スマホ育児のメリットとデメリットは?不安解消に抑えたいポイントは目!

スマホ育児については、専門家や教育現場など各方面から問題が指摘されています。

その一方で、スマホや子育てアプリなどの普及に伴い、スマホ育児を実践する家庭が増えているのも事実です。

スマホ育児のメリットとデメリットは何か?

そして、スマホ育児の弊害で最も気をつけたいポイントは何かを調査しました。

スポンサーリンク

スマホ育児とは

スマホ育児とは、スマートフォンやタブレット端末を育児に利用することです。

具体的な行為は
乳幼児に端末を渡して遊ばせておく
しつけや知育用のアプリを利用する
親がスマートフォンを操作しながら育児する

当然、メリットとデメリットがあります。

一般的にデメリットの方が注目されがちですが、大切なのはスマホとの上手な付き合い方ではないでしょうか?

そのため、メリットとデメリットを整理しておきましょう。

スマホ育児のメリット

①子どもが夢中になっている間、自由になれる


出典;たまGoo

家事などで手を離せない間、子どもが黙って夢中になるのは、忙しいお母さん方にとっては、とても助かりますよね。

この点は、テレビよりもスマホの方が優勢です。

テレビは受動的に見るだけですが、スマホは自分で操作ができますから、より熱中できます。

暴れまわって騒がしい子どもをおとなしくさせたい。

そんなときスマホを子どもに渡す親御さんの気持ちはよく分かります。

②充実した教育・学習アプリ


出典;PRTIMES

子ども向けのアプリが多数出ています。

0歳をはじめ、年齢別に用意されていて、日本語の学習から英語・中国語まで、数字あそびや図形、さらにしつけなど幅広く学べますよね。

今までは親が読み聞かせ、一緒にしなければならないことがほとんどでした。

ところが、今のアプリは、押せば音は出ますし、絵も動きます。

より多くの情報を受け取れて、より高度な内容を学ばせることが比較的安い金額でできます。

有効に利用しないのは非常にもったないほど、幼児教育の分野で発展していますね。

③多様な情報を与えることができる


出典;子育て入門

Youtubeで調べれば分かりますが、インターネット上にあるコンテンツは無限大です。

微生物から宇宙まで、日本だけではない世界中のコンテンツを見ることができます。

それは子どもにとっては大変な刺激で、小さなときから世界を広げることができるでしょう。

小さなころからインターネットに触れることで、活用できる大人に成長できるかもしれません。

スマホ育児のデメリット

①悪影響のコンテンツを見てしまう可能性

特定のサイトしか見れようにフィルタリングソフトを入れておかなければ、子どもは自由にすべてのコンテンツを見ることができます。

小さい子どもなら検索はできないですが、「関連動画」などで移動していった先で、悪質なコンテンツを見てしまう可能性があります。

親のスマホを渡すので、フィルタリングソフトも入れにくく、親が知らないところで、悪影響のコンテンツをみているかもしれません。

②生活習慣が崩れてしまう可能性


出典;育児ドランカー

夢中になるからこそ、液晶に顔を近づけた状態で、長時間見てしまいがちです。

目が悪くなることもありますし、ブルーライトを浴び続けることも考えものです。

特に就寝前にスマホを見続けることで、目が冴えて寝付きが悪くなり、睡眠のリズムが崩れる可能性が大きいです。

そういう状況が続くと、就寝時間が遅くなり、生活習慣が崩れ、子どもの成長に悪影響を及ぼすことが考えられます。

③コミュニケーション能力が育ちにくくなる


出典;一万年堂出版

スマホを渡して、子ども1人で夢中になれるということは、裏を返せば、その分親と触れ合う機会が減少しているはずです。

健全な発達のためには、子どもにとっては、親との会話やスキンシップ、友だちと遊んだりすることが、とても重要です。

スマホやテレビの刺激は、子どもにとっては完全な受け身になりますので、見せっぱなしにすればコミュニケーション能力が育ちにくくなる、という問題があります。

では、どうすることが必要なのでしょうか?

スポンサーリンク

スマホ育児で気をつける点は?

デメリットは上記の3つとは限りませんが、この3つに対して対策を講じながら、うまくスマホ使うことが大切ではないでしょうか?

①と③に関しては、スマホを渡しぱなしにしないことが大切ではないでしょうか?

どうしても渡したままになる場合は、10分、15分と時間を決めておくことが必要でしょう。

親も一緒にみることができれば、よりいいですよね。

積み木遊びを親が一緒にするように、スマホを通じて親子が遊べば、コミュニケーション能力の欠如の不安な取り除かれるでしょう。

②も睡眠時間に関連する部分は夕食後、つまり、就寝前には見せないというルール作りが有効と思われます。

ただ、ブルーライトと問題は残ってしますね。

この解決策はある商品が解決をサポートしてくれます。

ブルーライト対策はこれだ!


出典;ルテインゼリー

ブルーライトから目を守るためにルテインの推奨摂取量は1日10㎎と日本眼科学会で言われてす。

では、このルテインとは何でしょうか?

ルテインとは目の奥にある黄斑を作っているものです。

出典;ルテインゼリー

黄斑(おうはん )とは、眼球内部の網膜の中心部で黄色を呈した部分をさします。

視細胞が最もきめ細かく配置されている場所であり、視野のなかで最も解像度がよい部分である。

引用;wikipedia

ブルーライトを浴び続けると、黄斑が破壊され、しかもルテインは体の中で作られることはありません。

ルティンが不足すると、視力の低下、視界のぼやけ、寝つきが悪くなるなどの悪影響があります。

それを改善するのが、1日にルテイン10㎎推奨摂取です。

この分量を野菜でとるとなると人参なら77本です


出典;ルテインゼリー

ちょっとこれは難しいですよね。

そこで、「ちゅるんとキラリ」をお勧めします。


出典;ルテインゼリー

「ちゅるんとキラリ」ルテンゼリー

食べ方

1日1個食べればよいので、おやつに食べたり、夕食のデザートだったり、各家庭で工夫をして食べやすいタイミングでとることができます。

おいしいオレンジ味で子どもに大人気です。


出典;ルテンゼリー

誰のためのゼリー

ブルーライトを浴びる子どものための商品です。

スマホを全く見せないとか、タブレットも一切見せない方には特に必要ないかもしれませんね。

幼い頃から、スマホやタブレットに触れる機会のあるお子さんは、ブルーライトで黄斑がやられる可能性がありますので、ルテイン10㎎摂取は是非、子どものために取りたいですね。

スマホ、タブレット、パソコンなどに接する機会が多い方は、もちろん、幼い子どもだけでなく、小学生、中学生、両親、おじいちゃん、おばあちゃんも是非!

目のことを考えれば、お子さんと一緒にゼリーを食べるのをお勧めします。

特に年齢とともにルテンは減少傾向です。


出典;ひとみの専門店

これを摂取すると

一番大きいメリットは、スマホ育児の不安解消です。

動画を見せながら、子どもの目のことを心配しながら見せなくてもよいです。(ただし、長時間見せすぎるのは、目が疲れますので控えましょう。)

身体の内側からケアすることも大きく、健康維持できます。

何よりも錠剤と違い、食べやすく、子どもに継続的に摂取がものすごく簡単です。

まずは、お試しを

30日間返金保証がついていますので、合わない場合は全額返金されます。

子どもの成長を願い、スマホを触らせていて、視力が落ちたり、ぼやけると意味がありません。


出典;ルティンゼリー

詳しくは次の広告の中に詳細が書かれています。

そして、その料金は初回限定価格1980円(税抜き、送料無料)

僅かな投資で、しっかりした子どもの安全を!

詳しい案内はこちらになります。⇩


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする