小林光則、美和さん顔画像?スリッパ、催涙スプレー使用の犯人像は?

茨城県境町で23日未明、殺人事件が起こりました。

小林光則さん、美和さんの顔画像調査を行いました。

襲われた家族は、どこで寝ていて、どの程度のけがだったのかなども調査しました。

もっとも気になるのは、犯人像ですが、あらゆる角度から分析、考察をおこないました。

スポンサーリンク

事件の概要

9月23日午前0時40分頃、茨城県境町の住宅で殺人事件が起こりました。

事件が発覚したのは「助けて。」という110番通報でした。

警察が駆け付けたところ、2階の寝室で小林光則さん(48)と妻の美和さん(50)が布団の上に倒れている状態で死亡しているのが見つかりました。

2人の遺体には首や顔などに切られた傷があったということです。

小林さん夫婦は子ども3人との5人暮らしで、2階の子ども部屋にいた13歳の長男は足を数カ所切られ、11歳の次女は手に薬品のようなものをかけられてどちらも病院へ運ばれましたが、命に別状はありません。

また、21歳の長女は1階にいて無事でした。警察では長女が通報していないことや110番してきた女性が自分の名前のような言葉を言っていたことから、電話を掛けてきたのは死亡した美和さんとみています。


出典;ANN

では、被害にあった家族の情報を整理していきましょう。

小林さん夫婦の顔画像

ニュースの映像から


出典;朝日新聞デジタル

2人とも優しそうな顔ですね。

近所の評判もとてもよく、恨みを買うような人でないという証言が得られています。

家族構成や襲われた状況を整理することのしましょう。

家族構成は?

まず、亡くなったのは小林さん夫婦です。

名前 小林光則 小林美和
年齢 48歳 50歳
住所 茨城県境町若林
職業 会社員 パート従業員

残された3人の子どもは

長女(21)大学1年生:1階で寝ていて無傷

長男(13)中学1年生:足を数か所切られる

次女(11)小学6年生:手に薬品のようなものをかけられる。

2階で寝ていた4人が襲われています。

当初、1人だけ無傷の長女が怪しいという声がネットでも上がっていました。

この予測は違うようで、犯人は外部から侵入してきたようです。

スポンサーリンク

犯人像は?

 犯人の侵入経路ですが、小林さん宅はまわりに人がいない森に囲まれた一軒家です。


出典;FNN

 


出典;google map

さらに、施錠されていない場所が複数あったようです。

寝ている間に苦労せずに小林さん宅に侵入できたようです。

今回、判明した情報は

・スリッパを室内で使用し、殺害後、家の外に脱ぎ捨てる

・催涙スプレーを持参

・凶器の刃物は持ち帰った模様

・マスクをした男

この情報から犯人は、とても慎重で、頭が良い人物ではないでしょうか?

証拠を残さないように非常に配慮していますね。

寝ている時間に襲うのにわざわざ、催涙スプレーを用意しているところも用心深い人物のようです。

では、なんのために殺害にきたのでしょうか?

動機について調べてみましょう。

動機は?

このような殺害のされ方から怨恨を疑いますね。

ところが、小林さん夫婦は非常に評判がいい夫婦だったようです。

 

「(夫婦は)本当にいい人なんだから。間違いない。お父さんはよく、子どもに野球を教えていました。お父さんも、優しい人でしたよ」と話した。


出典;FNN

顔見知りの犯行は怨恨。

顔見知りでない犯行は、

①強盗目的で侵入し、みつかって殺害

②無差別の快楽殺人

通常では①の可能性が高いのですが、物を取るのにまず、1階から捜すはずですよね。

1階の長女が襲われていないことから、何かしっくりきませんね。

②のように殺すことを目的に侵入してきたのかもしれません。

本当の動機は犯人が逮捕されないことには、謎のままですね。

〇追記:9月30日0:10 顔見知りによる強い怨恨か?

ここへきて、顔見知りによる怨恨の線が強くなってきました。

夫婦の遺体にはいずれも、刃物による傷が約10カ所あり、心臓などがあって致命傷になりやすい上半身に集中していた。

引用;産経新聞

そして、目立った物色の痕跡がないことから、物取りでなく、殺害を目的にきているのではないでしょうか?

スポンサーリンク

ネットの反応

 

治安の悪い場所なのでしょうか?

そうであるならば、施錠していない箇所が複数あったのは、お粗末だったかも。

やはり、小林さんの人を疑わない、いいひとだったようですね。

早く犯人を捕まえて、安全を取り戻してもらいたいですね。

遺族の方がコメントを発表しています。

深い悲しみにあるようで、遺族の悲しみを察するとともに、亡くなった小林さん夫婦のご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク