大阪、スタバに車突っこむ!衝撃画像有。現場特定!飲酒でも保険は?犯人は?

大阪でスターバックスコーヒーの店に車が突入し、店と車が大破しました。 その衝撃画像と現場の特定、事故の原因を検証しました。 また、今回飲酒運転のようですが、この場合、自動車保険の適用はどうなのかを調べました。
スポンサーリンク

事故の概要

23日朝、大阪市内で車2台が、スターバックスコーヒーに突っ込む事故がありました。
23日午前7時ごろ、2台の車が突っ込んだのは、大阪市西区の交差点近くにあるスターバックスコーヒーです。警察によりますと、2台の車は同じ方向に走っていて、車線変更しようとした黒のセダンが直進するワゴン車と接触、2台とも道路を飛び出し、店に突っ込んだということです。 この事故で、客もあわせてけが人はいませんでしたが、警察はワゴン車を運転していた男(33)を酒気帯び運転の疑いで逮捕しています。 出典;JNN
どのようにして事故が起こったのかを調べてみましょう。 まず、現場の特定から

事故現場特定

事故現場は大阪市西区北堀江にあるスターバックコーヒー四ツ橋店です。 車の進行がどうであったかを考えると、この四ツ橋筋は北側に向かう一方通行です。 記事によると、車線変更しようとした黒のセダンが直進するワゴン車と接触とあり、酒気帯び運転で逮捕されたのはワゴン車です。 車線変更に気づかずぶつかり、2台ともスタバに突っ込み画像から黒のセダンが店の前のより、ワゴンが店の後ろよりにつっこんでいます。 黒の矢印が黒のセダン、青の矢印がワゴン車(飲酒)です。

事故の様子

店の様子です。
出典;JNN
これだけ見事に壊れていると修理代など大変かと思います。 店が営業できないわけでその損失は膨大ですね。 ただ、こういったときのために自動車保険がある訳で、対物賠償、対人賠償などありますね。 1つ気になる点があるのですが、事故を起こしたワゴンを運転していた33歳の男は酒気帯び運転です。 この場合、保険はどうなるのでしょうか?
スポンサーリンク

酒気帯び運転で保険はおりるのか?

飲酒運転での自動車事故の場合、飲酒運転をした本人の損害に対しては保険金は支払われません。 被害者の側からすると、「被害者救済」の観点から保険で支払われるようです。
飲酒運転は重大な法令違反です。しかしながら、運転者が法を犯したかどうかにかかわらず、事故に巻込まれた方は被害者であることに変わりありません。そのため、「被害者救済」の観点から、自賠責保険・対人賠償保険のいずれも、免責(=保険金支払の対象外)にはならず、保険金が支払われます。同様に、無免許運転や、麻薬服用などの法を犯した運転者による事故の被害者になってしまった場合も、「被害者救済」の観点から保険金は支払われます。 引用;ソニー損保
飲酒運転した本人が受ける損失には保険が下りないようです。 当然ですよね。 飲酒運転という重大な法令違反の過失があるわけですから。
加害者自身が被ったケガなどの損害については、自動車保険はもとより、医療保険などからも保険金が支払われません。 また、飲酒運転などの重大な法令違反があった場合は、その時加入している保険会社での契約継続ができない可能性もあります。 引用;ソニー損保
今回、スターバックスに突っ込む事故を起こして飲酒運転の男には 〇行政処分として免許取消、欠格期間は3年。3年以下の懲役、50万円以下の罰金 〇自分の車、怪我に対する費用 〇ある程度保険でカバーされる部分もありますが、カバーできない、あるいは保険の適用外の部分の費用 など、相当の出費になるでしょう。

犯人は?

現在のところ、事故をおこした男の情報は33歳男性しかありません。 公開され次第追記していく予定です。 仕事は自称建築業のようです。
スポンサーリンク

ネットの反応

死者が出なくて良かった。 引用;Yahoo!ニュース
テラス席はやめておこう。 引用;Yahoo!ニュース
主演のジャッキー・チェンは無事か。 まるで香港映画の撮影じゃないの。 引用;Yahoo!ニュース
はい!出ました酒気帯び! 二度と運転すんな! 引用;Yahoo!ニュース
今回、朝早く、スタバの自慢のテラスに人がいなくてよかったですね。 いたら、大惨事だったでしょう。 飲酒運転やめてもらいたいです。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする