磧本佳巳 顔画像は?犯行現場特定!育児ノイローゼか虐待か?

30日朝、大阪市内のマンションの5階から、母親が2歳の娘を投げ落とし、死亡させるという衝撃的な事件が発生。

磧本佳巳の顔画像、SNSアカウントなどを調査しました。

また、犯行現場も特定しました。

自分の大切な娘を投げ落とし殺害する動機はなんでしょうか?

スポンサーリンク




事件の概要

30日朝、大阪市内のマンションの5階から、母親が2歳の娘を投げ落とし、死亡させた疑いが強まり逮捕された。

逮捕された母親は、5階、高さ12メートルほど上にある自宅のベランダから、2歳の娘を落としたと話していて、警察が詳しい動機を調べている。

現場は大阪市住吉区のマンションで、30日午前9時半ごろ、「子どもが落ちました」と近所に住む女性から119番通報があった。消防が駆け付けたところ、磧本優月ちゃん(2)がマンションの敷地内で、心肺停止の状態で倒れていて、病院に搬送されたが、間もなく死亡した。

引用;NNN

信じられない悲しい事件です。

夫の静止を振り切って投げ落とす:追記30日22時

投げ落とす際の詳細がわかりました。

恐ろしい光景です。

磧本容疑者は夫(36)と優月ちゃんの3人暮らしで、当時3人とも室内にいた。

磧本容疑者は、止めようとする夫を振り切って優月ちゃんをベランダの手すり(高さ約1.1メートル)越しに落としたとみられ、府警が動機を調べている。

引用;毎日新聞

普通の状態ではありませんね。

その後、マンションには叫び声が響きわたったようです。

救助に駆け付ける人たちが行き交い現場は騒然とした。

住人の男性(41)は「あーっ」という叫び声を聞き、自室のベランダから下をのぞくと、女児がうつぶせで倒れているのを目にした。

男性はすぐに駆け付け、心臓マッサージを始めた。

父親とみられる男性も「優月、優月!」と叫び、人工呼吸を試みた

磧本容疑者とみられる女性は近くに座ったまま、放心状態だったという。

引用;毎日新聞

悪魔に取りつかれたような光景が目に浮かびます。

なぜ、母親が自分の子どもにこんなことをしてしまったのでしょうか?

では、母親のプロフィール等をみてみましょう。

磧本佳巳のプロフィール

名前:磧本佳巳(せきもと よしみ)

年齢:31歳

住所:大阪市住吉区苅田2

職業:無職

フェイスブックのアカウントも調べてみましたが、本人の特定には至りませんでした。

検索結果をリンクしておきますので、気になる方はこちら

磧本佳巳の顔画像は?

現在のところ、ニュースの映像等で公開されていません。

公開され次第、追記する予定です。

追記:5月4日21:30


出典;ABC

犯行現場は

大阪市住吉区苅田2まで住所がわかっているので、ニュースの画像とストリートビューの画像でチェックして特定できました。


出典;ANN

ストリートビューの画像は


出典;google map

犯行現場のマンションはメルベーユ長居公園で部屋番号は505号室です。


出典;google map

スポンサーリンク




動機は?

現在、警察が動機について調べています。

公開され次第、追記していく予定です。

ただ、2歳の娘を投げ落とすというのは、育児ノイローゼではないかと考えられます。

磧本容疑者は、当時優月ちゃんと夫の3人で自宅にいたそうです。

2歳というと何でも、いやいやをする時期なので、子どもが言うことを聞かず、かっとなって投げ落としたのではないでしょうか?

日常的に虐待があったかもしれません。

その虐待が一線を超えてしまったという見方もあります。

父親は娘を助けることをできなかったのでしょうか?

貴重な幼い生命が奪われたことがとても残念ですね。

追記:5月4日21:30

その後の警察への取材で、磧本容疑者が「育児の悩みがあった」と話していることがわかりました

ネットの反応


まあ、うるさくてコノヤローって
思うけど、普通なら投げ落とさないよねぇ。、何があったのかな。

引用;Yahoo!ニュース

この夫婦に何があったのでしょうか。子供が気の毒でならない

引用;Yahoo!ニュース

2歳はイヤイヤ期で朝から晩まで本当にしんどいと思う。
ノイローゼだったのかな?
でも投げ落とすなんて絶対にダメ。
投げられた娘さんを思うと辛すぎて無理

引用;Yahoo!ニュース

こんな悲しすぎる事件、なくらないですね。母親がなぜそうなったか今後、未然に防ぐ意味でもちゃんと調べて欲しいです!

引用;Yahoo!ニュース

とても悲しいニュースです。

赤ちゃんはとても怖かったのはないでしょうか?

亡くなった優月ちゃんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする