梅村哲史顔画像、SNSは?女子中学生誘拐は出会い系!パパ活が危険!

愛知県で女子中学生が誘拐される事件がありました。

梅村哲史容疑者の 顔画像、SNSのアカウントの調査を行いました。

犯人の居場所を特定したのは何かも調べました。

今回の事件もパパ活が関係あるようですが、パパ活の危険度も報告します。

事件の概要

愛知県で女子中学生を誘拐する事件がありました。

警察によりますと、梅村容疑者は愛知県岡崎市内に住む女子中学生(13)が未成年者と知りながら、「どこでも拾いに行くよ」などと誘惑し、4日午後3時50分ごろ、名古屋市港区の地下鉄「港区役所駅」付近から車で誘拐し、午後8時24分ごろまでの間、大府市の自宅アパートに連れ込んだ疑いが持たれています。

調べに対し、梅村容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているということです。2人は去年5月ごろから出会い系アプリで知り合い、連絡を取っていたということです。

引用;中京テレビ

では、容疑者はどのような人物でしょうか?

容疑者のプロフィール、顔画像?

名前 梅村哲史
年齢 37歳
住所 愛知県大府市
職業 会社員

フェイスブックのアカウントの調査を行いましたが、本人の特定には至りませんでした。

検索結果をリンクしておきますので、気になる方はこちらまで。

なお、ニュースの映像などで顔画像は現在のところ、公開されていません。

公開され次第、追記していく予定です。

誘拐した場所は?

名古屋市港区の地下鉄「港区役所駅」付近から車に乗せたとあります。

その場所から大府市の自宅まで連れていったことになります。

地図で確認すると

20分から30分ぐらい、車に乗せて誘拐したことになります。

では、どのようにして、警察は居場所を特定したのでしょうか?

居場所の特定の方法は?

最新の技術が役に立ちました。

女子中学生の父親が、4日午後7時すぎに行方不明届を警察に提出し、携帯電話の位置情報をたどって警察官が2人を発見したということです。

引用;中京テレビ

携帯電話のGPS機能のようです。

7時過ぎに届け、8時24分に逮捕しているので、特定まで約1時間くらいです。

警察で事情を把握するまで、それなりの時間がかかったと思われるので、調査してすぐに特定できたのではないでしょうか?

パパ活が危ない!

SNSの出会い系で知り合ったとあることから、おそらく、ツイッター、インスタなど使用していたのではないでしょうか?

ツイッターなどで「#パパ活初心者」「#パパ活愛知」「#パパ活JC」「#パパ活」で検索するとたくさんの投稿がチェックできます。

パパ活の内容はご存知の方が多いと思われますが、簡単に説明すると、

パパ活とは、パパと呼ばれる男性と食事やデートなどを行い、金銭的授与を受けることを指す。実態は必ずしもそうではないが、基本的に“性的関係を前提としない”とされている。

引用;東洋経済

さらに

 「#パパ活JC」の「JC」とは女子中学生を意味しており、同様に「#パパ活JK」の「JK」は女子高生を意味する。

引用;東洋経済

女子中学生や女子高校生にも援助交際というと買春というイメージがあり、ハードルが高いが、パパ活というと、食事やデートだけというイメージでライトな感覚

小遣いを稼ぐ目的で年上の男性に会う、一方の男性は身体目的で、そのため、パパ活を甘くみて、つらい思いをしている例が多いようである。

佐藤英視 顔画像は?中1少女を騙したSNSは何? 手口がやばい!

今回事件のあった愛知県警少年課が2018年10月より、ツイッター上で児童買春防止に力を入れています。

児童買春を引き起こすようなツイートには次のような文面が送られてくる。

「こちらは愛知県警少年課です。このツイートは児童買春などの被害につながるおそれがあります。また、見ず知らずの相手と会うことは、誘拐や殺人などの重大な被害に巻き込まれるおそれのある大変危険な行為です。」

引用;東洋経済

ネットの反応

・出会い系に中学生が登録してるのも問題ありだと思うが。

・もちろん未成年の子供を連れて行くのはいけない行為だが、
5月頃から出会い系で知り合い、連絡を取り合っていた
というならその女子中学生も厳しく指導するべきだろう。

今回はケガや命に関わる事がなかったからまだいいが、
一歩間違えば暴行殺人事件に巻き込まれる可能性もあるのだから

・2人は去年5月ごろから出会い系アプリで知り合い、連絡を取っていたということです。
↑誘拐と言えるのでしょうか?
合意の上かと・・

・37歳の男が無論悪いんだがこれについていく女子中学生もどうかと思う

・親の責任は無いのかしっかりと調査お願いします。
家庭内の問題があって家を飛び出したのなら誘拐ではなく保護にして欲しいし、親の保護者義務違反や虐待も含め処罰が必要かもしれない

・このような問題、たびたびあります。
未成年者の安易な行動が多くの人に迷惑をかけていることも少なくない。
誘拐した人だけでなく、誘拐された側にもなんらかの原因があるとするならば、された側も社会的迷惑をかけたので罰を与えるべきです。
じゃないとまた繰り返すでしょう!
これは再発防止策の1つの例である。

引用;Yahoo!ニュース

容疑者、ついていった女子中学生、中学生の親に対して批判の声があがっています。

当然の声ですよね。

ただ、合意でついていったので大丈夫ではないかという意見もありましたが、似たような事件が、12月にありましたね。

中学生でなく高校生でしたが、

26歳女交際中16歳高校誘拐に疑問の声!容疑者名”女”に爆笑!ネットで激論!

今回、怪我などがなかったのは不幸中の幸いではないでしょうか?

このような事件がなくなることを願いばかりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする