大阪万博2025開催決定!素直に喜べない大阪の不安の声はこれだ!

大阪万博2025開催が決定!

道頓堀では決定に喜ぶ大阪の声が聞こえてきます。

その一方で不安の声もあがっていて、世論調査では、賛否は拮抗しています。

不安を抱く大阪府民の声を3つに絞りお伝えします。

スポンサーリンク





開催決定

2025年国際博覧会(万博)が大阪市で開催されることが決まりました。

博覧会国際事務局(BIE)の総会が23日、パリで開かれ、BIE加盟国(170カ国)の代表による2回の投票で、日本がロシアとアゼルバイジャンを抑えた。

国内での大規模万博の開催は05年の愛知万博以来、大阪では1970年以来55年ぶりとなる。

25年万博には、日本のほか、ロシア(エカテリンブルク)とアゼルバイジャン(バクー)が立候補していた。

投票は、パリのOECDカンファレンスセンターで行われた。

引用;朝日新聞デジタル

投票の結果は

一回目

立候補の国 日本 ロシア アゼルバイジャン
都市 大阪 エカテリンブルグ バクー
得票 85票 48票 23票
結果 一位で決戦投票へ 二位で決戦投票へ 落選


出典;FNN

初回の投票でどの国も投票総数の3分の2に届かない場合は上位2カ国で決選投票になる仕組み。

決選投票

日本 ロシア
得票 92票 61票
結果 開催国決定 落選

この結果で日本の大阪で2025年国際博覧会(万博)を行うことになりました。

ただ、大阪万博開催はどれくらい支持されているのでしょうか?

賛否両論

気になる世論ですが、大阪府民の世論調査は数字は拮抗しています。


大阪府民はほぼ、半々のようですね。

では、それぞれの声を聞いてみましょう。

まず、歓喜の声をみてみましよう。

スポンサーリンク





歓喜の声

新聞の号外も配布され、経済効果にも期待されます。

また、今回の東京五輪、大阪万博はまるで昭和の成功体験をなぞっているようですね。

1958 東京タワー竣工 2012 東京スカイツリー竣工
1959 東海道新幹線着工 2014 リニア新幹線着工
1960 安保条約改定 2015 安保法制可決
1964 東京五輪 2020 東京五輪
1970 大阪万博 2025 大阪万博

昭和の経済成長の再現を期待しているような計画です。

その一方で、不安視する声もあがっています。

素直に喜べない大阪の不安の声を詳しくみてみましょう。

スポンサーリンク





不安の声は?

まず、作家の内田樹さんのコメントから

利権がらみの様子がうかがえますね。

3つのポイントにしぼり不安の要素をみてみましょう。

カジノに対する不安

カジノの問題はかなり大きいですね。

大阪は貧困の層がかなり多く、生活保護の金でパチンコをする人もいます。

ここに、パチンコはしないが、カジノは面白そうではまる人も多いのではないでしょうか?

このあたりの手当てがしっかりしない中で、カジノ施設が作られることに不安を感じる人も多いようですね。

外国人労働者増加

労働者だけではなく、観光客としても増えることが、考えられ、治安の悪化も心配されます。

外国人労働者が増えると、移民も増えそうで、少子化の日本で日本人の割合が減りそうですね。

インフラ整備のお金は?


特に、気になるのは舞洲です。

埋め立て地で、災害に対して大丈夫でしょうか?

9月に台風で関空が悲惨なことになりました。

関空連絡橋に船舶激突!漂流の航跡入手!復旧はいつ?関空行きの手段は?

来年の増税が予定されていて、このインフラ整備に想像を超える出費がかかるかもしれません。

今回のことで、商売繫盛で得をする人もいるでしょう。

一方で、増税などで生活が苦しくなる人もいるでしょう。

ますます、格差社会が後押しされそうですね。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする