

名神高速京都東インターより、国道1号線を西へ。

駐車場情報

京都市鴨東駐車場

この駐車場を利用するときは、川端通りを北から南へ向かい左折で入庫できます。

南から北へ右折では入庫できませんのでご注意ください。

電話 075-551-2034
住所 京都市東山区川端四条上る川端町181番地
営業時間 24時間営業
駐車料金 7:00~翌2:00 30分200円
2:00~7:00  60分200円
最大料金設定 1日券(入庫から24時間)3,800円

※出庫のご精算までに管理事務所にてご購入ください

収容台数 131台(ハイルーフ30台)
取り扱い車両 普通車
高さ制限 ハイルーフ2.1m 普通車1.55m

京都市円山駐車場

この駐車場を利用するときは、東大路通りを北から南へ向かい左折で入庫できます。

南から北へ右折では入庫できませんのでご注意ください。

電話 075-541-6371
住所 京都市東山区祇園町北側
営業時間 24時間営業
駐車料金 普通車30分迄毎に250円(自動二輪30分迄毎に100円)
最大料金設定 なし
収容台数 134台
取り扱い車両 自動車、自動二輪車
車高制限 1.9m

岡崎公園駐車場

この駐車場を利用するときは、二条通りを西から東へ向かい入場できます。

二条通りを東から西へ進んで入庫できません。

さらに神宮通りを南から北へ進んでも入庫できませんのでご注意ください。

電話 075-761-9617
住所 京都市左京区岡崎最勝寺町63番地
営業時間 7:30~23:00
料金 自動車 7:30~23:00 最初の1時間まで500円 以降30分200円
23:00~7:30の1泊 700円
自動二輪 小型(原付及び125cc以下)1日1回300円
大型(125cc超)1日1回400円
自転車 1日1回200円
最大料金設定 1日上限料金 1,300円(日・祝除く)
収容台数 普通車506台
取り扱い車両 普通車・自動二輪・自転車
車高制限 2.3m
スポンサーリンク




おすすめスポット

灯りと花の道

 ねねの道

豊臣秀吉の正室ねねゆかりの高台寺西側にある石畳の道


出典;京阪電車

八坂通り

八坂通りの法観寺(五重塔)がライトアップされ幽玄な雰囲気に。石畳の坂には露地行灯が並びます。


出典;花灯路

二年坂

高台寺から産寧坂へ続く石畳の道。

露地行灯の灯りが、道の両脇を並ぶ古い町を照らします。


出典;京阪電車

産寧坂

清水坂と二年坂を結ぶ石段で、道沿いにならぶ行灯が石畳を照らします。


出典;京阪電車

夜間特別拝観&ライトアップ

清水寺

境内がライトアップされ、青い光のもと、清水の舞台が幻想的に夜空に浮かびます。


出典;京阪電車

時間 18:00~21:00(受付)
料金 大人400円、小中生200円
電話 075-551-1234

高台寺・圓徳院

高台寺では方丈庭園、波心庭、臥龍池、開山堂などがライトアップされます。

圓徳院では、伏見城から移築された北庭、砂紋の美しい方丈庭園がライトアップされます。


出典;京阪電車

時間 日没後~21:30(受付)
料金 高台寺 大人600円、中高生250円
圓徳院 大人500円、中高生250円
電話 高台寺 075-561ー9966
圓徳院 075-525-0101

青蓮院

格調高い池泉回遊式庭園など、境内が神秘的な青い光でライトアップされます。


出典;京阪電車

時間 18:00~21:30(受付)
料金 大人800円、小中高生400円
電話 075-561-2345
竹灯り・幽玄の川

円山公園にて、吉水の小川のせせらぎを竹とろうそくを使って演出。


出典;花灯路

京都いけばな協会
円山公園を舞台に、京都いけばな協会の協力によって、16の美しい華の競演が繰り広げられます。
また、灯りと花の路沿いの10箇所に、いけばなを展示する「いけばなプロムナード」も催されます。

出典;花灯路
お絵かき行灯
イラストやメッセージを自由に描いてオリジナルデザインの行灯を作成。


出典;フェイスブック

狐の嫁入り行列
古来より縁起が良いとされる「狐の嫁入り巡行」が人力車と提灯行列によって再現されます。
期間 花灯路期間中毎日
時間 ①19:00~ ②20:00~ ※時間が変更になる場合あり
コース 知恩院三門→円山公園→長楽間→円山音楽堂→圓徳院→春光院
→高台寺南側道路→高台寺天満宮→高台寺

※この狐の嫁入り行列の情報は2018年版です。

2019年版が入り次第、追記更新する予定です。

スポンサーリンク




ネットの反応


春の気配を感じながら、是非ともライトアップした古都を味わいたいですね。

今年もとっても楽しみですね。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする