小山涼介顔画像、SNS、不適切動画は?バイトテロで失うものは?

イエローハットの店舗でホイールに火をつける動画などがインターネットを通じて拡散した問題で2人の男が逮捕されました。

小山涼介容疑者の顔画像、SNSのアカウントの調査を行い、特定に成功。

さらに、動画もモザイクなしでみることができます。

店舗も特定も報告します。

このバイトテロで失うものが非常に大きいのですが、何を失うのか具体的に調べました。

スポンサーリンク

事件の概要

静岡県富士市のイエローハットの店舗でホイールに火をつける動画などがインターネットを通じて拡散した問題で、警察は、ホイールに火をつけたとして男2人を逮捕した。

逮捕されたのは、富士市の小山涼介容疑者(27)と土屋博紀容疑者(21)の2人。

警察の調べによると、2人は去年4月ごろ、富士市内のイエローハットの店舗で自動車用ホイールに火をつけたもので、その様子を映したとみられる動画はインターネットを通じ拡散していた。

引用;NNN

その小山涼介容疑者のユーチュブの動画からです。

今回の逮捕でアカウントの凍結もありえますので、Twitterでも紹介しておきます。


ちょっと信じられない行動ですね。

逮捕された容疑者のプロフィールから

容疑者のプロフィール、顔画像

逮捕されたのは2人います。

1人は動画に写って入る人物です。

名前 小山涼介(こやま りょうすけ)
年齢 27歳
住所 静岡県富士市
職業 元イエローハット店員

そして、もう1人は、燃やす動画を撮影した人物でしょうか?

名前 土屋博紀(つちや ひろき)
年齢 21歳
住所 静岡県富士市
職業 元イエローハット店員

小山容疑者の顔画像はフェイスブックや動画から


出典;Twitter

フェイスブックのアカウントはこちらです。

今回、逮捕になったのは理由は何でしょうか?

スポンサーリンク

不適切動画で逮捕の訳は?

今回の逮捕容疑は、現住建造物等放火未遂の容疑です。

ホイールに火をつければ、倉庫に燃え広がる危険性が認識できたうえでの犯行と判断し、2人を現住建造物等放火未遂の疑いで逮捕した。

引用;NNN

作業場の建造物の中で火を燃やしています。

当然、燃える可能性がありますよね。

店に対する損害うんぬんではなく、放火未遂で逮捕になったようです。

店舗特定

この騒ぎがあったイエローハットの店舗は富士市の富士青葉通店のようです。


出典;NNN

若者が調子に乗って悪ふざけでユーチュブにアップしているようですが、この行為は若気の至りでは済まないほど失うものが大きいです。

最近あった、バイトテロの実例を振り返りながら、失うものをみてみましょう。

スポンサーリンク

バイトテロで失うもの

バイトテロ実例

バーミヤンで調理している男性が鍋の炎でタバコの火をつける

セブンイレブンで男性アルバイトが箸でつまんだ白滝を口に入れ、もどす

ファミリーマートで男性従業員が商品のパッケージやペットボトルの蓋をなめる

くら寿司でアルバイトがゴミ箱にいれた魚の切り身をまな板にもどす。


出典;FNN

2019年の実例でこんなにある訳です。

企業にとってはイメージダウンは計り知れないですね。

では、この行為で本人はどのような損失があるのでしょうか?

このようなバイトテロがあれば、すぐさま報じられ、本人の特定がなされます。

そのことを踏まえて弁護士の先生のコメントに基づいて報告しますね。

失うものは

〇会社から訴えられると損害賠償請求がなされるでしょう。

その額ですが

問題は、その損害の範囲がどこまでなのか、企業の価値をどれだけ棄損したのか、数値にするとどれだけの損害になるのかということです。

例えば、ああいう動画をお客さんが見たら、そんなお店には行きたくないとなって売り上げが落ちるでしょう。
1店舗の売り上げが1日あたり10万円下がったとすると、1か月で300万円、それが1年続くとなったら3600万円。

引用;FNN

一例ですが、3600万円とはかなり大きいですね。

要するに数千万単位の金銭的損失です。

ただし、未来永劫ではなく、一定期間で算出されます。

〇個人情報が暴かれると就職に大きなマイナス

就職の際に、大手企業ではSNSのチェックがなされる場合もあるようです。

人事考課、採用面接の際などにSNSなどをどこまで調べるかは、企業によるとしか言えません。
うまくいけばチェックをかいくぐって、就職できるかもしれません。
しかし、一流企業と呼ばれるようなところは、そのあたりまで結構シビアに調べることが多いと聞いています。

また履歴書の賞罰欄には、有罪判決を受けたことや、一般的には懲戒解雇されたことも書くとされています。
賞罰欄があるのに書かないと「経歴詐称」ということになり、それだけで懲戒解雇の対象とされます。

引用;FNN

経歴詐称で懲戒解雇の強烈ですね。

当然といえば当然ですが。

企業の利益を守るため、過去にバイトテロを起こした人物など採用したくないのは当たり前ですね。

個人情報が暴かれると結婚に大きなマイナス

結婚となると、親御さんがお相手の経歴を調べるかもしれません。

探偵を使って、相手方の素性調査がかなり行われているようです。

もちろん、全員の親がする訳ではないので、人によるとしか言えませんが、影響がでないとは言い切れませんね。

バイトテロを起こした人物を家族にしたい人はまず、いないのではないでしょうか?

探偵でなくても、誰かが気づけば、結婚は白紙になるのではないでしょうか?

ただし、恋愛にはあまり影響しないかもしれません。

ネットの反応


大人のすることとは思えませんね。

この行為で失うものを想像できないのでしょうか?

ネットでも幼すぎるなど、理性が欠けた行為に批判の声しかありません。

十分反省してもらいたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする