宇都宮西原小の集団食中毒、給食メニュー判明!食中毒の素材はこれだ!

宇都宮市は13日、市立西原小学校で児童ら計約180人が下痢や嘔吐(おうと)、発熱などの症状を訴えたと発表した。

市の保健所は当然、集団食中毒の疑いがあるとみて調べている。

では、気になるのは給食。

給食のメニューから素材の割り出しを調査しました。

スポンサーリンク




事件の概要

 宇都宮市は13日、市立西原小学校で児童ら計約180人が下痢や嘔吐(おうと)、発熱などの症状を訴えたと発表した。市保健所は集団食中毒の疑いがあるとみて調べている。
市によると、同日までに児童174人と教職員7人が体調不良を訴えた。重症者はいないという。

引用;時事ドットコム

これだけの人数、当然、食中毒でしょう。

それを引き起こしたのは給食ではないでしょうか?

土曜日が休みなので木曜日か金曜日の給食があやしくなります。

では、そのメニューは?

追記:14日20:55

西原小学校のHPに学校行事ものっているのですが、

12日(土)西原地区合同総会歓送迎会は児童は参加しません。

13日(日)PTA球技大会も児童は参加しません。

児童174人も被害にあうものは、学校のあるときの給食以外にないと思われます。

給食のメニュー

給食のメニューは西原小学校のHPの献立表から。

10日(木)むぎいりごはん、牛乳、セルフぎゅうどん、みそしる、アップルジュース

11日(金)むぎいりごはん、のりのつくだに牛乳、いかのてんぷら、だいこんおろしなまあげとやさいのにつけ

保健所の調査結果で何が原因かが判明すると思われますが、食材であやしそうなものは太字のものあたりではないでしょうか?

ただ、食中毒は食材だけでなく、様々な可能性が考えられます。

給食を作る方が不衛生であったとか、給食の食器が不衛生、給食を配膳する児童が不衛生など、いろいろな要因が考えられます。

正確なことは保健所の調査結果をまち、追記していく予定です。

もし、食材が原因とすれば、上記のどれかだと、断定できますね。

スポンサーリンク




西原小学校

西原小学校の場所、概要をお伝えします。

明治42年に始まり、平成になってからクラス数は12か13クラス。

1学年2クラスで卒業生は50~60人前後。

住所は栃木県宇都宮市西原2-5-42です。

学校HPはこちらまで

ネットの反応

今回、重症者がいないのは不幸中の幸いでしょうか?

原因追及と、児童や先生方の1日も早い回復を祈ります。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする