ネットスクウェア喪中はがきスマホ注文方法をスクショで詳細解説

会社員の浩さん会社員の浩さん

喪中はがきは出さないといけないんだけど、情報ツウの裕子さん、教えてよ。急に父がなくなり、やること一杯あって大変。役所の届、年金の届け、位牌の作成、四十九日法要の打ち合わせ!?素早く、安く、楽に頼めるところはないかな?


情報ツウの裕子さん情報ツウの裕子さん

大変ですよね。ネットスクウェアは喪中はがきのテンプレーとを選ぶだけだい、一番いいと思いますよ。


会社員の浩さん会社員の浩さん

ネットスクウェアって、パソコンでやらないといけないのか?


情報ツウの裕子さん情報ツウの裕子さん

スマホでも簡単に頼めますよ。


会社員の浩さん会社員の浩さん

ネットスクウェアって、?安いだけで質が悪くない?


情報ツウの裕子さん情報ツウの裕子さん

質も悪くないですよ。では、こちらの記事でみていきましょう。

☆喪中・年賀状なら【ネットスクウェア】☆

ネットスクウェアのサービス概要

ネットスクウェアは年賀状の印刷をインターネットで受けていて、非常に安く人気の会社です。

年賀状だけでなく。喪中はがきも行っていて、9月22日までは65%オフのキャンペーンを実施しています。

ネットスクウェアHPのトップ
ネットスクウェアHPのトップページ

 

ネットスクウェアの特徴として

3大特徴

①低コスト

②種類が豊富

③申し込みのしやすさ

この記事ではスマホでも簡単にできる申し込みのしやすさと失敗しがちな注意点を優先的にお伝えします。

最後に他者との値段の比較、種類、さらに評判もまとめました。

スマホで注文してみました

ログインは☆喪中・年賀状なら【ネットスクウェア】☆から

見積もりを取ります

ポイント1:宛名印刷をしないのであれば、マイページ登録は不要

年賀状印刷の場合はマイページ登録が来年のことを考えると便利ですが、喪中はがきは滅多にないことなので、私はマイページ登録なしですすみました。

【スクショ1】

カンタン見積もり
カンタン見積もり最初の画面


注文の種類、枚数、決済方法を選択します。

【スクショ2】見積もり条件の入力(青矢印)

見積もり条件入力
見積もり条件入力

 

【スクショ3】見積もり確認

見積もり確認
見積もり確認

 

合計金額はハガキ代があるので高いですが、実際にネットスクウェアに払う印刷代は青枠の2500円です。

140枚の注文でわずか2500円(あとでこの数字は他社と比較してみますね。)

 

デザイン選択

デザインの選択方法は3つあります。

デザイン選択方法

・デザインカテゴリー(白黒・カラー・薄墨風)から

・おすすめデザイン(モダン・花・趣味・白黒定番・カラー定番・横書き)から

・ランキングから(2020年9月表示されません。)

【スクショ4】カテゴリー、デザインから

カテゴリー、デザインから
カテゴリー、デザインから選択

 

【スクショ5】ランキングからと喪中白黒の例

ランキングと喪中白黒の例
ランキングと喪中白黒の例

 

私は面倒なので白黒で画面をチェックしながら選びました。

大差はないですが、父親なので花ではないなと考え、山好きだったのでM004とM025から選びました。

喪中はがきの種類:130種類

・喪中白黒  48種類

・喪中カラー  58種類

・喪中薄墨風  8種類

・喪中薄墨カラー 16種類



宛名印刷の確認

宛名印刷の確認をしてきます。

宛名印刷する場合はログインし直しましょう。(マイページを作成すること)

【スクショ6】宛名印刷の確認

宛名印刷の確認
宛名印刷の確認


宛名印刷しない場合は1つ下にスクロールして宛名印刷入らないを選択して注文。

【スクショ7】宛名印刷なしで注文

宛名印刷なし
宛名印刷なし

 

デザイン、枚数の確認

デザイン、枚数の確認になります。

下の方に見積もりも表示されます。

【スクショ8】デザイン、枚数の確認

デザイン、枚数の確認
デザイン、枚数の確認

 

字の大きさも確認できます。

【スクショ9】字の大きさ

字の大きさ
字の大きさ

 

差出人情報と文面の確認

住所の入力は郵便番号での自動入力が便利です。

都道府県が表示されます。

大阪府大阪市などはくどいので注意しましょう。

数字で入れても漢字で表記されます。

【スクショ10】差出人情報入力

 

差出人情報の確認
差出人情報の確認

 

メインの文面は丁寧にチェックしましょう。

名前はもちろん、続柄も出す人により違います。

【スクショ11】故人の情報の入力

故人の情報の入力
故人の情報の入力

 

80歳の男性が亡くなった場合

75歳の妻からみると夫

50歳の息子からみると父

このような場合、2種類作成になります。

同時注文した場合、割引きが適応されますが、あとから注文した場合、割引は適応されません。

ポイント2:2種類以上注文するときは同時注文にすること。(複数注文割引き有り)

翌営業日出荷☆喪中・年賀状印刷はネットスクウェアで

プレビューの確認

ここはめちゃくちゃ大事です。

じっくり確認しましょう。

ネットスクウェア側も「この入力で間違いないですか?」と念を押して確認してきます。

思い込みがないようにしましょう。

【スクショ12】

プレビュー
プレビューの確認

 

【スクショ13】チェックマークで再確認

 

再確認
再確認チェックマーク入力

 

住所、電話番号、メールアドレスを入れた場合、住所、電話番号の数字ははすべて漢字に変換されます。

さすがにメールアドレスの数字はそのままです。

【スクショ14】漢字で表記されます。

文面
漢字になる点に注意

 

決済の前に追加注文

追加注文のない方は、そのまま決済にすすみましょう。

2種類以上注文される方は、決済前にお忘れなく。

料金確認のこの段階で赤矢印の「もう1つ注文する」をタップしましょう。

【スクショ15】追加注文をタップする

追加注文
追加注文はここで

 

注文Bとして2つ目を注文します。

枚数を新たに入力。

当然、故人との関係、差出人情報を新たに入力。

【スクショ16】追加注文の画面

追加注文
追加注文の入力

 

複数注文でさらに割引きです。

【スクショ17】複数注割引き

複数注文割引
複数注文割引

 

同時注文割引

・同時2件400円割引

・同時3件600円割引

・同時4件800円割引

・同時5件1000円割引

同時注文割引
同時注文割引のイメージ

注文者情報と支払い方法の確定

あとは注文者情報を入力です。(画面上の「差出人情報反映」が楽です。)

さらに支払い方法の入力。

実は、このネットスクウェアのデミリットの1つに注文方法は2つしかありません。

クレジットカードか代金引換のみ

銀行振り込みやラインペイ、キャリア決済などは使えない。

ポイント3:決済はクレジットカードか代金引換の2択のみ

【スクショ18】

差出人情報
差出人情報と支払い方法の選択

 

ネットで喪中はがきを注文できる会社ではほとんどが銀行振り込みやペイパル、ペイペイなど様々な支払方法があります。

納品先の住所です。

納品先は1か所しか指定できません

配送業者も指定できません。

送料は無料です。

宛名印刷の有無、注文枚数で決まっていてヤマト運輸の「ネコパス」佐川急便の「飛脚宅配便」です。

佐川急便のみ、時間指定ができます。

【スクショ19】お届け先の確認

お届け先確認
お届け先確認

 

最終確認

 

最終確認のスクショの画像をみせます。

【スクショ20】送付先住所の確認

送付先住所の確認
送付先住所の確認

 

買い物かごの個数、印刷される文面の確認をしましょう。

いよいよ最終段階で来年の干支の牛がゴール間近です。

【スクショ21】最終画像確認

最終画像確認
最終画像確認

 

 

注文A,注文Bともに確認すると、注文を確定し、注文完了です。

【スクショ22】注文完了画面

注文完了
注文番号を控えよう

 

納品は10月上旬から注文順に発送されます。

注文番号を必ず控えておきましょう.。

〇2020年10月2日追記 9月中旬に注文した商品が10月2日に届きました。

ハガキ代が140枚かかっていて、8820円かかります。

実質の費用ですが、12199-8820=3379円です。

140枚で3379円なので1枚あたり、24.1円になります。

翌営業日出荷☆喪中・年賀状印刷はネットスクウェアで

ネットスクウェアは本当に安いのか

最大のライバルと言われるおたより本舗と細かく比較してみます。

ネットスクウェア おたより本舗
印刷料金 挨拶文面の印刷が圧倒的に安い 挨拶文面の印刷費が安い宛名印刷が無料
宛名印刷 1枚10円(100枚程度なら有料でも安い) 無料
出荷日 翌営業日出荷(17時までに発注完了なら) 最短、当日出荷(12時まで発注完了なら)
用紙 郵便はがき 郵便はがき または 私製はがき
デザイン数 130 388
決済方法 クレジットカード、代金引換(現金のみ) クレジットカード、代引き(現金、クレジットカード、デビットカードも利用可)、コンビニで後払い(手数料税別300円)、    LINE PAY、キャリア決済(ドコモ、AU、ソフトバンク)、    アマゾンアカウント

では、具体的に数字を出して比較してみます。

大きな違いは宛名印刷が無料か有料か。

企業などで数を注文すれば、おたより本舗が安いのは自明でしょう。

個人が依頼する前提で50枚で複数注文なしで考察してみました。

50枚モノクロ(最安の商品)で比較 ネットスクウェア おたより本舗
宛名印刷なし 4,771円 4,769円
宛名印刷あり 5,271円(宛名印刷1枚10円を加算) 5,262円(宛名印刷無料)

この2社では大差ないのですが、他の業者も入れて比較しましょう。

安いと言われている5社のデータです。

枚数別比較表
枚数別比較表

引用;喪中印刷安い

やはり、ネットスクウェアは圧倒的に安いと言えます。

ネットスクウェアを利用する方がネットスクウェアを選んだ理由ですが、

ネットスクウェアの利用者アンケート
ネットスクウェアの利用者アンケート

 

引用;ネットスクウェア

「価格の安さ」が1位です。

それでいて、満足度も高い。

はじめ、心配してほいた「安かろう悪かろう」ではなく、質もいいと言えるでしょう。

最後にネットスクウェアを利用してみて感じたメリットとデミリットを紹介しておきます。

翌営業日出荷☆喪中・年賀状印刷はネットスクウェアで

ネットスクウェアの


デメリット、おすすめしない人

〇写真を使いたい人はおすすめしません。

年賀状の口コミでネットスクウェアの写真の評判が悪い口コミが数件みられました。

写真の質が悪いと言う残念だと言う声です。

全体の数からするとあまりないかもしれませんが、写真を使う場合は、おすすめしません。

〇がっかり

安さにつられてしまいました
見本と色もちがい
くすんだかんじでした
今まで利用してたところにまた来年はお願いしたいと思います。

2018.11.1

〇最悪の画質

どうしてこんなに画質が悪いのでしょうか?ここまで悪いのに返品不可とかあり得ない。もう絶対注文しません

2019.12.10

引用;みん評

〇デザインを求める人には物足りないかも。

たくさんの種類がありますが、細かく凝りたい場合は他社の方がもっと種類があります。

〇配送業者が指定できない

宛名印刷なし、160枚以下はヤマト運輸の「ネコパス」です。

こちらは、直接、手渡しではなく、普通の郵便物と同じでポストに投函されます。

このことに不安を感じる方は辞めておきましょう。

〇決済手段が2つしかない。

今のこのご時世では考えがたい対応です。

いろんな支払い方法が増えてきているのに、どうしてなのでしょうか?

私は支払いはクレジットカードを愛用しているので困りませんでしたが、カードを持っていない方、ネットでカードを使いたくない方は非常に困るでしょう。

ここは早急に改善してほしいところです。

メリット、おすすめできる人

費用を安く抑えたい人

とにかく、費用が圧倒的に安いです。

サイトが非常に使いやすい。

実際に使ってみて、ストレスなしに注文できました。

ストレスなしに140枚の見積もりが簡単に取れました。

見積もりを取るのに、画像、宛名印刷の有無、枚数、支払い方法などをすぐに選択できます。

競合他社のおたより本舗は、見積もりを取るだけで疲れてしまいました。

サイトがわかりにくく、離脱する人が多いでしょう。

細かい分類、うんぬんより、見積もりの取りやすさが全然違います。

忙しい人

サイトが使いやすいので、スマホでも楽に注文できました。

急に不幸が来て、やるべきことが多い方にはおすすめです。

速くできても。質が保たれているので安心です。

複数のパターンで文章を作成する人

2つのパターンで400円引き、5つのパターンで1000円引きです。

安いところにさらに安くなります。

翌営業日出荷☆喪中・年賀状印刷はネットスクウェアで