スキー場で医者親子が遭難し、心肺停止。なぜ?顔画像は?

スキー滑走中に遭難していた大人の親子が、遭難してから1日後、遺体で発見された。

なんと、父親は医師。

なぜ、事故に巻き込まれたのか?

顔画像は?

スポンサーリンク



事故概要

1月24日、新潟県妙高市のスキー場で、滋賀県から来たスキー客2人がコースを外れ、道に迷い、行方不明に。

スキー遭難

25日午後、心肺停止の状態で見つかった。

新潟県妙高市両善寺のロッテアライリゾートでスキー滑走中に遭難していた滋賀県大津市の医師、猪飼剛さん(68)と滋賀県草津市の医療事務、猪飼智さん(40)の親子が2018年1月25日午後2時45分頃、遺体で発見された。

妙高警察署によると2人は24日午後、スキー滑走中、道に迷ったため、スキー場へ連絡。

パトロール隊が捜索したが発見できなかったため、スキー場が同1時40分頃、同署に通報した。

天候が悪く視界不良で捜索ができなかったことから同署は同日午後5時頃、携帯電話で2人の位置情報を確認した上で、その場で穴を掘ってビバークするよう指示していた。

その後、この電話を最後に2人と連絡が取れなくなっていたという。

警察や消防など30人が25日午前7時頃から捜索を開始し同日午後2時45分頃、同スキー場で一番上にある山頂付近に向かうリフトの乗り場から約500m西の沢で2人の遺体を発見した。

出典;上越タウンジャーナル

穴を掘ってビバークしていたらしいが、東京で雪が降るほどの寒波がきているとき、もっと寒い雪山で、1晩超すのは、かなり厳しいのでは?

遭難場所は?

事件概要で示した文章からすると

地図の×点あたりか?

妙高ゲレンデ
出典;ロッテアライリゾート

なぜ?

やはり、悪天候による視界不良が考えられる。

遺体発見現場が、山頂に登るリフト乗り場から約500m西から考えて、そのリフトを使うゲレンデで滑走していたはず。

地図から判断し、標高1000m以上なので、吹雪であった可能性が高く、気持ちよく滑れる環境ではなかったはず。

視界が10mぐらいしかなかったのではないだろうか?

スポンサーリンク



顔画像は?

ニュースのなかでは報道されていませんでした。

被害にあった医師の猪飼剛さんは滋賀県医師連盟の委員長を務める社会的地位が非常に高い方のようです。気になる方はそちらをご覧ください。

滋賀県医師連盟のホームページにこちら。

ネットの反応

様々なコメントが寄せられています。

連絡が取れたときはホッとしたかもしれないけれど、気の毒ですね。
あの吹雪じゃ、助けにも行けないですね。

引用;Yahoo!ニュース

吹雪いてるときはほんとに真っ白で全然見えない。

前を滑ってる蛍光色のウエアーの人がかろうじて見えるくらいで、その人を見失ったらコース外に落ちるかもって自分も何回も思ったことあります。

これは他人事じゃないですね。

引用;Yahoo!ニュース

コース外に迷い込んでしまったのか・・

一時は連絡が取れていたので安心していましたが・・

御冥福をお祈りします。

引用;Yahoo!ニュース

自然の力をなめたら怖いわ!意識をもどして欲しい!

引用;Yahoo!ニュース

スキー場はなぜ閉鎖しなかったんでしょうか。

引用;Yahoo!ニュース

自分の意志でコース外出たのだったら、しょうがない。

引用;Yahoo!ニュース

同情する声が非常に多いように思われます。

今回、遭難して、初めは連絡が取れていたので、助かるのではと期待されていただけに、この猛烈な寒波が、視界不良を招き、今回の惨事を発生させてしまったようですね。

人の命を救うという尊いが医師という仕事をされている方が、このような形で亡くなるというのは残念でなりませんね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする