訃報:小林岳彦教授顔画像は?事故現場特定!教授は何を見ていたのか?

大学教授が不注意で車にぶつかり、亡くなる事故がありました。 小林岳彦教授の顔画像、SNSアカウントの調査を行いました。 また、不幸な事故が起きた事故現場の特定も行いました。 教授は何を見ていたのでしょうか?事故原因をさぐりました。
スポンサーリンク

事故の概要

12月24日午前、東京・足立区で、自転車に乗る男性がワゴン車に衝突し、死亡する事故がありました。
事故があったのは、足立区の国道4号線の交差点。 警視庁によると、24日午前10時過ぎ、国道の一番歩道寄りの車線を走行していた自転車が、交差点で強引に右折しようとして後ろから来たワゴン車と衝突した。 自転車を運転していたのは東京電機大学の小林岳彦教授で、まもなく死亡が確認された。 警視庁は、小林教授の運転が事故の原因となった可能性が高いとみて、詳しい状況を調べている。 引用;NNN
では、被害者はどういう人物だったのでしょうか?

被害者のプロフィール、顔画像

名前 小林岳彦(こばやし たけひこ)
年齢 65歳
住所 不明
職業 大学教授
所属 東京電機大学
専門分野 ワイヤレス工学
  フェイスブックのアカウントの調査を行いましたが、本人の特定には至りませんでした。 検索結果をリンクしておきますので、気になる方はこちらへ。 大学のHPより
出典;東京電機大学
では、実際に事故のあった場所はどこでしょうか?
スポンサーリンク

事故現場特定

足立区の国道4号線の交差点とあります。 ニュースの映像から
出典;NNN
google mapで比較すると 千住宮元町の交差点です。 では、事故原因をみてみましょう。

事故原因は?

自転車が、交差点で強引に右折しようとしたのが原因のようで、ワゴン車の車の運転手に関する情報が全くでてきません。 つまり、ワゴン運転手の過失の割合が極めて低いからなのでしょうか? 被害者の小林教授の方が後方から来ている車に注意せず、急に右折したようですね。 ひょっとして、研究のことを考えながら運転していたのでしょうか? 高齢による不注意でしょうか? 大学教授にもなる偉い人が何に気が取られていたのでしょうか? どこを見ていたのか非常に疑問です。 残念でなりませんね。
スポンサーリンク

ネットの反応

・去年まで授業でお世話になっていたし、友人にも小林教授の研究室所属の人がいる 急すぎる。。。 電磁気の分野ではかなり有名で、JAXAと共同で研究しているというような話も聞いてました まさか、そのような方が自身の不注意によりこうなるとは。 ご冥福をお祈りします。 ・年取って来ると後方確認を、手抜きしちゃうようになるんだよね。 ・無法自転車を取り締まらないからこういう事故が減らない。 車の運転手が可哀想だ 引用;Yahoo!ニュース
かなり、有名な方のようですが、年齢とともに注意が散漫になっていたのかもしれませんね。 亡くなった小林教授のご冥福をお祈り申し上げます。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする