安田純平救出に世間が醒めてる理由はこれだ!Myuの訴えで世論は?

安田純平の妻で歌手のMyuさんが救出に向けて、家族としての心情を会見で披露しました。

この会見は安田さんの拘束動画公開でも世論が盛り上がらないことから行われたのでしょうか?

では、なぜ、これほどまでに醒めてるのかを調査しました。

やはり、明確な理由があるように思います。

その理由を明確に示します。

また、Myuの訴えで世論は変わるのでしょうか?

スポンサーリンク




拘束動画

3年前にシリアに入国してから行方が分からなくなっているジャーナリストの安田純平さんとみられる男性が銃を突き付けられ、日本語で「今すぐ助けて下さい」などと語る動画が公開され話題になっています。

先月末を含め、これまでに4度映像などが公開されています。

その内容は

「私の名前はウマルです。韓国人です。今日の日付は2018年7月25日です。」

「今すぐ、助けてください。」

出典;NNN

ところが、この衝撃的な動画が公開されても、世論は熱く盛り上がってきません。

そこで、今回、妻で歌手のMyuさんが涙で会見を開きました。

Myuさんの会見

妻で歌手のMyu(みゅう)さんが8月7日、会見を行いました。

「銃口を突きつけられている映像を見てしまって、なんとしてでも無事に帰ってきてほしい」(安田純平さんの妻 Myuさん)

Myuさんは先月撮影されたという映像について「本人に間違いない」と述べ、「楽観できる状況ではない」として、安田さんの早期解放への協力を訴えました。


出典;JNN

家族としては心配で当然かと思います。

だが、世間はこの恐ろしい動画をみても非常に冷たいです。


この風向きをこの会見で流れを変えることができるでしょうか?

では、安田さんにどういう過去があるのでしょうか?

スポンサーリンク




安田さんは5度目の拘束

1回目:2003年イラク軍に拘束される
2回目:2003年イラク警察に拘束される
3回目:2004年バクダットで武装勢力に拘束される
4回目:2009年MYUに拘束される
5回目:2015年ヌスラ戦線に拘束される

引用;2ch掲示板安田純平

何度も、拘束されるのはどうかと思いますね。

さらに

救出してもらって、帰国費用の支払い拒否?さらに国に賠償金請求?まじですか?

こういう過去があれば、誰も同情しないのでは?

ジャーナリストなら仕方がないのかもしれませんが、自己責任というネットの声が多いようです。

ネットの反応をまず、紹介します。

そして、どうしてそのような意見が多いのかを明確に分析しましたので紹介します。

スポンサーリンク




ネットの反応

政府は国民の命を全力で守るべきという意見もありますね。

でも、どちらかというとほっておけという意見が多いようです。

では、なぜ世間は醒めているのかを分析します。

スポンサーリンク




救出に醒めている理由はこの3つ

簡単にまとめると次の3つではないでしょうか?

何度も拘束され、反省がみられないことこと。

助けても、また、危険なところへ行き、助けてもらうのが当然のような対応をされると、助けたかいがないですよね。

国民の血税で救出されたのに、帰国費用の支払いを拒否し、逆に日本政府に損害賠償を請求。

このことはかなり大きいのではないでしょうか?

ネットの声にもありましたが、何様のつもりでしょうか?

国家は国民を救出する義務や責任があるとの考えには賛成です。

しかし、助けてもらった人間は、まず、「ありがとうございました。ご迷惑、ご心配をかけてすみませんでした。」が必要ではないでしょうか?

それがなければ、誰も支持してもらえないのでは?

日本人かどうかわからないこと

これも意外に大きいかも。

「私は韓国人です。」と言っています。

言わされたのかもしれません。

もともと、在日韓国人かもしれません。

出典;NNN

名前が隠されているところも怪しいですね。

日本人でなければ、日本政府が助けるのではなく、安田さんの国籍のある国が助けるべきと考える人が多いように思います。

誤解があるといけませんので、断っておきます。

何も安田さんが殺されればいいなどは全く思っていません。

世論が「安田さんをなんとか助けろ!」と盛り上がってこない理由を分析しているのです。

誰が最も悪いかと言えば、テロ組織です。

1日も早く、テロが撲滅され、安田さんもテロとの金銭の取引なしに無事解放されることを祈るばかりです。

Myuさんの会見の成果は?

正直なところ、この厳しい世間の風向きを変えるほどのインパクトはなかったのではないでしょうか?

切実に情に訴えるのは間違いではないですが、3つの理由からくる皆さんのもやもやを解消するには至らなかったように感じます。

実際どういうふうになるかは、様子をみてみることにしましょう。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする