平尾龍磨 イケメンに?脱走ルートや脱走生活など5つの謎を解明!

平尾龍磨容疑者が脱獄から23日ぶりに身柄確保されました。 平尾容疑者の顔が脱走後イケメンになっているのがネットで話題になっています。 なぜ、イケメンになったのでしょうか? また、潮の流れが速い海を本当に泳いだのか? 尾道から広島までどうやって移動いたのかや、脱獄の動機など、いくつかの謎がありますが、 そうした謎を徹底解明します。
スポンサーリンク

平尾龍磨の顔がイケメンに?

平尾龍磨の逮捕前と逮捕後の画像を比較してみると、ダイエットのCMのように、明らかに違っています。 まず、Twitterでの声を拾うと
出典;Twitter
ややアップの画像では
出典;FNN
驚くことに、脱走生活をしていたのに、見た目がきれいですね。 髭や頭髪が整っていて、おまけに頬がふっくらしていたのが、痩せて精悍な感じです。 特に顔が痩せている点、目が優しい目から、戦い終えたスポーツマンのような目になっています。 脱走生活で体重が落ち、普通のダイエットしたのと同じ状態ではないでしょうか? ネットの声をもう少し拾うと 次の大きな謎の一つに海を本当に泳いだのか?いつ、どこを泳いだのかを調査しました。

本当に泳いだの?

どこを泳いだかははっきり公開されていませんが、今のところ、2つの説があります。

尾道水道を潮が止まる瞬間に

本州と向島を隔てる尾道水道は川のように流れが速いことで有名です。
出典;FNN
本州までの最短距離は、約200メートルで、肉眼でも対岸が見える距離。 ただし、潮な流れが速く、かなり難しいといわれています。 ただ、タイミングがよければ、泳ぐことは可能のようです。 そのタイミングは潮止まりです。
「潮の干満で、満潮になったんで、1時間ほどで潮が止まるんですよ。このぐらいの距離なら、もう島の子なら、子どものころは平気で泳ぎますよ」などの話が出ている。 引用;FNN
平尾容疑者は、24日まで向島に潜伏していたようです。 25日の午前0時34分には干潮を迎えていて、干潮になると、潮の流れが緩やかになるため、泳いで渡ることも可能。 ただ、デメリットも考えられます。 護岸工事が進んでいるために、上陸できる場所が桟橋に限られ、発見される可能性が高いのです。

向島から東側の浦崎町へ渡るルート

出典;FNN
泳ぐ距離は2倍になりますが、人目につきにくく、尾道水道の中心に比べて、流れが穏やかなので、こちらのルートを取った可能性も十分考えられます。 追記:2日23:50 泳いだ後の服装が気になりますね。 着替えたのか、濡れたまま、乾くのを待ったのか?
平尾容疑者は泳いだ時に「着替えはポリ袋に入れて首などに結び付けて泳いだ」などと供述しているということです。 引用;ANN
追記:5月6日18:30 泳いで渡った理由は
検問が終わりそうにないので決心した 引用;日刊スポーツ

脱獄の動機は?

本来、塀のない刑務所は模範囚が入るとされています。 なぜ、脱獄したのか、常に話題となっていました。 平尾容疑者が隠れていたとみられる向島(広島県尾道市)の留守中の家屋から、脱走理由などが書かれたメモが見つかったようです。 そのメモには、「刑務所内の人間関係に悩んで逃げた」と。 さらに、捜査関係者によると、
刑務所から脱走する前、周辺に刑務官への不満を漏らしていたということです。 引用;JNN

向島での生活は?

逃走生活では基本的に空き家に潜伏していたようです。 屋根裏に隠れ生活していたようです。 潜伏していた別荘には家財道具が備え付けられていて、屋根裏にはテレビや生活用品が持ち込まれていたようです。 この家の屋根裏に潜んで、情報などをチェックしていたようです。
出典;産経COM
この別荘から平尾容疑者の指紋など複数の痕跡が見つかっています。 追記:2日23:50
平尾容疑者は向島での潜伏先は2カ所だったと話しているということです。 1カ所はテレビなどを屋根裏に持ち込んでいた別荘で、潜伏先のもう1カ所は「車をお借りします」とのメモが見つかった窃盗事件の現場の近くにある空き家でした。 引用;ANN
スポンサーリンク

逃走ルートは?

〇4月8日 今治市の松山刑務所大井造船作業場から脱獄。 向島の尾道大橋まで車を盗んで移動。
出典;google map
盗まれた車が、向島の尾道大橋近くの路上で見つかった。 〇4月9日から4月24日まで 向島に潜伏。 特に、尾道市の向島の向東町に。 なぜなら、盗難が相次いでいたため。 別荘の屋根裏などで過ごした模様。  
出典;google map
地図の色のついた部分が向東町です。 24日まで向島に潜伏していた。 〇4月24日か25日に 本州まで泳いで渡る。 〇4月25日~30日 バイクを盗んで広島県竹原市まで移動し、 JR呉線の安芸長浜駅から広島駅へ
出典;google map
追記:5月6日18:30 本州側へ渡った後も民家の屋根裏に潜伏していたようです。
民家には男性居住者がいる中、大胆に5日間も潜伏したが、男性は留守がちで気付いていなかった。 引用;日刊スポーツ
  〇4月30日 午前11時すぎ 広島市内のネットカフェの店員が平尾容疑者に気づき110番通報。 ネットカフェの画像と、ネットカフェと逮捕現場の位置関係の画像です。
出典;JNN
〇4月30日午前11時40分頃 広島市南区 荒神町小学校裏の路上で身柄を確保される。
出典;JNN
場所は 出典;google map

まとめ

23日に渡る逃走劇が終わり、警察の方、向島の方、ほっとしているのではないでしょうか? このあとも、様々なことが公開されることでしょう。 必要に応じて、追記していく予定です。 また、23日に渡る捜査で、警察の人件費も膨大だったと予想されます。 気になる方はこちらの記事まで。 最後にネットの声を紹介しておきます。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする