吉田雄人 前市長 顔画像は?通報者がやばい!密漁以外にも疑惑あり!

横須賀市の前市長がなんと密漁です。 吉田雄人容疑者の顔画像、SNSアカウントの調査を行いました。 また、今回に通報者がヤバすぎます。 この通報がなければ、どうなっていたのでしょう。 また、この前市長、サザエ密漁以外にも疑惑あるようです。
スポンサーリンク

事件の概要

神奈川県三浦市の海岸でサザエを密漁した横須賀市の前市長が漁業法違反などの疑いで書類送検されました。
吉田元市長は先月3日、神奈川県三浦市の横堀海岸で、知り合いの男性と一緒に県知事の許可を得ずに、サザエ43個をマイナスドライバーなどを使って密漁したとして、漁業法違反と県の海面漁業調整規則違反の疑いが持たれています。 三浦半島の沿岸では、許可を持たない人による密漁が相次いでいて、横須賀海上保安部が去年1年間に検挙したのは全国で最も多い299件でした。 出典;NHK NEWS WEB
横須賀市の市長を務めたことのある人物がサザエを密漁? 以前、新潟県知事が援助交際という事件を思い出します。 米山知事 ハッピーメールの援助交際で辞職!女子大生特定か? 首長たる責任にある仕事をしていた人物とは思えませんね。 では、どんな人物でしょうか?

容疑者プロフィール

名前:吉田雄人(よしだ ゆうと) 生年月日:1975年12月3日(42歳) 住所:神奈川県横須賀市 前職:横須賀市市長(2009年7月から2017年7月まで2期勤める) 3期目は落選し、現在に至ります。 出身:東京都北区生まれ 出身高校:神奈川県立横須賀高校 出身大学:早稲田大学   フェイスブックのアカウントは特定には至りませんでした。 検索結果をリンクしておきますので、気になる方はこちらまで。 なお、政治家としての公式サイトはこちらまで

容疑者の顔画像

出典;吉田雄人公式サイト
では、密漁の内容をもう少し詳しくみてみましょう。 また、どうしてばれたのでしょうか?
スポンサーリンク

密漁の内容と通報者

まず、密漁の現場ですが、三浦市三崎町小網代の横堀海岸沖合となっています。 吉田容疑者の住んでいる横須賀市の南側になります。
出典;google map
密漁の内容は知人男性と2人でサザエ43個を許可無く採取したようです。   さらに具体的な内容は本人の公式サイトより
少し詳細に事実をお伝えしますと友人の誘いを受けて三浦の海へ行く途中に網とドライバーを百円ショップで購入し、1時間ほど海の中に入りサザエを捕まえていました。海から上がった様子を見た漁業関係者から通報があり、警察から任意の事情聴取を受けるに至りました。 引用;吉田雄人公式サイト
皆さんはどう感じられるでしょうか? 正直に自分のサイトで謝罪しているから、いいのではと感じる方もいるでしょう。 逆に、友人に誘われたからと言い訳しているように感じる方もいるでしょう。 ただ、最悪なのは、漁業関係者から通報ではないでしょうか? 通報がなければ、このことがバレなかった訳ですよね当然、反省もしていないはずです
警察によりますと、吉田元市長は容疑を認めたうえで、調べに対し、「自分たちで食べるつもりで採った。採ってはいけないことは知っていたが、軽率な行動で深く反省している」と話しているということです。 引用;NHK NEWS WEB
本人は密漁とわかっていながら、やっているわけです。 軽率な行動ですむ問題ではないのでは? 政治家としては意識が低すぎるのではないでしょうか? 調べていると、別の疑惑もあるようです。
スポンサーリンク

公職選挙法違反疑惑

2017年3月、自分の名刺に「猿島航路(1300円)」と「軍港めぐり(1400円)」料金の「10%割引」を付けて配布していた問題です。 この行為が公職選挙法違反(寄付行為の禁止)にあたるのではないかという疑惑です。
この疑惑に関して「横須賀市民オンブズマン」の市民3人が吉田市長を公選法違反(寄付行為の禁止)の疑いで、横浜地検横須賀支部に告発状を提出している。 3月24日には、市議会において、「名刺を配布し続けたことの道義的責任は極めて重い」として市長に対する問責決議案が賛成多数で可決された。 5月10日には市議会においてさらに辞職勧告決議案を賛成多数で可決されているが、決議に法的拘束力はなく吉田市長は「辞職しない」と話している。 引用;wikipedia.
疑惑の上がることをしていたようですね。 今回は、通報されて逃れられない状態に追い込まれたようですね。 ひょっとして、他にもあるかもしれませんね。 政治家の汚職が本当に多いですよね。 先日、藤本理稀君を無事保護した尾畠春夫さんのような立派な方が話題になっただけに、がっかりしますね。 見習ってもらいたいですね。 藤本理稀君を無事保護した尾畠春夫さん 顔画像は?20分で発見!コツは?
スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする